『旅の手帖』厳選観光スポット

京都にみる日本の文化

第54回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開

京都非公開文化財特別公開

2019年春に新天皇が即位して令和に改元し、秋の即位礼正殿(せいでん)の儀や大嘗祭(だいじょうさい)を経て、新時代の幕開けを告げた日本。平安遷都から歴代天皇が常住し、長らく御大礼の舞台であった京都には、皇室とゆかりの深い寺院が今も多く残される。
第54回「京の冬の旅」では、千年の都ならではの優美で雅な御所文化や皇室との関わりを語る建物、寺宝をお披露目。「京都にみる日本の文化」をテーマに、普段は観られない貴重な文化財を拝観できる。
また大河ドラマ『麒麟(きりん)がくる』の放映にちなみ、明智光秀など戦国武将ゆかりの寺院や寺宝も公開。京都の街に刻まれた歴史の足跡をたどりたい。
冬の境内は凛とした空気に包まれ、いつにも増して荘厳な雰囲気をまとう。今しか出合えない景色を求めて、京都へ。

●公開期間:2020年1月10日(金)~3月18日(水)

  • 霊鑑寺 旧谷の御所れいかんじ きゅうたにのごしょ

    雅やかな寺宝を秘めた尼門跡寺院

    「京の冬の旅」7年ぶりの公開となる霊鑑寺。色鮮やかな金碧障壁画や皇室ゆかりの品々が、歴代の皇女が入寺した尼門跡の誇りを伝える。

    時間 10時~16時(受付終了)
    3月9日~18日
    料金 600円
    アクセス 地下鉄烏丸線丸太町駅からバス13分、または京都駅からバス39分の真如堂前下車、徒歩7分、または京都駅からバス32分の宮ノ前町下車、徒歩5分
    住所 左京区鹿ヶ谷御所ノ段町12
  • 知恩院 大方丈・小方丈・方丈庭園ちおんいんおおほうじょう・こほうじょう・ほうじょうていえん

    豪壮な伽藍が並ぶ徳川家の永代菩提所

    洛東屈指の巨刹と称される知恩院。江戸幕府の威光を残す大伽藍が甍(いらか)を並べ、名絵師による襖絵が内部の空間を彩る。

    時間 10時~15時40分(受付終了) ※1月20日から公開
    1月29日~31日、2月27日・28日
    料金 600円
    アクセス JR 山科駅から地下鉄東西線東山駅下車、徒歩10分、または京都駅からバス23分の知恩院前下車、徒歩10分
    住所 東山区林下町400
  • 高台寺 こうだいじ

    桃山文化の粋伝える「ねね」の寺

    高台寺は豊臣秀吉の正室・ねねゆかりの寺。ねねが眠る霊屋など境内の至るところで、麗しい桃山文化や豊臣家の栄華が薫る。

    時間 9時~17時(受付終了)
    ※特別公開は3月1日まで ※3月2日からは通常公開
    料金 600円
    アクセス JR奈良線東福寺駅から京阪線祇園四条駅下車、徒歩15分、または京都駅からバス19分の東山安井下車、徒歩7分
    住所 東山区下河原町526
  • 泉涌寺 霊明殿・御座所せんにゅうじ れいめいでん・ござしょ

    歴代天皇が眠る皇室の菩提所

    泉涌寺は「御寺(みてら)」と呼ばれる皇室ゆかりの寺。「京の冬の旅」10年ぶりに天皇の位牌を祀る霊明殿と京都御所から移された御座所を拝観できる。

    時間 9時~16時(受付終了) ※1月18日から公開
    1月29日・30日
    料金 1000円
    アクセス JR 奈良線・京阪線東福寺駅から徒歩18分、または京都駅からバス13分の泉涌寺道下車、徒歩13分
    住所 東山区泉涌寺山内町27
  • 泉涌寺 雲龍院せんにゅうじ うんりゅういん

    皇室と深いつながりを持つ写経道場

    創建当初から写経の寺として知られ、現在も写経道場として歴史を刻む雲龍院。寺宝の数々が「京の冬の旅」8年ぶりの公開となる。

    時間 10時~16時30分(受付終了)
    1月12日・13日、2月18日
    料金 600円
    アクセス JR 奈良線・京阪線東福寺駅から徒歩20分、または京都駅からバス13分の泉涌寺道下車、徒歩15分
    住所 東山区泉涌寺山内町36
  • 泉涌寺 新善光寺せんにゅうじ しんぜんこうじ

    庶民が心を寄せた京都の善光寺

    泉涌寺の塔頭(たっちゅう)・新善光寺が「京の冬の旅」初お目見え。善光寺の仏像を模した本尊や狩野派の絵画、光格天皇の御遺品(ごゆいひん)など、秘められた寺宝が特別公開される。
    ※寺宝は期間中展示替えあり

    時間 10時~16時(受付終了)
    1月12日の12~16時、1月13日
    料金 600円
    アクセス JR 奈良線・京阪線東福寺駅から徒歩15分、または京都駅からバス13分の泉涌寺道下車、徒歩10分
    住所 東山区泉涌寺山内町31
  • 大徳寺 法堂・方丈・唐門だいとくじ はっとう・ほうじょう・からもん

    戦国武将にゆかりの深い洛北の大禅刹

    「京の冬の旅」では初公開となる法堂をはじめ、代表的建築物である方丈や唐門をお披露目。狩野派の作品や枯山水庭園を心ゆくまで味わいたい。

    時間 10時~16時(受付終了)
    1月16日~18日・21日、2月21日、3月15日
    料金 800円
    アクセス JR嵯峨野線二条駅からバス20分、または地下鉄烏丸線北大路駅からバス5分の大徳寺前下車、徒歩7分
    住所 北区紫野大徳寺町53
  • 大徳寺 総見院だいとくじ そうけんいん

    織田信長の菩提を弔う塔頭寺院

    大徳寺は松並木が美しい、洛北の古刹。秀吉が信長の追善菩提のために建立した総見院が、「京の冬の旅」9年ぶりに公開される。

    時間 10時~16時(受付終了)
    1月12日・15日の10時~13時、1月16日の12時~16時、1月17日~19日、2月2日・3月8日の10時~12時
    料金 600円
    アクセス JR嵯峨野線二条駅からバス20分、または地下鉄烏丸線北大路駅からバス5分の大徳寺前下車、徒歩8分
    住所 北区紫野大徳寺町59
  • 大聖寺 旧御寺御所だいしょうじ きゅうおてらのごしょ

    皇女が愛でた艶やかな寺宝に出合う

    「京の冬の旅」7年ぶりの公開となる大聖寺は、「花の御所」跡地に立つ由緒ある尼門跡寺院。優美な障壁画や皇室ゆかりの品に魅了される。

    時間 10時~16時(受付終了) ※3月1日から公開
    特別公開期間中なし
    料金 600円
    アクセス 地下鉄烏丸線今出川駅からすぐ
    住所 上京区御所八幡町109
  • 三時知恩寺 旧入江御所さんじちおんじ きゅういりえごしょ

    尼門跡に応挙と京狩野の名作が集う

    入江御所の異名をもつ格式ある三時知恩寺が、「京の冬の旅」7年ぶりに特別公開。元御殿の内部を芸術性に富んだ絵画が彩る。

    時間 10時~16時(受付終了)
    特別公開期間中なし
    料金 600円
    アクセス 地下鉄烏丸線今出川駅から徒歩4分
    住所 上京区上立売町4
  • 光照院 旧常磐御所こうしょういん きゅうときわごしょ

    昭和天皇御大典の建物が残る尼門跡

    昭和天皇の即位大典時の建物が厳かに立つ光照院は、「常磐御所」とも呼ばれた浄土宗の尼門跡寺院。「京の冬の旅」18年ぶりにお目見えとなる。

    時間 10時~16時(受付終了)
    特別公開期間中なし
    料金 600円
    アクセス 地下鉄烏丸線今出川駅から徒歩7分
    住所 上京区安楽小路町425
  • 宝鏡寺 旧百々御所ほうきょうじ きゅうどどのごしょ

    皇女ゆかりの由緒ある人形の寺

    臨済宗の尼門跡寺院である宝鏡寺。歴代の皇女が住職を務めた寺院には、皇室ゆかりの人形や華麗な襖絵が眠る。

    時間 10時~16時(受付終了)。特別公開は2月29日まで
    ※3月1日~4月3日は春の人形展(15時30分受付終了)を開催
    料金 600円
    アクセス 地下鉄烏丸線今出川駅から徒歩10分、または京都駅からバス27分の堀川寺ノ内下車、徒歩2分
    住所 上京区百々町547
  • 妙心寺 仏殿・浴室「明智風呂」みょうしんじ ぶつでん・よくしつあけちぶろ

    中心的堂宇・仏殿と光秀供養の風呂

    七堂伽藍(しちどうがらん)が連なり数多くの塔頭が立つ妙心寺でも、ひと際存在感を放つ仏殿が、「京の冬の旅」初公開。浴室「明智風呂」も一緒に拝観することができる。

    時間 10時~16時(受付終了)
    特別公開期間中なし
    料金 600円
    アクセス JR嵯峨野線花園駅から徒歩5分
    住所 右京区花園妙心寺町
  • 妙心寺 玉鳳院みょうしんじ ぎょくほういん

    京都最大の禅刹・妙心寺発祥の地

    巨刹・妙心寺で最初に創建された玉鳳院。花園法皇の離宮跡に立つ方丈や、開山を祀る山内最古の建物・開山堂がその品格を漂わせる。

    時間 10時~16時(受付終了)
    1月11日・2月11日・3月11日の14時~16時、2月7日の10時~12時
    料金 600円
    アクセス JR嵯峨野線花園駅から徒歩7分
    住所 右京区花園妙心寺町60
  • 東寺 五重塔とうじ ごじゅうのとう

    京のシンボルに秘められた密教世界

    平安京からの京都の長い歴史を伝える東寺。ランドマークとして親しまれる五重塔の内部には、鮮やかな装飾に彩られた密教の世界が広がる。

    時間 8時30分~16時30分(受付終了)
    特別公開期間中なし
    料金 800円
    アクセス 京都駅から徒歩15分、または京都駅からバス6分の東寺道下車、徒歩5分
    住所 南区九条町1

非公開文化財特別公開 京の冬の旅スタンプラリー開催!

「京の冬の旅」キャンペーン期間中に、非公開文化財特別公開を実施する15カ所。
この中から3カ所を拝観してスタンプを集めると、指定の場所で茶や菓子など“ちょっと一服”の特典が受けられる。

●開催期間

2020年1月10日(金)~3月18日(水)

●参加方法
  1. 1.スタンプラリー用紙を入手する。
    ※JR京都駅ビル2階の「京都総合観光案内所(京なび)」や各特別公開箇所の受付で配布している。
  2. 2.特別公開箇所で拝観料支払い時にスタンプを押してもらう。
  3. 3.スタンプが3カ所分そろったら以下の接待箇所で“ちょっと一服”の特典が受けられる。
    ※京都総合観光案内所(京なび)で記念品との交換も可能。
●接待箇所

俵屋吉富「京菓子資料館」、和順会館「カフェ かりん」、清水一芳園、青窯会会館、花園会館「花ごころ」、洛南会館「喫茶やまぶき」、本家八ツ橋 八坂店、本家八ツ橋 清水南店、京湯元 ハトヤ瑞鳳閣「レストラン栄寿庵」、京洋菓子司 ジュヴァンセル祇園店、亀屋良長、湖月茶屋

  • ※スタンプラリーは定期観光バスおよび団体(15名以上)での利用不可。個人での利用に限る。
  • ※接待箇所が満席のときは待つ場合がある。
  • ※特典提供は各施設の営業時間内に限る。また休業日などがあるので注意。

お問い合わせ

京都市観光協会(10時~18時)

12月29日~1月3日は休み

URL:https://ja.kyoto.travel
TEL:075・213・1717
主催:対象15 カ所・京都市・京都市観光協会
後援:京都市文化観光資源保護財団

現在開催中のデスティネーションキャンペーン ~公式ホームページ~

  • 第54回 京の冬の旅

このページのトップへ