『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

トクトクきっぷで行く!
絶景紅葉!!
格安列車旅

 

JR北海道「日帰り温泉 グルメきっぷニセコ」で行く
昭和レトロなSLでグルメな旅
札幌駅発着/日帰り

SLニセコ号

C11-171号機で走る「SLニセコ号」。札幌~倶知安間で記念乗車証明書がもらえる

ミルク工房の「カップアイス(ミルク)」と「のむヨーグルト」

ニセコヌプリホルスタインズ ミルク工房の「カップアイス(ミルク)」と「のむヨーグルト」

ニセコ五色温泉郷

ニセコの五色温泉郷付近では、ナナカマドなど色鮮やかな紅葉が見られる

お任せプチ贅沢派も、オリジナル派も満足

 ニス塗りの壁やランプ、木枠のイスなど、昭和初期のデザインを再現した客車から色づく車窓を眺める……。紅葉シーズンにあわせて、札幌駅と蘭越駅間を走る「SLニセコ号」では、こんなレトロな紅葉の楽しみ方ができる。

 8時31分に札幌駅を出発したSLニセコ号は、小樽駅、余市駅を通り、倶知安駅に11時46分に着く。ここでバスに乗り換え、事前に選んだ宿(東山温泉ヒルトンニセコビレッジ、ひらふ温泉ホテルJ-FIRSTニセコ、昆布温泉ホテル甘露の森、昆布川温泉幽泉閣 ※昆布駅から徒歩)に向かう。それぞれバスの出発の時間まで昼食と温泉入浴を楽しみ、15時28分倶知安駅発のSLニセコ号で帰路につく。

 オリジナリティを求める人は、往復のSLニセコ号指定席とフリーエリア内の普通列車が乗り放題になる「SLニセコ号フリーきっぷ」もオススメだ。小樽駅で途中下車し、天狗山からの紅葉を楽しむのもいい。石狩湾や小樽港が一望できるロープウェイ山頂からの景色は「観光ミシュラン」で一つ星を獲得したほど。さらに「ニセコ湯めぐりパス」を使えば、ニセコ駅前にある「ニセコ駅前温泉 綺羅(きら)乃湯」など、ニセコエリアにある17の温泉施設で湯めぐりもできる。

 往復のSLニセコ号の車中では、沿線の街の7種の名物スイーツや小樽のワイナリーで造ったオリジナルワインを販売。カフェカーでのピアノ演奏会(日曜・下りのみ)もプチ贅沢気分を盛り上げてくれるから、おまかせ派もオリジナル派も満足な旅になるに違いない。

INFORMATION

小樽天狗山ロープウェイ
時間:9:30~21:00(~平成22年11月3日)
料金:往復おとな1,100円、子ども550円
交通:小樽駅からバスで約20分
問合せ:TEL.0134-33-7381

 

ニセコ湯めぐりパス
加盟する17のホテルや温浴施設の温泉のうち、3つを選んで入れる。180日間有効。
ねだん:1,400円
発売場所:JRニセコ駅、道の駅ニセコビュープラザ、加盟施設など

 

観光の問合せ:ニセコリゾート観光協会 TEL.0136-43-2051、小樽市観光振興室 TEL.0134-32-4111
今回のおすすめきっぷ

日帰り温泉グルメきっぷニセコ

「SLニセコ号」の往復指定席と、倶知安駅からの「SLニセコグルメバス」の往復乗車券、温泉と昼食がセットになったきっぷ。

発売期間

平成22年11月1日まで(ヒルトンニセコビレッジは10月31日まで)。利用の2日前(ヒルトンニセコビレッジは3日前)の23時までに購入

利用期間

平成22年11月3日までの土・日曜・祝日

有効期間

1日間

ねだん

5,900円(昆布川温泉幽泉閣は5,000円)

このページのトップへ

JR東日本「仙台まるごとパス」で行く
紅葉の滝めぐり、仙山線の旅
仙台駅発着/1泊2日

秋保大滝

マイナスイオンの濃度が高いという秋保大滝。滝見台からの景色が素晴らしい

紅葉川渓谷

紅葉川渓谷には、所要時間20分~2時間半までトレッキングコースが整備されている

芋煮

山形の郷土料理「芋煮」。紅葉の山のなかで、旬の味を味わいたい

東北ならではのダイナミックな紅葉を堪能

 大都会の仙台だが、少し市街地を離れただけで豊かな自然に出合えるのが、東北ならではの魅力のひとつ。仙台と山形を結ぶ仙山線の沿線には、ダイナミックな紅葉と湯煙の立つ温泉が点在する。どの温泉に宿泊するかは気分しだいで決めよう。

 まず、仙台駅から各駅停車で約30分の陸前白沢駅。バスに乗り換え、「秋保(あきう)大滝」に向かう。落差55m、幅6mの豪快な滝を紅葉が彩る景色は圧巻。秋保温泉は、藩政時代には伊達家の御殿湯が置かれていた場所として有名だ。

 次は作並駅。快速電車も止まる駅なので、紅葉の時期だけ1日1往復するイベント列車「仙山もみじ狩り号」(10月30・31日、11月3・6・7日に運行)に乗車するものいい。バスで約15分、さらに30分ほど歩くと、大小さまざまな滝が折り重なるように連なる「鳳鳴四十八滝」に着く。滝から響く水音が「鳳凰」の鳴き声に似ている、と名付けられた。赤や黄色に染まる木々の合間から流れる滝の姿をぜひ見たい。仙台の奥座敷として知られる作並温泉は「美人づくりの湯」といわれる名湯だ。

 さらに山形県との境を越えて、立石寺のある山寺駅に到着。四季折々に風情ある姿が見られる立石寺(山寺)だが、紅葉の時期はまた格別だ。切り立った宝珠山の崖に建つ展望台からは、紅葉の名所「紅葉川渓谷」のある面白山が見える。紅葉川渓谷では、ガイドとともに紅葉に染まる滝を眺めながらトレッキングするツアーもある。ツアーには、大自然の景色のなかで食べる芋煮の昼食がついているのが嬉しい。

INFORMATION

面白山紅葉川渓谷トレッキングツアー
出発日:10月20日~11月7日
所要時間:10:30~13:30(9:00集合)
集合場所:JR面白山高原駅
募集人数:30人(10人以上で実施)
料金:2,600円(昼食代、ガイド料、保険料含む)
問合せ:山形県観光物産協会 TEL.023-647-2333

 

仙台・宮城【伊達な旅】キャンペーン
“伊達文化”が息づく仙台・宮城で「食」をテーマに開催中のキャンペーン。新鮮な海の幸を惜しげもなく使った寿司や丼、ご当地グルメなど一度食べたら忘れられない【伊達な食】が味わえるチャンス!
実施期間:平成22年12月31日まで

 

観光の問合せ:宮城県観光課 TEL.022-211-2823、山形県観光物産協会 TEL.023-647-2333
今回のおすすめきっぷ

仙台まるごとパス

仙台を中心としたフリーエリア内の快速を含む普通列車の普通車自由席、仙台市営地下鉄線、仙台市営バス、るーぷる仙台、宮城交通バス、阿武隈急行線などが乗り降り自由になるきっぷ。

発売期間

通年

利用期間

通年

有効期間

利用開始日から2日間

ねだん

おとな2,600円、子ども1,300円

このページのトップへ

JR西日本「秋の関西1デイパス」で行く
湖東三山の紅葉と琵琶湖をめぐる旅
大阪駅発着/日帰り

琵琶湖クルーズ

琵琶湖の南を周遊するショーボートのミシガン。楽しい音楽やイベントが盛りだくさん

西明寺

平安時代に開山したと言われる西明寺。本堂は釘を1本も使わない純和風建築で国宝

永源寺

参道一帯にモミジやカエデが植えられている秋の永源寺は、紅葉狩りの観光客で賑わう

琵琶湖の風に吹かれ、古寺の紅葉に目を奪われる

 西明寺(さいみょうじ)金剛輪寺(こんごうりんじ)百済寺(ひゃくさいじ)からなる湖東三山は、琵琶湖の東に位置し、国宝や重要文化財が多数あるのに加えて紅葉の名所として知られている。秋の行楽にぴったりのきっぷで琵琶湖のパノラマ風景見物とともに訪れよう。

 大阪駅からJR京都線・琵琶湖線で約35分。山科駅に到着したら、京阪電車の山科駅で「湖都・びわこチケット」を受け取り、京阪京津線に乗り換え浜大津駅に向かう。駅から歩いて3分の大津港から琵琶湖汽船「ミシガン」で、琵琶湖クルーズに出発。チケットの提示で、陽気なショータイム付きのクルーズが無料になり、船内では軽食やビュッフェ、コース料理も楽しめる。最上階のミシガン・スカイデッキから眺める琵琶湖は、息を呑むほど雄大だ。1時間20分の船の旅を楽しんだ後は、山科駅に戻り、JR琵琶湖線に約50分間揺られて河瀬駅に移動しよう。

 余裕のある人は、途中の石山駅(京阪石山駅~石山寺駅)で下車し、紫式部が『源氏物語』の構想を練った「源氏の間」がある石山寺まで足を延ばすのもいい。

 河瀬駅からは紅葉の時期にあわせて、湖東三山と延命長寿・縁結びの神様の多賀大社、紅葉の名所で「永源寺こんにゃく」で知られる永源寺などを結ぶ「紅葉の湖東三山シャトルバス」(200円)が運行する。紅葉と満開の不断桜が同時に見られる西明寺、「血染めの紅葉」が有名な金剛輪寺、聖徳太子の発願寺で湖東三山最古の百済寺。湖東三山では、それぞれ特別拝観も予定しているので、この機会にしっかりとまわりたい。

INFORMATION

琵琶湖汽船「ミシガン」
運行時間:10:00、11:45、13:40(~1月10日の毎日)、15:30(~11月30日と1月1日~10日)、16:45(11月30日までの土・日曜・祝日)など
交通:京阪電車浜大津駅から徒歩3分
問合せ:TEL.077-524-5000

 

永源寺こんにゃく
鈴鹿山系の山水を使用し、昔ながらの製法で作る「玉製こんにゃく」。独特の歯ごたえと風味豊かな味わいで人気。
 
観光の問合せ:びわこビジターズビューロー TEL.077-511-1530
今回のおすすめきっぷ

秋の関西1デイパス

JR自由周遊区間内の新快速・快速を含む普通列車と、近江鉄道(電車)が全線1日乗り放題になるきっぷ。「湖都・びわこチケット」か「こうや花鉄道チケット」が付く

発売期間

平成22年11月30日まで

出発日

平成22年11月30日まで

有効期間

1日間(乗車日当日限り有効)

ねだん

おとな2,900円、こども1,500円

このページのトップへ