『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

THE列車

「(ワイドビュー)伊那路」 JR東海

飯田線沿線の景観を車窓に楽しめる特急列車

JR東海の電化区間の路線を走る特急列車用として登場したのが、基本が普通車3両編成の373系直流特急形電車です。車両は車窓の風景を楽しめるワイドビュー仕様で、白色の車両先頭部以外は軽量のステンレスが使用されています。車内は2人掛けのリクライニングシートが並ぶほか、2両の車端部にセミコンパートメント席が設置されています。飯田線では豊橋駅~飯田駅間を結ぶ特急「(ワイドビュー)伊那路」に使用され、天竜川沿いの美しい渓谷を車窓に楽しめる列車として1日2往復が運行されています。

豊橋駅を発車した列車は東海道本線や名鉄線とともに走りますが、豊川放水路を渡ると北東に向きを変えます。豊川稲荷の玄関口の豊川駅を過ぎ、左手に鳳来寺山、右手に湯谷温泉を見るとすぐに鳳来峡が広がります。鬼をデザインした駅舎がある東栄駅、対岸に渡らない第6水窪川橋梁を過ぎると、列車は天竜川の渓谷を車窓に走ります。この先には小和田・中井侍・伊那小沢・為栗・田本・金野・千代の7つの秘境駅があり、車窓からも秘境駅の雰囲気を楽しむことができます。天竜舟下りの乗船場がある天竜峡駅を発車すると、すぐに「南信州の小京都」とも呼ばれる飯田市街地へと入り、終着の飯田駅に到着します。

鉄道コンシェルジュ・ミスターKのとっておき情報

軽量ステンレス車体の
直流特急形電車

車体側面に車窓の風景を楽しめるワイドな窓を採用したのが、軽量ステンレス車体の373系直流特急形電車です。曲面ガラスを使用した美しいフォルムの先頭部分は普通鋼製で、白色に塗装されています。車体中央にJR東海のコーポレートカラーのオレンジ色の帯が巻かれ、窓まわりは濃いグレーという特急車両にふさわしいシックで落ち着いた雰囲気があります。

リクライニングシートの
普通車指定席・自由席

列車は3両編成の全車両が普通車指定席・自由席で、車内には回転式リクライニングシートが横2+2席で配置されています。フリーストップ式の座席には、ひじ掛け内蔵の小型テーブルやフットレストが装備され、ゆったりとくつろいで車窓の旅を楽しむことができます。飯田寄りの先頭1号車が指定席、2・3号車は自由席(2号車が指定席になることもある)となります。

家族・グループに最適な
セミコンパートメント席

豊橋寄りの3号車と中間の2号車の車端部には、家族旅行やグループ旅行に最適な4人用のセミコンパートメント席(普通車指定席)があります。2人掛けが向かい合ったボックス席の中央には大型テーブルがありますので、駅弁やお菓子などを広げて楽しむのに最適です。3号車の車端に4人用×2組、2号車の両車端に4人用×各2組が設置されています。

飯田線の秘境駅7駅を
車窓からウォッチング

天竜川沿いの厳しい地形の中を走る大嵐~天竜峡間には、駅周辺に人家や人の気配が感じられない駅や、鉄道以外で到達することが難しい為栗駅(写真)などが7駅あります。これらの駅は「秘境駅」と呼ばれており、車窓からも秘境駅の情景を感じることができます。なお、不定期で運行される急行「飯田線秘境駅号」を利用すると、これら7つの秘境駅に降り立つことができます。

美しい渓谷をはじめ
車窓の見どころが満載

東海道本線豊橋駅と中央本線辰野駅を結ぶ飯田線は、天竜川沿いの美しい渓谷や南アルプスの山並みを車窓に楽しめるのが魅力です。湯谷温泉~三河槇原間の鳳来峡や大嵐~天竜峡間の天竜川の渓谷など、春に新緑、秋には紅葉が車窓を彩ります。また、城西~向市場間にある第6水窪川橋梁は対岸に渡らないS字鉄橋として有名で、車窓からもその様子を見ることができます。

土曜・休日の旅に利用できる
「青空フリーパス」

JR東海では、東海道本線二川~米原間や飯田線豊橋~飯田間、中央本線名古屋~木曽平沢間、高山本線岐阜~下呂間など、JR線の快速・普通列車の普通車自由席が、土曜・休日のいずれか1日乗り降り自由となる「青空フリーパス」(おとな2,570円、こども1,280円)を発売しています。別に特急券を購入すれば、飯田線の特急「(ワイドビュー)伊那路」などフリー区間内の在来線の特急列車も利用できます。

列車情報

運転日 毎日2往復
運転区間 飯田線 豊橋駅~飯田駅間
運転時刻
  • 【下り】
    1号:豊橋駅10:08発 → 飯田駅12:40着
    3号:豊橋駅18:20発 → 飯田駅21:00着
  • 【上り】
    2号:飯田駅9:58発 →豊橋駅12:31着
    4号:飯田駅15:58発 →豊橋駅18:31着

バックナンバー

このページのトップへ