トレたび JRグループ協力

2022.02.15旅行2022年≪博多発≫フルムーン夫婦グリーンパスモデルコース 自然の荒々しさ感じる絶景と郷土料理を楽しむ九州一周

雄大な自然をめぐり、最終日は春の花景色も堪能。心までのびやかに!

新緑芽吹く前の早春は、地球の大地がエネルギーを静かに蓄えているようにも感じられます。そんな地球の荒ぶるパワーを体感すべく、九州の荒々しい自然を感じる穴場を訪れましょう。

桜島や阿蘇の山景色はまさに圧倒的。宮崎県日向市大御神社の洞窟に出現する昇り龍は神秘的。旅の最後は、長崎県佐世保市の白木高原で桜と菜の花景色に癒されます。

  • 新型コロナウイルス感染症の影響により、列車の運休や変更、施設の営業変更等が発生することがあります。JRニュースや運行会社、および各施設のHP等をご確認ください。

JRのおトクなきっぷ「フルムーン夫婦グリーンパス」<最新情報>

「フルムーン夫婦グリーンパス」は、夫婦2人合わせて88歳以上なら、JR線のグリーン車を自由に乗り降りできるとってもお得なきっぷ(新幹線「のぞみ」号「みずほ」号など一部除く)。料金と有効期間は5日間用8万4330円、7日間用10万4650円、12日間用13万320円の3種が揃います。有効期間内なら、普通車含めて乗り放題。例えば、今回の旅行なら九州をぐるりと回り、往復ふたりで9万5960円、5日間用なら1万1630円お得な計算に。利用期間は、2021年10月1日~2022年6月30日まで。また、夫婦どちらかが70歳以上なら、さらにおトクなシルバー用を利用できます。


「フルムーン夫婦グリーンパス」種類と値段(2人分)・発売期間・利用期間

◎種類とねだん(2人分)
【5日間用】8万4330円(一般用)
【7日間用】10万4650円(一般用)
【12日間用】13万320円(一般用)

◎発売期間
2021年9月1日(水)~2022年5月31日(火)

◎利用期間
2021年10月1日(金)~2022年6月30日(木)の連続した5・7・12日

  • ただし、2021年12月28日~2022年1月6日、3月21日~4月5日、4月27日~5月6日は有効期間内であってもご利用になれません。また、有効期間の延長もありません。

1日目 桜島で活火山の迫力を体感し、天文館で郷土料理「酒ずし」に舌鼓


モデルコース
7:22発

博多駅 → 9:09着 鹿児島中央駅

  • JR新幹線つばめ311号・鹿児島中央行 ☆グリーン車利用
9:33発

鹿児島中央駅前 → 9:47着 水族館口

  • 鹿児島市電・鹿児島駅前行(別料金)
10:05発

鹿児島港 → 10:20着 桜島港

  • 桜島フェリー 桜島港行(別料金)
11:00発

桜島港

  • 桜島周遊バス「サクラジマアイランドビュー」(別料金)
11:06着

ビジターセンター

  • ビジターセンター館内見学及び溶岩なぎさ遊歩道散策
12:06発

ビジターセンター → 12:40着 湯之平展望所

  • 桜島周遊バス「サクラジマアイランドビュー」(別料金)
13:10発

湯之平展望所 → 13:25着 桜島港

  • 桜島周遊バス「サクラジマアイランドビュー」(別料金)
13:50発

桜島港

  • 桜島フェリー 鹿児島港行(別料金)
14:05着

鹿児島港

  • タクシーで繁華街「天文館」などへ、郷土料理「酒ずし」をランチに
15:50発

鹿児島駅 → 15:53着 鹿児島中央駅

  • JR鹿児島本線・鹿児島中央行
16:02発

鹿児島中央駅

  • JR指宿枕崎線・枕崎行
17:14着

指宿駅

  • 指宿温泉に宿泊
  • 乗車日によっては発着時刻が異なる場合があります。事前にご確認の上、お出かけください。
  • 列車の発着時刻についてはJR時刻表 2022年2月号に基づいています。

フルムーン夫婦グリーンパスでおトクに九州へ! この列車で行こう:九州新幹線つばめ


800系 800系

N700系 N700系

使用車両は800系とN700系。より使用されることが多い800系はエクステリアとインテリアデザインを水戸岡鋭治が担当したおしゃれな列車。シートは伝統の織り技術による布地と本革からなり、窓にかかるのは九州山地の山桜が陽光を和らげる木製ロールブラインド。プライウッド製の窓下テーブル、木製のラゲッジラックなど、木のぬくもりが感じられます。洗面室にあしらわれた八代い草の「縄のれん」など、九州に暮らす人びとのいとなみが創造する伝統の技が随所に活かされています。

おすすめスポット:<湯之平展望所>迫る桜島は荒々しく、錦江湾や遠景の山並みは秀麗


湯之平展望所

お目当ての湯之平展望所を目指す前に、まずは周遊バスを「ビジターセンター」で下車し、館内で桜島の噴火と成長の歴史を学んだり、「溶岩なぎさ遊歩道」の散策を満喫。再びバスに乗り、次第に迫力を増す桜島の山容を愛でながら進みます。

南岳と北岳からなる桜島はフェリーの中などから遠望すると、裾野が長く穏やかな美しさも感じられます。しかし、北岳の4合目、桜島の展望所の中で最も高所にある湯之平展望所から仰ぎ見る南岳の荒々しい山肌や噴煙を上げるさまは圧巻で、まさに活火山のエネルギーを感じます。眼下には錦江湾越しに鹿児島市街地が広がり、北方に望む霧島連山や南方の開聞岳も絶景です。

遅めのランチは、鹿児島港からタクシーで天文館の郷土料理店を訪ね、「酒ずし」を味わいます。もろみに灰汁を加えて日持ちを良くした “灰持酒(あくもちざけ)”をご飯にまぶして海や山の幸、季節の食材を散らした具だくさんの「押しずし」。お酢を用いた寿司とは一味違うおいしさです。


湯之平展望所

住所 鹿児島県鹿児島市桜島小池町 1025
問い合わせ先 鹿児島観光コンベンション協会 099-286-4700
交通アクセス 鹿児島中央駅前から鹿児島市電約15分の水族館口下車、徒歩5分の鹿児島港から桜島フェリーに乗船し約15分の桜島港下船、バスに乗り継ぎ約40分の湯之平展望所下車
URL https://www.kagoshima-yokanavi.jp/spot/10025

2日目 海の荒々しさ感じる海岸沿いの穴場の神社を参拝し、名産ハマグリを満喫


モデルコース
8:08発

指宿駅 → 9:07着 鹿児島中央駅

  • JR快速なのはな・鹿児島中央行
9:59発

鹿児島中央駅 → 12:10着 宮崎駅

  • JR特急きりしま8号・宮崎行 ☆グリーン車利用
12:25発

宮崎駅

  • JR特急にちりん12号・大分行 ☆グリーン車利用
13:14着

日向市駅

  • 大御神社を参拝し、日向市内に宿泊

おすすめスポット:<大御神社>境内の海岸景色が圧巻で、摂社の「昇り龍」が神秘的


鵜戸神社

天照大御神をご祭神とする古社で、「日向のお伊勢さま」として知られます。大海原を見渡す柱状岩の上に建ち、ゴツゴツとした岩の表情や波洗う海岸の荒々しさなど独特の雰囲気が漂います。境内西側の山際にある大きな石は国歌「君が代」にも歌われている「さざれ石」。さざれ石とは、小さな石と石が長い年月をかけて結合して大きな岩の塊になったもの。ここのさざれ石群は非常に大きく、国内最大規模といわれます。

海辺の景色など、境内のどこをみても絵になりますが、境内東奥の洞窟の中に鎮座する鵜戸神社のある1シーンが非常に神秘的です。鬱蒼とした木々の間の道を進み、岩壁沿いの狭い道を下って向かう道筋も印象的で、洞窟の最奥に赤い鳥居とお社が祀られています。お社の参拝を終え振り返ると、洞窟の暗闇に浮かび上がる入口の形が「昇り龍」になっているのです。昇り龍の下部は鳥居の向こうの岩がちな海岸が、龍の腹から頭の向こうには青い空がのぞき、本当に空へ空へと昇っていきそうです。

日向市は全国唯一の蛤碁石の生産地でハマグリ料理も名物。夕食にはハマグリ料理を味わいましょう。


大御神社

住所 宮崎県日向市日知屋1
問い合わせ先 0982-52-3406
交通アクセス 日向市駅からタクシーで約10分
URL https://oomijinja.com/

3日目 9万年前の阿蘇火砕流が生んだ「おおいた豊後大野ジオパーク」を探訪


モデルコース
8:55発

日向市駅

  • JR特急にちりん6号・大分行 ☆グリーン車利用
11:08着

大分駅

  • 大分駅近くでランチ、郷土料理「だんご汁」「とり天」など
12:33発

大分駅

  • 豊肥本線・豊後竹田行
13:27着

豊後清川駅

  • 沈堕の滝を散策
17:12発

豊後清川駅

  • 豊肥本線・宮地行
18:22着

宮地駅

  • 阿蘇山麓の温泉に宿泊

おすすめスポット:<沈堕の滝>ゴツゴツとした岩壁の間を流れる幾筋もの滝が印象的


沈堕の滝

日向市駅から大分駅へ移動し、駅の近くでランチ。米作りに適さず粉食文化が根付いていたり、2018年~2020年の平均鶏肉年間消費量(総務省調査)でTOP5入りしたりといった、大分ならではの「だんご汁」や「とり天」をいただき、豊後大野へ向かいます。

豊後大野は9万年前、阿蘇火砕流が大地を広く覆った土地。火砕流は冷えて溶結凝灰岩となり、柱状節理が発達します。柱状節理は縦に細長く割れる性質があり、それが崩落してできた滝や絶壁が点在するこのエリアは、「おおいた豊後大野ジオパーク」として日本ジオパークに登録されています。

沈堕の滝はジオサイト(地球の活動がわかる地質や地形)の一つで、国登録記念物。大野川の本流にかかる雄滝と、支流の平井川にかかる雌滝からなりますが、目を見張る景観を見せるのはなんといっても雄滝(写真)。幅約100m、高さは約20m。二段のように見える滝の上流はダムになっており、一段目はダムの淵から水のカーテンが均一に流れ落ちますが、二段目は滝の壁面が凸凹になっているため、水を遮る荒々しい岩と清冽(せいれつ)な水の流れのコントラストがたまらなく美しい光景となっています。周囲には明治時代に作られた水力発電所の跡も残り、石造りの建物など近代文化遺産の見学も楽しめます。


沈堕の滝

住所 大分県豊後大野市大野町矢田
問い合わせ先 ぶんご大野里の旅公社 0974-27-4215
交通アクセス 豊肥本線豊後清川駅からタクシーで約10分
URL https://www.visit-oita.jp/spots/detail/4548

4日目 雄大な阿蘇の山並み望む牧野を散策し、熊本地震から姿を取り戻した熊本城へ


モデルコース
午前中

阿蘇の草原トレッキングツアー

13:32発

宮地駅

  • JR特急あそ4号・熊本行
14:46着

熊本駅

  • 熊本城を観覧し、市内で宿泊

おすすめスポット:<草原トレッキングツアー> 本来立ち入り禁止の阿蘇の牧野を散策


阿蘇の牧野

前日は、阿蘇山噴火の火砕流が造り上げた絶景を堪能しましたが、本日はいよいよ阿蘇山の雄大な景観の中を思う存分歩き回りましょう。

阿蘇の牧野(草原)は家畜のための放牧と採草に利用されており、原則として牧野組合員以外は立ち入り禁止。そこをガイドとともに散策できるのが「あそたんガイドツアーズ」が開催する「草原トレッキングツアー」です。雄大な阿蘇の山並みを眺めながら牧野をのんびりと散策し、阿蘇のカルデラを一望したり、アナグマや鹿などの動物に出会えることも。さくっと2時間プラン(8名までの1グループをガイド)で、ペースも参加者にあわせてくれるので安心。歩き終わったあとは、心まで広々としたような感覚になります。

ランチに郷土料理「高菜めし」を食べ、熊本市に移動して熊本城などを観光しましょう。


草原トレッキングツアー

住所 熊本県阿蘇市一の宮町坂梨(集合場所の町古閑牧野倉庫)
問い合わせ先 あそたんガイドツアーズ 050-3550-1362
時間 10:00~12:00(要予約 ※電話予約不可)
交通アクセス バス停宮地駅前からタクシーで約20分(「トレたびを見た」と伝えると、送迎サービス)
値段 1人5500円(さくっと2時間プラン)
URL https://asotan.com/trekkingtour/

5日目 得も言われぬ花畑を愛で、佐世保のユニークでおしゃれなスポットを探訪


モデルコース
8:10発

熊本駅 → 8:47着 新鳥栖駅

  • JR新幹線つばめ308号・博多行
9:18発

新鳥栖駅

  • JR特急かもめ9号・長崎行 ☆グリーン車利用
10:35着

諫早駅

  • 白木峰高原を散策し、ランチにウナギ料理などを堪能
13:42発

諫早駅

  • JR区間快速シーサイドライナー・佐世保行
15:05着

佐世保駅

  • おしゃれなカフェなどをめぐり、佐世保を散策
17:42発

佐世保駅

  • JR特急みどり26号・博多行 ☆グリーン車利用
19:34着

博多駅

おすすめスポット:<白木峰高原>菜の花畑と海、山、平野を見下ろす絶景


白木峰高原(桜と菜の花)

荒々しい山や海の眺め、新緑前の牧草地の枯れた美しさを堪能してきた旅の最後は、春らしい花景色の絶景を訪ねます。

長崎県の大村市と諫早市との境界にそびえる標高1057mの五家原岳の中腹に広がる白木峰高原。約1万㎡の広さに、春には10万本の菜の花が咲き乱れます。最上部からは桜の木々の紅色がアクセントを添える一面の菜の花畑を見下ろし、その向こうに広がる諫早平野、遠目に雲仙岳や有明海を一望し、得も言われぬ眺めです。

諫早は、街中を流れる清流「本明川」と有明の海でウナギが獲れていたため、鰻処として江戸時代から近隣に知られていました。諫早のウナギの蒲焼は、「焼き」のあと、2重底になった独特な器を使って仕上げに蒸すのが特徴。ウナギがほどよく蒸されてふっくらとし冷めにくく、とろけるような独特な舌触りの蒲焼をランチにいただきましょう。

佐世保駅に降り立ち、防空壕をそのまま店舗として利用している商店街「とんねる横丁」や、おしゃれなカフェやショップが並ぶエリア「万津(よろず)6区」を散策。万津6区の一角にある「BRICK MALL SASEBO」は、もともと食品加工店舗だった築70年超えの建物をリノベーションしたノスタルジックな建物。建物内のカフェでの休憩や、おみやげ探しも最高に楽しい時間です。


白木峰高原

住所 長崎県諫早市白木峰町828-1
問い合わせ先 コスモス花宇宙館 0957-23-9003
交通アクセス 諫早駅からタクシーで約20分
値段 美化協力金100円
URL https://www.isahaya-kankou.com/spot?mid=709

運賃料金参考(JR利用)

合計4万7980円×2=9万5960円

1人分のねだん:【1日目】博多駅→鹿児島中央駅(1万3260円)、鹿児島駅→指宿駅(1130円)、【2日目】指宿駅→日向市駅(9140円)、【3日目】日向市駅→大分駅(5710円)、大分駅→豊後清川駅(950円)、豊後清川駅→宮地駅(1130円)、【4日目】宮地駅→熊本駅(2500円)、【5日目】熊本駅→諫早駅(7830円)、諫早駅→佐世保駅(1310円)、佐世保駅→博多駅(5020円)

フルムーン夫婦グリーンパスなら、1万1630円おトク!

  • 写真提供:鹿児島市、長崎県観光連盟
  • 文/赤木はるな
  • 掲載されているデータは2022年2月現在のものです。変更となる場合がありますので、お出かけの際には事前にご確認ください。
トレたび公式SNS
  • twiiter
  • Fasebook