トレたび編集部が自信を持って紹介するプレミアム鉄道旅行情報 トレたび★プレミアム

この路線で行こう! 岩手編 釜石線の旅 花巻から北上山地を横断して釜石へ。遠野では懐かしい空気と時間を満喫できる春の岩手・釜石線の旅

釜石線は、岩手県の花巻駅と釜石駅を結ぶ全長約90キロメートルのローカル線。
釜石線の前身である岩手軽便鉄道が、宮沢賢治の代表作『銀河鉄道の夜』のモデルといわれることから、「銀河ドリームライン釜石線」の愛称で呼ばれる。
全24駅に宮沢賢治の作品によく用いられたエスペラント語の愛称が付く。
宮沢賢治ゆかりの花巻、民話のふるさと・遠野、製鉄の街・釜石など、岩手県を代表する観光地を結ぶ観光ラインでもある。

  • 写真は岩手上郷駅~青笹駅間

釜石線マップ

釜石線 路線図

釜石線 路線図

SL銀河(花巻駅~釜石駅)

SL銀河(花巻駅~釜石駅)

SL銀河は、宮沢賢治の代表作『銀河鉄道の夜』をモチーフにした4両編成の観光列車。機関車部分はC58-239を復元し、大正から昭和のレトロな雰囲気を再現した客車には、ガス灯風の照明やステンドグラス、星座のパーテーションなどを設置するほか、宮沢賢治のギャラリーもある。1号車には、月と星にまつわる展示があり、列車では世界で初めて搭載した光学式プラネタリウムによるオリジナルプログラムを楽しめる。

運転日は以下の通り。
花巻駅→釜石駅
4/29、5/2、5、11、18、25、6/1、15、22、29
釜石駅→花巻駅
4/30、5/3、6、12、19、26、6/2、16、23、30

釜石線おすすめイベント情報

遠野さくらまつり

遠野さくらまつり

期間:

約400年前の遠野南部時代の時代絵巻

遠野の桜の開花期である4月下旬~5月上旬に合わせて開催される。メインは遠野駅前通りや一日市通り、大工町通り、穀町通りなどを練り歩く南部氏遠野入部行列。約400年前の資料を参考にして、遠野郷に入部した南部氏の行列を再現したもの。約1000本の桜が咲く鍋倉公園では、南部氏が奨励して伝承されてきた郷土芸能の競演会を実施。

詳しくはこちら

毘沙門まつり・全国泣き相撲大会

毘沙門まつり・全国泣き相撲大会

期間:

子どもの泣き声と大人の笑顔がいっぱい

泣き相撲は、約300年前から成島三熊野神社に伝わる子どもの成長を祈願するユニークな神事で、秋の例祭と春場所の年2回開催される。6カ月~1歳6カ月の子どもを親方が抱いて土俵に上がり「ヨッーヨッー」という掛け声でお互いの顔を近づけ、泣いたほうが負け。全国から参加者があり、3日間は境内に笑顔があふれる。

詳しくはこちら

かまいし春まつり

かまいし春まつり

期間:

ラグビーワールドカップ情報もGET!

釜石駅周辺で開催される春の恒例イベント。水槽に入ったホタテを釣るホタテ釣り、鮭のつみれ汁のサービス、物産品販売などがあり、毎年多くの人でにぎわう。今年2019年はラグビーワールドカップ2019™が開催され、釜石でも2試合が行われるため、PRブースが設けられ、チケット相談ブースも設置される。

詳しくはこちら

地図

バックナンバー

    2019年4月 岩手観光キャンペーン5連ポスター 詳しくはこちら »

    このページのトップへ