『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

2017-09

神戸三宮・さんちかにて「“魅力いっぱい”関東甲信越静6県の観光展」を開催します!


 
 関東甲信越静6県(茨城、群馬、新潟、山梨、長野、静岡)の大阪事務所で構成される在阪関東ブロック連絡協議会は、2017年9月8~9日に神戸市中央区の「さんちか夢広場」にて「“魅力いっぱい”関東甲信越静6県の観光展」を開催します。
 
 大阪に事務所を置く関東甲信越静6県が「神戸さんちか」に集合し、各県のブースにて観光パンフレットの配布やポスターの掲示を行ない、各県の見どころや穴場的な観光地、今秋に是非とも立ち寄りたい紅葉スポットなどを伝えます。会場には各県の人気ご当地ゆるキャラ達も登場し、来場されるお客様をもてなします。
 
 また、長野県のブースでは現在開催中の「信州デスティネーションキャンペーン」について、パンフレットやポスターによる情報発信のほか、長野県PRキャラクター「アルクマ」も駆けつけ、デスティネーションキャンペーンの情報や長野県の観光情報をお届けします。
 
 秋の魅力がいっぱいの関東甲信越静6県の旬な情報を探しに訪れてみてはいかがでしょうか。
 
「“魅力いっぱい”関東甲信越静6県の観光展」
●主催:在阪関東ブロック連絡協議会
●日時:平成29年9月8日(金)11~18時
            9月9日(土)10~17時
●場所:神戸三宮地下街「さんちか夢広場」(兵庫県神戸市中央区三宮町)
     JR三ノ宮駅、阪急・阪神・ポートライナー・神戸市営地下鉄三宮駅下車すぐ

信越自然郷の大自然に会いに行こう!10月発日帰りバスツアー「おさんぽバスで秋めぐり」


 
 長野と新潟の9市町村にまたがる広域観光エリア「信越自然郷(しんえつしぜんきょう)」。どの季節に訪れても、大自然に出合うことができエリアごとにさまざまな楽しみ方があります。2015年には北陸新幹線が開通し、全国各地からのアクセスがぐっと便利になりました。とくにこれから迎える秋は、10月上旬から下旬にかけて色鮮やかな紅葉が山から里へと下っていきます。
 
 そんな信越自然郷の秋を気軽に楽しむなら、日帰りバスツアー「おさんぽバスで秋めぐり」がおすすめ。信越自然郷の紅葉を気軽に楽しむことができます。今年は秘境といわれる秋山郷、ダイナミックに色付く笹ヶ峰高原、紅葉に染まる野尻湖、渓流沿いの紅葉が一際美しい奥志賀高原、ブナの原生林が残るカヤの平高原やなべくら高原など、全5コースが設定されました。
 
 スタートは長野県の最北に位置する飯山市内、北陸新幹線「はくたか」が停車する「飯山駅」。唱歌『ふるさと』『朧月夜』などにも歌い継がれてきたような、郷愁の情景が今なお息づく悠久のふるさとの風景を楽しめます。
 
 おさんぽバスに乗って、この秋は紅葉めぐりに出かけてみませんか。
 
紅葉の大自然をめぐる日帰りバスツアー「おさんぽバスで秋めぐり」
●公式ホームページ:飯山駅観光交流センター
●運行期間:平成29年10月14~28日の指定日
●乗車料金:A・B・C・Eルート(1日):大人7,800円、小人(小学生)3,500円、未就学児無料
         Dルート(半日):大人:3,000円、小人(小学生)500円、未就学児無料
●受付・集合場所:信越自然郷飯山駅観光案内所(JR飯山駅1階)
●募集人員:20名
●申込・問い合わせ:信越自然郷飯山駅観光案内所 TEL:0269-62-7000

このページのトップへ