『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

家族で行こう!
鉄道ミュージアムガイド

貴重な静態保存車両の数々がずらりと並ぶ
交通科学博物館

JR大阪環状線の弁天町駅に隣接して建つ交通科学博物館は1962(昭和37)年にオープン。以来、西日本を代表する博物館のひとつとして親しまれてきました。
特に目を引くのは、屋外にずらりと並んだ車両の面々。明治から昭和にかけて活躍した車両が美しい姿で残されています。
1階のレストランはかつてのブルートレイン20系客車の食堂車を利用したもので、土曜・休日には軽食の、平日には駅弁の販売が行なわれています。

data

住所

大阪府大阪市港区波除3‐11‐10

電話

06‐6581‐5771

アクセス

大阪環状線、大阪市営地下鉄中央線弁天町駅下車すぐ

開館時間

10:00?17:30(入館は17:00まで)

休館日

月曜日(休日の場合と、学校の春休み期間、夏休み期間は開館)、年末年始(平成20年11月より、月曜日が休日の場合は翌日を休館。ただし、火曜日も休日の場合は開館)

入館料

おとな(高校生以上)400円 こども(4歳以上)100円

サイトへ

2002(平成14)年に整備されたプラットホーム・プラザには鉄道記念物・準鉄道記念物をはじめ数々の貴重な車両が揃っています

1979年に最高速度517km/hを記録したML-500形リニアモーターカーがお出迎え


「新幹線の生みの親」のふるさとに建つ施設
四国鉄道文化館

予讃線の特急停車駅、伊予西条駅。四国鉄道文化館は、その東隣りにある「鉄道歴史パーク in SAIJO」というエリア内の「十河信二記念館」、「観光交流センター」とともに当エリアを構成する施設のうちの1つ。
四国鉄道文化館の展示品の目玉は、動態保存のDF50形電気式ディーゼル機関車1号機。隣接する予讃線から分岐し、館内に引き込まれた軌道を使用して実際に走ることができるよう準備されています。

data

住所

愛媛県西条市大町798‐1

電話

0897‐47‐3575(西条市観光振興課)

アクセス

予讃線伊予西条駅下車すぐ

開館時間

8:00?19:00

休館日

水曜日

入館料

おとな300円  小・中学生100円

サイトへ

館内には四国に馴染みの深かったDF50形と、十河信二ゆかりの0系新幹線電車が保存されています

建物は独特のスタイルをした威風堂々たるもの


門司港レトロに隣接 明治時代の鉄道にタイムスリップ
九州鉄道記念館

いまや一大観光地と化した門司港レトロ地区。九州鉄道記念館は、その地区の中心に位置する保存展示施設です。本館は1891(明治24)年に建てられた赤レンガ造りの初代九州鉄道本社社屋を転用したものです。常備展示物では、九州の鉄道の歴史を中心に紹介。車両展示場には、九州の鉄道近代化に貢献したかつての花形車両が並んでいます。
本館に隣接しているミニ鉄道公園にはレールが設けられており、JR九州のミニチュア車両に乗車、運転することができます。

data

住所

福岡県北九州市門司区清滝2‐3‐29

電話

093‐322‐1006

アクセス

鹿児島本線門司港駅下車徒歩5分

開館時間

9:00?17:00(入館は16:30まで)

休館日

8月を除く第2水曜日、7月は第2水・木曜日、年末年始

入館料

おとな300円、中学生以下150円、4歳未満は無料

サイトへ

本館内には旧九州鉄道の客車など、貴重な写真が数多く展示されています

JR九州の主力車両を模したミニ列車が運転できるミニ鉄道公園(1回300円)

まだまだあるぞ!全国の鉄道ミュージアム

北海道鉄道技術館
JR北海道苗穂工場に作られた記念館。C62 3、キハニ5005など貴重な車両が保存されています。
http://www3.tky.3web.ne.jp/~jrnaebo/

青函トンネル記念館
青函トンネルの構想から完成までの歩みを学ぶことができる記念館。実際に使用された坑道の見学も可能です。
http://seikan-tunnel-museum.com/

碓氷峠鉄道文化むら
横川機関区の跡地を利用して作られた鉄道公園。トロッコ列車や園内を一周する蒸気機関車「あぷとくん」などが楽しめます。
http://www.usuitouge.com/bunkamura/

青梅鉄道公園
1962(昭和37)年に開園した施設。国鉄最後の新製蒸気機関車E10形など、貴重な車両が多く展示されています。
http://www.ejrcf.or.jp/ome/

山梨県立リニア見学センター
山梨リニア実験線の走行シーンを見学できる施設。リニア関連のお土産も豊富に揃っています。
http://www.pref.yamanashi.jp/linear-kt/k-center/top.html

長浜鉄道スクエア
現存する最古の駅舎「旧長浜駅舎」を中心とした保存展示施設。鉄道の歴史を楽しく学ぶことができます。
http://www.nagahamashi.org/tetsudou/

梅小路蒸気機関車館
18両の蒸気機関車が保存されている博物館。扇形車庫から転車台へ向かう、現役の蒸機を見ることができます。 http://www.mtm.or.jp/uslm/

※この記事は、「鉄道ダイヤ情報」2008年10月号を再構成したものです。
交通新聞社:鉄道ダイヤ情報

※掲載されているデータは平成20年10月現在のものです。

前のページへ

バックナンバー

このページのトップへ