『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

栃木アフターデスティネーションキャンペーン開催!

 
 

栃木アフターデスティネーションキャンペーンが2019年4月1日~6月30日に開催されます。
昨年2018年のデスティネーションキャンペーンと同じ「花」「食」「温泉」「自然」「歴史・文化」基本テーマに、
「本物」を体験することのできる5つの旅が提案されます。

 

*アフターディネーションキャンペーンとは
JR旅客6社が現地の自治体や旅行会社などと協力し、地域の新たな魅力を発信し誘客する国内最大級の観光キャンペーンです。北海道から九州まで3カ月ごとに対象となる地域が移り、春夏秋冬を通して日本各地で続けられています。デスティネーションキャンペーンのおよそ1年後に開催されるのが、アフターデスティネーションキャンペーンです。

 

みなさんは栃木といえば何を思い浮かべますか? 
日光東照宮や鬼怒川温泉、あしかがフラワーパークに宇都宮餃子など、パッと思いつくだけでもたくさんの見どころがありますよね。
でも栃木にはまだまだあまり知られていない見どころがたくさんあります。
そんな栃木の魅力を、期間限定のアフターディネーションキャンペーン特別イベントとともに紹介していきたいと思います。

 


イベントピックアップ!


 

日光エリア(日光市)
■川治温泉3ダム見学ツアー
 

普段見ることのできない視点から楽しむツアーで川治温泉周辺の3つのダムをめぐります。
アフターデスティネーションキャンペーン期間限定で、ダムの魅力が一枚で分かる「ダムカード」がもらえます!

 
 
 

那須エリア(大田原市・矢板市・那須塩原市・塩谷町・那須町)
■那須温泉郷 朝食イッピン物語~朝食日本一の温泉を目指そうプロジェクト~
 

塩原温泉と板室温泉のお宿が、自家製・地元食材にこだわった自慢の朝食を提供。
「#那須塩原」「#朝食」でのSNSへの投稿で「ハローキティオリジナルグッズ」をプレゼント。

 
 
 

■県央エリア 宇都宮市・鹿沼市・さくら市・那須烏山市・上三川町・高根沢町・那珂川町
山あげ祭の裏側見せます! Part1・Part2
 

2016年にユネスコ無形文化財に登録された「烏山の山あげ行事」。
Part1はこれまで一般公開されていなかった準備作業の体験、Part2はPart1で作製した山や舞台装置、道具を使用して初めて山があげられる舞台リハーサルを見学できます。

 

*山あげ祭とは
今から約460年前、時の烏山城主・那須資胤(なすすけたね)が疫病防除、五穀豊穣、天下泰平を祈願して、牛頭天王を現在の八雲神社に祭った。そしてその祭礼として行なわれたのが始まりといわれています。現在では、野外歌舞伎や歌舞伎の舞台背景になる「山」を立てる「山あげ」、リズミカルなお囃子など迫力満点な祭りが注目を浴びています。毎年7月第4土曜を含む金~日曜の3日間に、6町輪番で行なわれます。

 

若衆が高さ10メートルを超える山をあげる様子は必見。そのほかにも、大がかりな舞台背景を拍子木に合わせて次々と変化させていく様子や、次の上演場所まで舞台を一糸乱れぬ動きで移動させる様子は、どれも見ごたえ満点!

 
 
 

県南エリア(足利市・栃木市・佐野市・小山市・下野市・壬生町・野木町)
■足利灯り物語

日本遺産「史跡 足利学校」や足利織姫神社などが「灯り」をテーマに彩られます。
昼間とは違う幻想的な姿を見せる夜の足利の名所を歩いてみてはいかが?

 
 
 

県東エリア(真岡市・益子町・茂木町・市貝町・芳賀町)
■市貝町芝ざくらまつり
 

展望台から見渡す限りピンク色の芝ざくらが広がる光景は圧巻!
関東最大級の規模を誇る、春のイチオシ絶景スポットです。

 
 

ここで紹介したイベントはほんの一部で、全体でなんと233のイベントが開催されます!

 
 


おトクに楽しむなら「栃木パスポート」


 

栃木パスポート
栃木の旅をおトクに楽しめる、とちぎ旅行の必携アイテム。見せるだけで県内1000以上の施設で割引などのおもてなしが受けられます。アフターデスティネーションキャンペーン以降の継続は未定なので、おトクに楽しむなら今がチャンス! ★のついたイベントでもおもてなしが受けられますよ。
 

 
 


イベント列車の紹介


 

リゾートぶなからすやま
4月6日には、オープニング列車として、秋田県と青森県を結ぶ五能線で走る「リゾートしらかみ」(橅ぶな編成)を使用し、「リゾートぶなからすやま」として浦和駅から烏山駅まで運転。車内では地元の高校生による津軽三味線の演奏や、オリジナルノベルティなどのプレゼントも! 

 

なつかしの新特急なすの
かつて宇都宮線で運転されていた「新特急なすの」のヘッドマークを再現した「なつかしの新特急なすの」を運転します。当時を思い起こさせる昔懐かしい列車に乗り、春の栃木へお出かけください。

 

ほかにも…
「スペーシア那須野号」「いちご食べ放題号」「500系リバティデビュー2周年号」などが運行。

 

季節の訪れを告げる美しい花々。土地の恵を生かした笑顔になれる食。至福の癒し時間を過ごす温泉。新緑に囲まれた自然。時を超えた今でもなお、私たちを魅了して止まない歴史・文化。そして、旅人を迎えてくれるおもてなしの笑顔。
春にしか出会えない、栃木でしか出会えない、プレミアムな旅をお楽しみください。

 

詳細は栃木アフターデスティネーションキャンペーン公式サイトでご確認ください!

このページのトップへ