『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

観る、知る、触れる、鳥を楽しむ2日間!「ジャパンバードフェスティバル2017」開催

  かつてはトキやコウノトリが暮らしたといわれる千葉県の手賀沼(てがぬま)。その手賀沼がある我孫子(あびこ)市が会場となる「ジャパンバードフェスティバル2017」は、「人と鳥の共存をめざして」をテーマに、鳥を自然を愛する人たちが一堂に会する、年に一度のお祭りです。

 

 会場は市内の数カ所にわかれており、鳥のお絵かきやミニ工作、双眼鏡や超望遠撮影などの体験、手賀沼での船上バードウォッチング、抽選でプレゼントが当たるスタンプラリー、ひとつの木片から鳥を彫り出して彩色するバードカービングの作品展など、全国各地からさまざまなブースが出展します。さらに台湾、ネパール、マレーシアなど8カ国が自然や野鳥などの紹介展示を行ないます。

 

 なかでも1,000点以上の応募があった「全日本鳥フォトコンテスト」の作品展や、小・中・高校生が自然観察や研究の成果を発表する「環境学会」、鳥に関する学術的な講演会は毎年大好評で、多くの来場者で賑わいます。また、手賀沼親水広場ステージでは、鳥の絵を描く鳥絵ライブや歌・演奏のほか、鳥の声を当てるクイズなどイベントが盛りだくさん!

 

 会場となる手賀沼へはJR常磐線我孫子駅から、アビスタまで徒歩約10分。自然や鳥が好きな方も、お祭りを楽しみたい方も楽しめる2日間です!

 

国内最大級の鳥の祭典「ジャパンバードフェスティバル2017」開催
●開催日時:11月4日(土)9時30分〜16時、11月5日(日)9時30分〜15時
●会場:我孫子市生涯学習センター「アビスタ」、手賀沼親水広場、水の館、我孫子市鳥の博物館、オオバン広場(旧鳥の博広場、鳥の博物館駐車場奥)、山階鳥類研究所
●事務局:我孫子市役所 環境経済部手賀沼課 TEL.04-7185-1484
●HP:ジャパンバードフェスティバル2017公式サイト

このページのトップへ