『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

「東京ミチテラス2018」いよいよ開幕!

東京駅周辺エリアでの年末の光のイベントは、1999年の「東京ミレナリオ」の開催以来、恒例の冬の風物詩となっています。
今年も、東京・丸の内エリアから、未来を明るく照らしていこう(未知を照らす)という願いをこめ、2018年12月24日(月)より東京ミチテラス2018」が開催されます!
今年のテーマは「ひかりのゲートウェイ」。
平成から新しい時代へと移り変わろうとするなか、日本の玄関口である東京・丸の内エリアを、『新しい時代への扉』『多くの皆さまをお迎えするエントランス』をイメージした演出で彩ります。
 
(C)東京ミチテラス2018/画像はイメージ
 
行幸通りでは、「ひかりのスタディオン」が登場。東京駅丸の内駅舎へと続く無数のひかりの列柱に映し出される「炎」「水」「風」をモチーフとした映像が、美しい移ろいと煌めきを生み出し、駅舎を借景とした優雅で幻想的なひかりの世界が演出されます。
 
(C)東京ミチテラス2018/画像はイメージ

東京駅丸の内駅前広場
では、「ひかりの円舞曲(ワルツ)」が登場。美しい陰影に包まれる東京駅丸の内駅舎に、光の粒をモチーフとした有機的に動く”光のライン”や色の変化を織り交ぜた映像を投影。駅前広場には“ワルツ”のようなリズミカルなライティングの動きが加わり、特別な景色がつくり出されます。
※東京駅丸の内舎への映像投影はプロジェクションマッピングでありません。
 
(C)東京ミチテラス2018/画像はイメージ
 
丸の内エリアには、SNS映えするユニークなフォトスポット「ひかりのリフレクション リフレクティブ・ウォール」が登場。凹凸のある多面体で構成されたミラーウォール(鏡の壁)とLED照明を組み合わせた光と鏡がつくりだす、不思議な異次元空間が体感できます。
 
(C)東京ミチテラス2018/画像はイメージ
 
東京国際フォーラムには、別の未来へつながる入口=ゲートウェイをイメージしたインスタレーション「ひかりのリフレクション リフレクティブ・ゲート」が登場。内部に装飾したミラーに、自分と床面に仕込んだ特殊映像装置から映し出される幻想的な映像が反射し、異次元空間がつくり出されます。
 
東京ミチテラス2018
●開催期間:2018年12月24日(月・祝)~12月28日(金)
 ※一部は12月14日(金)より開催
●会場:東京・丸の内エリア
 ※東京駅丸の内駅前広場は、12月24日(月・祝)~28日(木)16:30頃~21:30頃まで、
  一部のエリアが立入禁止となりますので、ご了承ください。
 ※混雑時は安全面を考慮し、事前の予告なく中断・中止とすることがございますので、ご了承ください。
●時間:17:00頃~21:00頃(予定)
 ※「リフレクティブ・ゲート」は14:00頃~開催予定
●Webサイト:東京ミチテラス2018 公式Webサイト
●問合せ先:東京ミチテラス2018実行委員会事務局
 TEL:0180-993-771(テレドーム)

このページのトップへ