『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

新着 Archive

寒い季節は駅そばであたたまろう。「スキです。駅そばキャンペーン2017」開催中!


 
 鉄道旅は、ご当地の駅そばを味わうのも楽しみのひとつ。高崎・長野・新潟エリアでは、対象店舗で駅そばを食べ、スタンプを集めて応募すると、トラベラーズカンパニーとコラボレーションしたJR東日本オリジナル「旅文具」が抽選で当たる「スキです。駅そばキャンペーン2017」を行なっています。
 
 高崎エリアでは「舞茸天ぷらそば」、長野エリアでは「安曇野葉わさびそば」、新潟エリアでは「くるま麸 ふのりそば」など、それぞれの地元の特産品を使った駅そばを楽しめます。
 
 スタンプ3個で応募できる「ちょい旅賞」は、対象駅の名称をモチーフにデザインされた「スパイラルリングノート(2冊セット)」を200名様に。異なるエリアのスタンプ3個で応募できる「周遊賞」は、新幹線YEAR2017を記念した「真鍮製ボールペン」を100名様にプレゼント!さらに、対象全26駅コンプリートで、上記2アイテムを先着100名様にプレゼントいたします。
 
 また、11月1日からはキャンペーン対象の一部店舗にて、自他共に認める鉄道&駅そばファンである「くるり」の岸田繁氏作詞作曲のオリジナルソング「そばを食べれば」などを放送しています♪ 昨年の同キャンペーンでもBGMとして使用され、好評を博した同曲ですが、今年はCD化&限定販売が決定! 対象6店舗の券売機で、北陸新幹線の長野駅開業越新幹線の大宮駅~新潟駅間開業35周年の数字にちなみ、各店舗20+35=55枚、6店舗合わせて330枚のみの数量限定販売を行ないます。
 
 この機会にぜひ、早く・おいしく・安い駅そばをご堪能ください!
 
「スキです。駅そばキャンペーン2017」
●実施期間:2017年9月23日(土)~11月30日(木)
●応募締切:2017年12月3日(日)当日消印有効
●対象店舗:高崎エリア(14店舗)、長野エリア(17店舗)、新潟エリア(8店舗)、合計39店舗
●応募方法:①期間中、対象店舗で駅そばを食べてスタンプを押印(ハガキは冊子に付属、または店頭で配布される専用
         ハガキをご利用ください)※一回のお食事でスタンプ1個となります。また、スタンプはお客さまが押印してくだ
         さい。
         ②専用ハガキに必要事項を記入の上、62円切手を貼って郵便ポストへ投函
●詳細   :「スキです。駅そばキャンペーン2017」 

奈良のお寺と歴史を学ぶ「なら文化歴史塾」参加者募集!


 東大寺に法隆寺、春日大社、薬師寺、大安寺……。数多くの寺院が残る古都・奈良。その歴史は古く、710年に飛鳥の藤原京から奈良の平城京へ都が移されたのが始まりです。遷都から1300年以上たった今でも、奈良の美しい寺院を訪れる人はあとを絶えません。観光、居住、産品など72項目から、消費者が各地域に抱く「魅力」を数値化した「地域ブランド調査都道府県ランキング」でも上位に入る奈良は、今も昔も日本を代表する都といえるのではないでしょうか。
 
 そんな奈良の歴史を、さらに深く学ぶことのできる講座「なら文化歴史塾」が、東京・日本橋で開催されます。講師は、前・奈良国立博物館学芸部長、そして現・帝塚山大学教授の西山 厚(にしやま あつし)先生。「奈良のお寺には1300年の歴史がある。その長い時間の中に、関わった無数の人々の人生がある。奈良を旅することは、日本の歴史を旅することでもある。」と西山先生は語ります。
 
 奈良と仏教をメインテーマに、人物に焦点をあてながら、日本の歴史・思想・文学・美術を総合的に見つめ、生きた言葉で奈良の魅力を伝えます。今回の講座は西山先生のお話が東京で聞ける貴重な機会。募集人数は先着50名です!お早めにお申し込みください。
 
 あなたも歴史の旅に一緒にでかけませんか?
 
西山厚教授の「なら文化歴史塾」平成29年度 東京特別講座
●日時:2017年12月8日(金) 14時~15時30分、2018年1月26日(金) 14時~15時30分
※両日とも開場は13時30分
●定員:先着50名 
●参加費:一般7000円(2講座分)。各講座のみの場合は各4000円。奈良好き人クラブ会員6300円(2講座分)。各講座のみの場合は各3600円
●申込:参加者お一人につき1枚、専用のFAXで送付、あるいは必要事項メールで送付  -FAX:0742-33-7622 -MAIL:narasukibitoclub@gmail.com
●問い合わせ:奈良好き人のつどい(辰巳様) TEL.090-8448-8953 メールnarasukibitoclub@gmail.com

このページのトップへ