『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

新青森駅開業で道南の旅がもっと身近に!極上ホテルから始まる函館の旅 - SUIT

湯の川の名湯に浸かり、「暮らすようにくつろぐ」という贅沢な空間

 道南観光の拠点として便利な函館・湯の川温泉は、350余年の歴史を持つ北海道屈指の温泉街。夜にはイカ釣り漁船の漁火が連なる海沿いに位置し、寒さが身に染みるこの季節には、またいっそう恋しくなる北の名湯だ。

 ここに2010年9月、これまで函館にはなかったタイプのホテル、「望楼NOGUCHI函館」がオープンした。日常を遮断する重厚なコンクリートブロックのエントランスには水盤を配するなど、「幽玄」をコンセプトに独特の演出が施されている。空間デザインは懐かしさと新しさ、和と洋が入り交じる函館の街並みを反映させたような和モダンテイスト。そのくつろぎに満ちたムードに、連泊を希望する客も多いという。

 部屋は大正浪漫をモチーフにしつらえた「WAMODERN(ワモダン)」、一人旅専用の「OHITORISAMA(オヒトリサマ)」、120㎡のメゾネットルーム「SUITE(スイート)」の3タイプがある。なかでも「SUITE」は部屋の両側に窓があり、どちらの景観も楽しめる。セミダブルのベッドやフランスの化粧品メーカー「ロクシタン」社製のアメニティなど、ワンランク上のくつろぎを味わえる。また、この「SUITE」と「WAMODERN」には客室展望風呂も完備されており、浴槽にあふれる湯はもちろん湯の川の名湯。24時間誰に気兼ねすることもなく、のんびりと入浴することができる。

 朝夕の食事は、霧に包まれた竹林が出迎えてくれる「CHIKURIN」など、個性豊かな3カ所の食事処で供される。夕食は和食を中心に、フレンチやイタリアンを組み合わせた創作懐石。箸の進み具合に合わせて、ひと品ずつできたてが運ばれる。年4回、季節ごとに変わる献立は、松前産のアワビや隣町・大沼の黒牛、七飯の野菜など道南産の食材にこだわり抜いた品々。特に魚介類の鮮度には配慮し、専用の生(い)け簀(す)が設けられている。旅の楽しみのひとつである地元の旬の味覚が、1泊の食事でくまなく網羅されているのもうれしい限りだ。

 館内にはカフェやバー、ライブラリー、ビリヤード、大浴場、そしてハーブオイルを使用したエステや女性専用の岩盤浴もあり、パブリックスペースも充実している。

 いっそ周辺観光はやめにして、ホテルで贅沢なひとときを過ごしていたい……。事実、そんな声も聞こえてくる居心地のよさこそ、まさに“極上ホテル”と呼ぶにふさわしい。

ディナー

メニューが季節ごとに変わる夕食は、函館の幸、北の食材にこだわった和洋の創作懐石。自社農場で収穫した野菜も供される

プラン

SUITE
展望風呂付きメゾネットタイプの客室で贅沢な休日
■客室タイプ 展望風呂付きメゾネットスイート ■料金 2名1室ひとり4万3200円、3名1室ひとり3万2700円、4名1室ひとり2万7450円
WAMODERN
大正浪漫溢れる上質なひとときを…
■客室タイプ 展望風呂付き和洋室 ■料金 2名1室ひとり3万3750円、3名1室ひとり2万6400円、4名1室ひとり2万2725円
OHITORISAMA
自分の為に最高のご褒美を
■客室タイプ 洋モダンまたは和モダン ■料金 1名1室2万8500円

※食事/個室食事処での創作懐石 ※料金/休前日3150円増 ※部屋/喫煙と禁煙の2タイプから選択可

望楼NOGUCHI 函館
TEL.0138-59-3556 チェックイン14:00 / チェックアウト12:00北海道函館市湯川町1-17-22 / JR函館本線函館駅から市電30分の湯の川温泉停留所下車、徒歩4分
【地図】
▼詳細はオフィシャルホームページへ
(http://www.bourou-hakodate.com/)

OHITORISAMA お一人様専用の客室は、洋モダンと和モダンの2タイプから選べる。ベッドはゆったりできるダブルサイズ。一人だけの贅沢が楽しめる。

WAMODERN 部屋は2間(和と洋)+客室展望風呂という構成。ドアにステンドグラスをはめ込むなど大正浪漫をテーマにしたしつらえで、浴槽は檜造りだ

取材・文:孫田ニ規子
※掲載されているデータは平成23年2月現在のものです。

このページのトップへ