『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック
広島初登場!2階建てオープンバス【めいぷるスカイ】で広島そらさんぽ

広島駅新幹線口発着の「めいぷるスカイ」。
金・土・日曜・祝日とGW、夏休みを中心に運転。

2階は屋根のないカラフルな座席シート。
気分も一気にアガる!?

原爆ドームはもともとチェコの建築家ヤン・レツル氏が設計。
広島の物産品を展示・販売する施設だった。

戦国大名・毛利輝元が築いた広島城。

平和への願いを込めて爆心地に近い地に建てられた
平和記念公園。

いつもと違う!ダイナミックな景色に出合える、広島そらさんぽ

 広島市といえば・・・・・、広島カープに広島市民球場(現マツダスタジアム)、お好み焼き、そして路面電車が走る町。広電でコトコトのんびり市街地めぐりもいいけれど、昨年から新登場した2階建てオープンバス「めいぷるスカイ」で、“広島そらさんぽ”も楽しそう。

 中国JRバス「めいぷるスカイ」の観光コースは「ドライブ車窓コース」と「平和記念公園下車コース」の2種類ある。チケットは、事前に旅行会社の窓口か「発車オ~ライネット」、電話(中国JRバス予約センター:TEL. 0570-666-012)で予約しておけば、当日は広島駅新幹線口2階に集合するだけ。新幹線を降りてすぐに観光を始められるから、時間のロスも少なくてウレシイ。さぁ、2階建て観光バスで、広島そらさんぽへLet’s Go!

 ビビッドな赤い色が町によく似合う「めいぷるスカイ」。その楽しさはなんといっても、オープンエアの開放感! 普段より高い目線から、ガイドさんの解説付きで広島のシンボルを眺めてみよう。広島城に原爆ドーム、平和記念公園。風を感じながら見つめれば、なんだかいつもと違って見えるから不思議。百貨店やビルが建ち並ぶ紙屋町に、繁華街の八丁堀。人や車が行き交う様子を眺めるのも楽しい。

 さらに「めいぷるスカイ」には、地元の人もあまり知らない絶景スポットが!!「ドライブ車窓コース」の最後に通過する広島高速3号線から見る海景色だ。広島湾に続く、キラキラと光る風光明媚な瀬戸内海を一望すれば、思わず「わぁーっ!」と叫びたくなるほど。再び市街地へと戻るバスは、広島市民の心のふるさと・マツダスタジアムを見やりつつ、終着の広島駅へ。

 約1時間半の「ドライブ車窓コース」と、平和記念公園の散策付きで約2時間の「平和記念公園下車コース」。広島駅新幹線降りてすぐの「めいぷるスカイ」へライドオン。春風に乗って眺める “広島そらさんぽ”、おひとついかが?

●運行日: 毎週金・土・日曜と祝日、GWや夏休み等
●運賃: 大人(12歳以上) 2000円
小児(4歳以上~12歳未満) 1000円
 
※安全確保のため、保護者同伴であっても
3歳以下の幼児はご乗車できません。
名所めぐりに便利!バス利用で広がる広島さんぽ

原爆ドーム、嚴島神社を巡る1日観光コース

●運行日: 毎週金・土・日曜日と祝日
●運賃: 大人(12歳以上) 5000円(食事付き)、
小児(6歳以上~12歳未満) 3000円(食事付き)
●出発時間: 広島駅新幹線口8:50発
●所要時間: 約7時間40分

バスガイドの案内により広島市内と宮島を巡る約7時間40分の昼食付き観光コースです。
途中、瀬戸内海の景色を楽しみながら移動できるように船の乗船もあります。
主な観光スポットは広島城、平和記念公園、広島平和記念資料館、宮島・嚴島神社です。
※金曜日、12~2月の運行は高速船が運休のため、広島市内から宮島口港までバス移動となります。

広島市内の主な観光スポットを循環!
新幹線との乗り換えに便利な広島駅新幹線口発着。30分間隔で1周約50分、毎日運行します。

●運賃: 1乗車 大人200円 小児100円
1日乗車券 大人400円 小児200円

※1日乗車券はスワロートラベル広島店、バス車内でお買い求めください。

詳しい運行日・運行時間は中国ジェイアールバス ホームページでご確認ください。
写真協力:広島県、広島観光コンベンションビューロー

このページのトップへ