『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

3900円で房総半島をまるっと満喫!2日間乗り放題の「サンキュー♥ちばフリーパス」発売(8/1~)


 房総半島といえば、キラキラと輝く青い海と空。そんな房総を2日間ぐるっと鉄道と路線バスでめぐることができるフリーきっぷが新発売!千葉県内の鉄道と路線バスの指定路線2日間乗り放題で3900円、その名も「サンキュー♥ちばフリーパス」です。
 
 フリーエリアは、千葉県内のJR線のほか、鉄道ファンにはたまらない房総半島のローカル線(小湊鉄道・いすみ鉄道・銚子電鉄)、さらに全7社のバス路線も含みます。『トレたび』ファンならこの秋、こんな行程はいかが?
 
 旅の1日目はまず、銚子駅へ。地元の温かい愛が廃線の危機を救ったという、名物・ぬれ煎餅をほおばりながら、銚子電鉄をのんびり往復しましょう。そこから外房線で南下して、いすみ鉄道へライドオン。本日のお泊まりは、深い緑に包まれた露天風呂が自慢の養老渓谷温泉 滝見苑です。
 
 2日目は養老渓谷から小湊鉄道に乗り、五井駅へ。内房線に乗り、木更津駅で久留里線に乗り換えます。久留里駅周辺は、自噴井戸が各所で見られる、水源豊かな地。「平成の名水百選」にも選ばれた場所で、“涼”を感じましょう。
 
 さらに千葉には、江戸情緒を残す数多くの「日本遺産」があります。千葉・北総で江戸を感じる「日本遺産」をめぐる旅もまた楽しそう。成田山新勝寺、旅館や商家が連なる成田山表参道佐原の町並み、銚子の漁業発祥の地として栄えた外川(とがわ)などをプランに入れるのも一考です。
 
 「サンキュー♥ちばフリーパス」の発売は8月1日から、利用は9月1日から。さらに9月1日からは、抽選で合計78名様に賞品が当たる「サンキュー♥ちばフリーパスでまわろう!房総ご当地キャラモバイルラリー」も!フリーパスを利用しながら、スマホを使って房総のご当地キャラクターを集めて応募すると、抽選でキャラクターグッズや千葉特産品などがもらえます。
 
 この秋、首都圏発でちょっと乗り鉄するなら房総へ!「サンキュー♥ちばフリーパス」でぐるりと旅してみませんか?
 

~千葉県・JR東日本「サンキュー♥ちばフリーパス」~
●発売期間:2016年8月1日(月)~11月19日(土)
●利用期間:2016年9月1日(木)~11月20日(日)
※発売はご利用開始日の一か月前からとなります。
※ご利用開始日当日の購入も可能です。
●有効期間:利用期間内の連続する2日間
●発売額:大人3,900円、こども1,950円
●発売箇所:JR東日本の市川~本千葉、舞浜~蘇我、船橋法典~南流山、松戸~天王台、成田、空港第2ビル、成田空港の指定席券売機およびみどりの窓口
※首都圏のびゅうプラザでも購入できます(ただしフリーエリアを目的地としたびゅう旅行商品とセットで購入する場合のみ発売します)。一部、お取扱していない箇所もあります。
●詳細:JR東日本 千葉支社

このページのトップへ