『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

2010年11月から2011年10月までに発売された国内の「鉄道旅行作品」の中から、特に優れた作品を選んで表彰を行う「鉄旅 OF THE YEAR」。応募作品全90作品の中から、グランプリをはじめとする企画性、オリジナリティなどが高い受賞作品5点が決定しました!また、ネットでの人気投票による「トレたび賞」も発表いたします。

グランプリ 怪奇!!トロッコ列車 京都保津川2時間サスペンス

株式会社JTB西日本 交流文化部 宮地広樹さん・佐々木寛子さん

準グランプリ 人気列車でめぐる!九州一周

近畿日本ツーリスト株式会社 メイト事業部 小泉幸也さん

授賞式

2012年1月26日、埼玉県さいたま市の「鉄道博物館」で行なわれた授賞式後、プレゼンターの女優・村川絵梨さんを囲んで受賞者の記念撮影を行ないました

審査員 特別賞 ブライダルトレイン in ひたちなか海浜鉄道

株式会社日本旅行 新規事業室
鉄道プロジェクト 瀬端浩之さん

あけましておめde鈍行列車のお正月

株式会社日本旅行 西日本営業本部
清水究吾さん

東北応援賞 鉄道旅情東北「絆」でつなぐ三陸路2日間

クラブツーリズム株式会社
第2国内旅行センター 旭岡智子さん

トレたび賞 JR北海道全線2,500km完全走破!

クラブツーリズム株式会社

エントリー作品

エントリーNO1 阪急交通社

列車でめぐる日本列島縦断夫婦フルムーンふたり旅7日間

列車でめぐる日本列島縦断夫婦フルムーンふたり旅7日間
最北端稚内駅から最南端西大山駅まで、今年全線開業の新幹線などで日本列島を縦断するスケールの大きな作品。19年連続フェリー・オブ・ザ・イヤー受賞のフェリーや名湯の宿泊も魅力。
価格●おとな1名(6泊7日)165,000円~180,000円>
パンフレットを見る

詳細はこちら

エントリー1
列車でめぐる日本列島縦断夫婦フルムーンふたり旅7日間

担当者からのコメント

 日本最北端の駅・稚内駅から日本最南端のJR駅・西大山駅まで日本列島縦断7日間の列車旅!今年3月、青森から鹿児島まで1本でつながった九州・東北・東海道・山陽新幹線を全線走破し、最新鋭の九州新幹線や旅情あふれるローカル線・指宿枕崎線、一度は行きたい津軽海峡線・青函トンネルなど、魅力たっぷりな12種の列車を乗り継ぎます。

 また、鉄道の旅では絶対に欠かせない各地の名物駅弁もご賞味いただけます。国内旅行で7日間は比較的長期間の旅ですが、19年連続フェリー・オブ・ザ・イヤーを獲得している「太平洋フェリー」の船旅もあり、ご満足頂ける事と思います。

 もちろん、宿泊ホテルも九州、東北、北海道のこだわりのホテルをご用意しましたので、それぞれの醍醐味を味わえる7日間の旅ができたと思っております。

エントリーNO2 農協観光

話題の九州新幹線と手つかずの大自然が残る甑島の旅3日間

話題の九州新幹線と手つかずの大自然が残る甑島の旅3日間<
新幹線開通によって行ける、新しいデスティネーション(目的地)開発の取り組みによるオリジナリティ豊かなツアー。不知火(しらぬい)海の絶景が楽しめる肥薩おれんじ鉄道にも乗車。
価格●おとな1名(2泊3日)99,800円
パンフレットを見る

詳細はこちら

エントリー2
話題の九州新幹線と手つかずの大自然が残る甑島の旅3日間

担当者からのコメント

 話題の九州新幹線の商品造成に苦慮した結果、ありきたりな観光地ではインパクトに欠ける事から、「甑島」(こしきじま)にスポットを当てました。

 正直、弊社社員も全く知らない未知の島。魅力は俗化されていない素朴な所で、観光バスも町営の路線バス使用しかなく、他社も含めツアーはほとんど出ていません。

「風光明媚な自然」と「何も無い」のが魅力。食事は海の幸が抜群で、事前メニューの提示はできず、前日に港で揚がったもの次第とまさしく新鮮そのものです。島の人々や自然などが最大のポイントといえます。

 最終日には「肥薩おれんじ鉄道」もポイントに組み込んでいます。他社にはない独自性がある商品であったと自負しています。

エントリーNO3 近畿日本ツーリスト

人気列車でめぐる!九州一周

人気列車でめぐる!九州一周
旬の九州で観光列車が盛りだくさんな作品。観光列車乗車だけでなく、熊本市電の貸し切りや「桜の馬場城彩苑」の食事など、旅行自体の魅力も満載。
価格●おとな1名(3泊4日)99,800円
パンフレットを見る

詳細はこちら

エントリー3
人気列車でめぐる!九州一周

担当者からのコメント

 「九州新幹線」と九州内の7つの「人気列車」に乗車して九州を存分に楽しむ特別コースです。

 1日目は話題の新幹線「さくら」に乗って鹿児島へ。鹿児島から人気の「指宿のたまて箱」で指宿まで向かい、「指宿温泉」では、名物「砂蒸し風呂」で癒し体験を満喫いただきます。

 2日目以降も、「はやとの風」「SL人吉」「あそぼーい!」「ゆふいんの森」など、九州の人気列車が目白押し。熊本では、なんと特別に貸し切った路面電車で夜の熊本城へと向かいます。

 個人旅行ではなかなか手配しにくい「人気列車」を多数揃えたほか、「自然」「温泉」「グルメ」など、4日間で九州の魅力をふんだんに楽しめる満喫コースです。ツアーならではの「お楽しみ演出」もあるので、一味違う九州旅行をお楽しみいただけます

エントリーNO4 JTB

怪奇!!トロッコ列車京都保津川2時間サスペンス

怪奇!!トロッコ列車京都保津川2時間サスペンス
文句なしに面白おかしい参加して楽しそうな作品。列車の運行自体に味付けし、イベント仕立てにした企画力。夏休み最後の思い出にぴったり。
価格●おとな1名3,300円
パンフレットを見る

詳細はこちら

エントリー4
怪奇!!トロッコ列車京都保津川2時間サスペンス

担当者からのコメント

 2010年5月頃、社内で鉄道を素材にした商品アイデアを自由に出し合った結果、普段、日中しか走らない嵯峨野トロッコ列車を夜間時間帯に走らせて、保津川の暗闇を舞台にした一夜限定の演出を楽しんで頂く案が採用され、嵯峨野観光鉄道の賛同も頂いて実現しました。

 真っ暗闇の中で列車を停止。車内照明も落とした中でのお寺の住職による怪談や、途中駅での笑劇舞踊団による妖怪パフォーマンスなど、暑さも吹き飛ぶ演出が多数飛び出します。また、列車内だけでなく、発車前にはご住職によるお祓いも行なわれます。

 2010年9月に第1回を設定したところ完売となり、さらに多数のお問合せを頂きましたが満員お断りの状況となりました。これを受けて今年度も8月に設定、昨年同様に完売となりました。

エントリーNO5 トップツアー

キングレコード「秋葉良」日本クラウンレコード「岩田美智子」と行くお座敷列車:美ヶ原温泉と歌の旅

キングレコード「秋葉良」
お座敷列車であればこそ可能な車内イベントを実施。歌手の秋葉良さんは、なんと元JRマン。カラオケ愛好者が車内の時空間を最大限楽しめる作品。お土産に「カラオケ列車参加記念バスタオル」を進呈。
価格●おとな1名(1泊2日)29,800円
パンフレットを見る

詳細はこちら

担当者からのコメント

エントリー5
キングレコード「秋葉良」日本クラウンレコード「岩田美智子」と行く
お座敷列車:美ヶ原温泉と歌の旅

担当者からのコメント

 車内で思う存分カラオケを楽しんで頂きながら、ときには車窓から移り行く深秋の景色をご堪能いただける楽しい「お座敷列車ならではの旅」。「車内良し」「おもてなし良し」「温泉良し」の3拍子揃った企画です。

 

 専用「お座敷列車」では、往路・復路車内で歌手・お友達同士と一緒カラオケを楽しんで頂けるほか、復路車内では地元産「りんご」などのお土産をプレゼント。また、「お座敷列車参加記念」名入りのオリジナルバスタオルを全員に配布します。

 お宿では、夕食時に舞踊・歌手ディナーショー・カラオケ代表者 「のど自慢大会」などを開催。ご当地の旬のお料理を満喫していただいた後は、お宿が誇る「美人の湯」に身を任せ、疲れを癒して頂きます

エントリーNO6 日本旅行

ブライダルトレイン in  ひたちなか海浜鉄道

ブライダルトレイン 
ローカル鉄道を利用したイベントとして披露宴までできるという斬新な提案! 夢のある作品で、被災した鉄道の応援企画ともなっている。
価格●おとな1名(日帰り)13,000円~16,000円
パンフレットを見る

詳細はこちら

エントリー6
ブライダルトレイン in ひたちなか海浜鉄道

担当者からのコメント

 鉄道ファンにとって、自分のために「列車」を走らせることができること。そして、それが最愛の人と一緒の汽車旅ならば、これに勝る幸せはないでしょう。

 長年の鉄道ファンであるご主人とその理解者でもある奥様から、「結婚記念に、ぜひブライダルトレインを走らせたい。それもできることなら、東日本大震災で大きな被害を受けた『ひたちなか海浜鉄道』で実施して、少しでも応援したい」。そんな依頼が実現した企画です。

 定期列車に旧型気動車の貸切車両を増結し、オリジナルの記念ヘッドマークや記念サボを設置。また、裏面に新郎新婦のメッセージを入れたオリジナルの「記念硬券乗車票」を出席者に配布します。

 セレモニーの後は那珂湊市内の「春日ホテル」に移動し、食事会を実施。那珂湊の街に触れ親しむ機会も作りました。

エントリーNO7 日本旅行

あけましておめde鈍行列車のお正月

あけましておめde鈍行列車のお正月
お正月の前後に鈍行列車でゆったり旅する作品。お正月を1人で過ごす女性の参加が多いとは意外だが、行程、内容ともオリジナリティ豊かな作品。
価格●おとな1名(4泊5日)118,800円~199,600円
パンフレットを見る

詳細はこちら

エントリー7
あけましておめde鈍行列車のお正月

担当者からのコメント

年末年始をお1人で過ごすお年寄りをターゲットにとらえた鉄道ツアーです。2008年からスタートし、年月を経て大人気商品に育ちました。

 今年度は3コースをラインナップ、いずれの商品も1名様参加の追加代金が「ゼロ」円なところがポイントです。参加者の8割が1名様でのご参加、そのうち70%が女性の参加になっていて、結果的に「70代女性お1人様」という大変希少なターゲットに支持を得ています。

「鈍行列車=安くて遅い」というイメージを裏切る、思い切った高額料金設定により、「楽しい仲間と、ゆっくり鉄道の旅+地元の美味しいものを食べられる」と評判を得ています。

 なお、2012年のお正月は「東北さいはて終着駅(男鹿・三厩・下北)」「2012年へ走れ!岩手・宮城・福島」「太平洋くろしお鈍行列車」の3本を企画しています。

エントリーNO8 JR東海ツアーズ<

「飯田線 秘境駅号」で行く飯田線秘境6駅探訪の旅

「飯田線 秘境駅号」で行く飯田線秘境6駅探訪の旅
牛山隆信氏の著書『秘境駅へ行こう!』をもとに、旅行会社が「秘境駅を訪ねる旅」を旅行作品として、秘境駅の魅力を取り上げた作品。
価格●おとな1名(日帰り)11,800円
パンフレットを見る

詳細はこちら

エントリー8
「飯田線 秘境駅号」で行く飯田線秘境6駅探訪の旅

担当者からのコメント

 JR東海とジェイアール東海ツアーズとの共同開発により、平成22年の春から商品化したものです。

 牛山隆信氏の著書『秘境駅へ行こう!』で紹介された秘境駅を、特急伊那路号(373系)の車両を利用した急行「飯田線 秘境駅号」でめぐる日帰り旅行商品です。

 全長195.7km、愛知県の豊橋駅と長野県の辰野駅を結ぶ飯田線は、秘境駅の宝庫です。中央アルプスと南アルプスの間を流れる天竜川の渓谷美を車窓に望みながら、情緒漂う古き秘境の6つの駅に降り立ち、秘境駅を探索いただきます。

エントリーNO9 西鉄旅行

九州新幹線総合車両基地見学と新幹線つばめ乗車

九州新幹線総合車両基地見学と新幹線つばめ乗車
九州新幹線開業記念企画。4種類の電車に1日で乗車でき、新幹線総合車両基地の見学まで組み込まれた鉄道好きにはたまらない作品。
価格●おとな1名(日帰り)7,300円
パンフレットを見る

詳細はこちら

エントリー9
九州新幹線総合車両基地見学と新幹線つばめ乗車

担当者からのコメント

 九州新幹線開業記念企画。めったにお目にかかることができない新幹線の車両基地見学と、珍しい電車や路面電車、最後に九州新幹線に乗車する鉄道ファンにはもってこいの企画です。

 あえて往路と復路は経路を変え、九州新幹線の便利・快適さをアピール。なんと4つの鉄道会社・種類の電車に乗車します。

 一番手は西鉄の特急用車両8000系。朝夕の通勤時間帯だけ運行される普通電車に乗車しての各駅停車の旅です。次に熊本電鉄では、最古参の通称「青かえる電車」(旧東急5000系)に乗車して車庫も写真撮影。熊本市電では、日本初の超低床車9700形にも乗車します。

 

 話題の九州新幹線にも乗車できる、貴重な九州新幹線総合車両基地見学ツアーです。

エントリーNO10 クラブツーリズム

JR北海道全線2,500Km完全走破!さわやか北海道大周遊10日間

JR北海道全線2,500Km完全走破!さわやか北海道大周遊10日間
北海道の鉄道を徹底的に満喫できる作品。レールセンターの見学やスライスしたレールのプレゼントあり。各地の温泉も楽しめる。
価格●おとな1名(9泊10日)250,000円
パンフレットを見る

詳細はこちら

エントリー10
JR北海道全線2,500Km完全走破!さわやか北海道大周遊10日間

担当者からのコメント

北海道のシーズンである8月に10日間かけてJR北海道の全14路線を完全走破していただくツアーです。

ツアーの魅力は、通常非公開の建物である岩見沢レールセンターの工場見学や本物のスライスしたレールのプレゼント、日本一長い定期普通列車「2429D」に乗車して完全乗車証明書をプレゼントしたことです。

また、通常話す機会が少ない駅長さん(稚内駅にて)とのふれあいや、ツアー最終日に「中小国駅」を通過したタイミングでオリジナルの「完全走破証明書」を添乗員よりお渡ししたこともポイントです。

1日の乗車時間が長く、疲れも溜まりやすいと考え、9泊中8泊を温泉大浴場のあるホテルにしました。観光地も1度のツアーで最北端、最南端、最東端の岬をめぐり、鉄道以外でも達成感を感じることができるようにしました。

「鉄旅 OF THE YEAR」とは?

企画性やオリジナリティにこだわって造成した国内の優れた鉄道旅行作品に対して表彰を行い、鉄道旅行ならではの魅力を発信することで、鉄道旅行及び国内旅行のプロモーションに資することを目的としています。

このページのトップへ