『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

春には名庭のツツジが開花!井伊家ゆかりの古刹「龍潭寺(りょうたんじ)」

  • 2017年03月01日 (水) 12:22
  • 新着


 2017年NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の主人公・井伊直虎ほか、井伊家40代を祀る古刹「龍潭寺」。境内の開山堂奥には井伊家御霊屋(おたまや)があり、井伊家初代の共保(ともやす)公、22代直盛公、24代直政公の木像をご安置しています。その左手には井伊直虎・ 井伊家墓所があるので、直虎ファンなら手を合わせたいところです。
 
 「龍潭寺」は本堂北庭の美しさも有名で、小堀遠州による池泉鑑賞式の庭園は国の名勝にも指定されています。5月中旬、ツツジ開花の頃は一層美しさが増すのでおすすめ。庫裡(くり)では寺宝を季節ごとに展示しており、春には直虎に関するものや、井伊家に伝わる赤備(あかぞな)えの武具などが展示される予定です。
 
 龍潭寺からバスで行ける「大河ドラマ館」も合わせてめぐるのが今年のおすすめコースです。
 
~「龍潭寺」~
●アクセス:東海道新幹線浜松駅から奥山行き遠州鉄道バスで約55分の神宮寺下車、徒歩10分。または浜松駅からレンタカーで約55分
●住所:静岡県浜松市北区引佐町井伊谷1989
●TEL:053-542-0480
●時間:9:00~16:30(閉門は17:00)、8月15日・12月22~27日休
●料金:大人500円、小・中学生200円
●詳細:「龍潭寺」Webサイト

このページのトップへ