『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

イベントカレンダー

イベントの日時等は変更になる場合があります。事前にご確認の上、おでかけください。

日程

  • 2018年7月10日~2018年9月17日

国立歴史民俗博物館の所蔵資料を中心とする国内外のおみやげの展示などを通して、江戸時代から現代までの「おみやげ」という贈答文化と、旅・観光の様相を紹介する企画展示です。観光とおみやげの関連や変遷、おみやげの様態やコレクター、さらにはおみやげの行方などに着目しながら、工芸品から食品のパッケージまで様々なおみやげが紹介されます。

 

日時●2018年7月10日(火)~9月17日(月・祝) ※休館日:月曜(祝日の場合は翌日休)、但し8月13日(月)は開館

場所●国立歴史民俗博物館 企画展示室A・B(千葉県佐倉市)

 

▼詳細はこちら

https://www.rekihaku.ac.jp/(国立歴史民俗博物館ウェブサイト)

2018-06-18 (月) [ 2018年07月 | 2018年08月 | 2018年09月 | イベント | 博物展・美術展 | 歴史・文化 | 首都圏近郊 ]

日程

  • 2018年6月23日~2018年9月2日

萩博物館恒例の夏期特別展、今年は萩に出現する“深海魚”をテーマに開催! 西日本最大級とされる「リュウグウノツカイ」や幻の珍魚「ベンテンウオ」など萩博物館所蔵の標本に加え、チョウチンアンコウなど東京海洋大学マリンサイエンスミュージアム所蔵の標本もあわせた、約300種3,000点もの深海魚の標本が展示されます。ナイトミュージアムやトークショーなどのイベントも実施。

 

日時●2018年6月23日(土)~9月2日(日)9:00~17:00(入館は~16:30)

場所●萩博物館(山口県萩市)

 

▼詳細はこちら

https://www.city.hagi.lg.jp/hagihaku/

2018-06-18 (月) [ 2018年06月 | 2018年07月 | 2018年08月 | 2018年09月 | イベント | 中国 | 博物展・美術展 | 季節・自然 ]

日程

  • 2018年7月8日

湯の山温泉で繰り広げられる芸術空間! アーティストによる入場無料の音楽ライブが日没まで催されるほか、地元人気店によるフード・雑貨や着物などの出店が並びます。温泉街では開湯1300年記念イベント「湯の山温泉芸術祭 オンパク湯の山」も開催中(7月10日まで)で、各所に展示されたアート作品も楽しめます。

 

日時●2018年7月8日(日)11:00~日没

場所●湯の山温泉街(三重県三重郡菰野町)

 

▼詳細はこちら

http://www.yunoyama-onsen.com/

2018-06-13 (水) [ 2018年07月 | イベント | グルメ | コンサート | 博物展・美術展 | 東海 | 観光・物産展 ]

日程

  • 2018年6月6日~2018年8月5日

列車の先頭部に取り付けられる、列車の愛称名や絵が描かれた表示板「ヘッドマーク」をテーマとした企画展です。「富士」や「あかつき」など歴代ブルートレインのヘッドマークや、SL時代の「かもめ」ヘッドマークなど、日本各地で活躍した列車のヘッドマーク・テールマークの往時の姿を紹介します。

 

日時●2018年6月6日(水)~8月5日(日)※休館日:6月13日(水)、7月11日(水)・12日(木)

場所●九州鉄道記念館 2階企画展示場(福岡県北九州市)

 

▼詳細はこちら

http://www.k-rhm.jp/

2018-06-06 (水) [ 2018年06月 | 2018年07月 | 2018年08月 | イベント | 九州 | 博物展・美術展 | 鉄道 ]

日程

  • 2018年5月8日~2018年6月10日

菊池寛によって1935(昭和10)年に創設された、新進作家による純文学作品に贈られる「芥川賞」。今回のミニコレクション展では芥川賞をめぐる男性作家に焦点を当て、第1回の受賞作・石川達三の『蒼氓(そうぼう)』や松本清張のサイン色紙などの展示を通して、昭和の時代と文学史を振り返ります。

 

日時●2018年5月8日(火)~6月10日(日)9:00~17:00(6月10日は~15:00) ※休館日:月曜

場所●菊池寛記念館 研究閲覧室(香川県高松市)

 

▼詳細はこちら

http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kurashi/kosodate/bunka/kikuchikan/index.html

2018-05-09 (水) [ 2018年05月 | 2018年06月 | イベント | 博物展・美術展 | 四国 | 歴史・文化 ]

日程

  • 2018年4月24日~2018年10月28日

太陽暦採用後も人々の生活の基盤となっていた太陽太陰暦(旧暦)を伝えた秘密出版物「お化け暦」と、寺社の由来や説話を簡単にまとめた印刷物「略縁起」。江戸時代と明治初期に刊行された2つの文字資料を中心に展示し、往時の日本における人々の生活と文字文化の位相を考察します。

 

日時●2018年4月24日(火)~10月28日(日) ※休館日:月曜(祝日の場合は開館し、翌日休)、但し5月1日(火)、8月13日(月)は開館

場所●国立歴史民俗博物館 第4展示室 副室(千葉県佐倉市)

 

▼詳細はこちら

https://www.rekihaku.ac.jp/(国立歴史民俗博物館ウェブサイト)

2018-05-01 (火) [ 2018年04月 | 2018年05月 | 2018年06月 | 2018年07月 | 2018年08月 | 2018年09月 | 2018年10月 | イベント | 博物展・美術展 | 歴史・文化 | 首都圏近郊 ]

日程

  • 2018年4月7日~2018年5月27日

東北歴史博物館で開催される「東大寺と東北」展(4月28日~6月24日)の関連企画です。小泉淳作画伯が奉納した「東大寺本坊襖絵」40面のうち、桜や蓮などを描いた32面をはじめ、杉本健吉や榊莫山、三好和義らによる東大寺の境内画や写真を展示します。

 

日時●2018年4月7日(土)~5月27日(日)10:00~17:00(入館は~16:30) ※休館日:火曜

場所●TFUギャラリーミニモリ(東北福祉大学仙台駅東口キャンパス)(宮城県仙台市)

 

▼詳細はこちら

http://todaiji.exhn.jp/

2018-04-26 (木) [ 2018年04月 | 2018年05月 | イベント | 博物展・美術展 | 東北 ]

日程

  • 2018年4月21日~2018年6月24日

「エプソン アクアパーク品川」の初夏の展示イベントは、「秘密の海に咲くデジタルフラワーの絶景スポット」が演出テーマ。デジタルフラワーのプロジェクションマッピングをはじめ、本物の草花やカラフルな魚の展示、各所に隠された“秘密の仕掛け”、照明による木漏れ日の演出などで、幻想的な初夏の花と海の世界を繰り広げます。夜間には、プロジェクションマッピングと共演するドルフィンパフォーマンスも。

 

日時●2018年4月21日(土)~6月24日(日)10:00~22:00(5月3日~6日は8:30~) ※最終入館は閉館1時間前。

場所●マクセル アクアパーク品川(東京都港区)

 

▼詳細はこちら

http://www.aqua-park.jp/aqua/

2018-04-20 (金) [ 2018年04月 | 2018年05月 | 2018年06月 | イベント | イルミネーション | 博物展・美術展 | 東京 ]

日程

  • 2018年4月28日~2018年6月24日

東日本大震災からの復興を祈念して、東大寺の特別協力のもと開催される特別展です。奈良時代に建立され、二度にわたる災禍から復興した東大寺に収蔵される、東大寺の復興を語るうえで欠かせない寺宝など約150点を一堂に展示! 東大寺と東北のつながりや、古代東北の災害復興なども紹介されます。

 

日時●2018年4月28日(土)~6月24日(日)9:30~17:00(入館は~16:30) ※休館日:月曜(4月30日は開館)

場所●東北歴史博物館(宮城県多賀城市)

 

▼詳細はこちら

http://www.thm.pref.miyagi.jp/

2018-04-19 (木) [ 2018年04月 | 2018年05月 | 2018年06月 | イベント | 博物展・美術展 | 東北 | 歴史・文化 ]

日程

  • 2018年5月3日~2018年5月6日

美しい風景に惹かれたアーティストが移り住む中川村で開催される、年に1度の芸術祭です。絵画や工芸、酒造会社やお菓子屋さんなど、多彩なジャンルのアーティストが参加し、アトリエやショッピングセンター「チャオ」で、作品の展示や即売、ワークショップなどを繰り広げます。5月4日にはNVサウンドホールでの音楽祭も開催(有料)!

 

日時●2018年5月3日(木・祝)~6日(日) ※アーティストにより参加日時が異なる。

場所●中川村ショッピングセンター「チャオ」・NVサウンドホールおよび各作家のアトリエ(長野県上伊那郡中川村)

 

▼詳細はこちら

https://n-session.net/

2018-04-12 (木) [ 2018年05月 | イベント | コンサート | 体験型 | 博物展・美術展 | 甲信越 ]

日程

  • 2018年3月24日~2018年5月6日

菊池寛により創設された、新進・中堅作家による大衆小説作品に贈られる文学賞「直木三十五賞(直木賞)」。今春開催されるミニコレクション展では、昭和30年代後半頃より直木賞受賞者・候補者が増えた女性作家に焦点を当て、昭和・平成の出来事を振り返りながら、山崎豊子や向田邦子、宮部みゆきら人気女性作家の直筆色紙や著書などを展示します。

 

日時●2018年3月24日(土)~5月6日(日) ※休館日:月曜(4月30日を除く)と5月1日(火)

場所●菊池寛記念館 研究閲覧室(香川県高松市)

 

▼詳細はこちら

http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kurashi/kosodate/bunka/kikuchikan/index.html

2018-03-27 (火) [ 2018年03月 | 2018年04月 | 2018年05月 | イベント | 博物展・美術展 | 四国 ]

日程

  • 2018年3月31日~2018年4月15日

春色に染められた福井城下を彩る「ふくい桜まつり」。福井の誇る「歴史」「食」「自然」「文化」の魅力を堪能できる、春の一大イベントです。歴史浪漫あふれる「越前時代行列」や、福井の魅力を体感できる体験プログラム、特別な「食」のおもてなし、夜桜風情を灯し出す「ライトアップ」など、ふくいの春を盛り上げる様々な催しが展開されます。

 

日時●2018年3月31日(土)~4月15日(日)

場所●福井城址・足羽河原・足羽山など(福井県福井市)

 

▼詳細はこちら

http://www.fukuicity-navi.com/index.php

2018-03-23 (金) [ 2018年03月 | 2018年04月 | イベント | イルミネーション | お祭り | お酒 | キャラクター | グルメ | コンサート | スポーツ・運動 | ファミリー | 体験型 | 健康・美容 | 北陸 | 博物展・美術展 | 季節・自然 | 歴史・文化 ]

日程

  • 2018年3月21日~2018年5月6日

“マンボウ”をテーマとした様々なイベントが繰り広げられる「マンボウ祭」。期間中には、マンボウに関する研究・話題が豊富な本『マンボウのひみつ』の分かりやすい解説パネルや、江戸時代の文献を展示。4月7・8日には『マンボウのひみつ』著者の澤井悦郎さんによるトークショーやマンボウの肉の試食会なども行われます。

 

日時●2018年3月21日(水・祝)~5月6日(日)9:30~17:00(受付は~16:30)※休館日:火曜(祝日の場合は翌日休)

場所●海とくらしの史料館(鳥取県境港市)

 

▼詳細はこちら

http://umikura.com/

2018-03-15 (木) [ 2018年03月 | 2018年04月 | 2018年05月 | イベント | 中国 | 博物展・美術展 ]

日程

  • 2018年3月23日~2018年5月16日

中国・四国地方の中で隠岐が唯一の原産地として知られる、漆黒の石「黒曜石」をテーマとした企画展です。黒曜石の概要や各地での獲得・利用の様子、黒曜石をめぐる人々の動きなど、狩猟・採集時代に不可欠とされた黒曜石の価値や人との関わりを探究します。

 

日時●2018年3月23日(金)~5月16日(水)9:00~18:00(入館は閉館30分前まで) ※休館日:4月17日(火)

場所●島根県立古代出雲歴史博物館(島根県出雲市)

 

▼詳細はこちら

http://www.izm.ed.jp/(島根県立古代出雲歴史博物館ホームページ)

2018-03-02 (金) [ 2018年03月 | 2018年04月 | 2018年05月 | イベント | 中国 | 博物展・美術展 | 歴史・文化 ]

日程

  • 2018年3月20日~2018年4月18日

個性的な作品群を残した画家で、無類の猫好きでも知られる猪熊弦一郎。本展では、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館所蔵の猫をモチーフとした作品を中心に、猫以外の主題作品も若干加えた百数十点を展示。猪熊ならではのユニークな猫の姿と、猪熊自身が持つ奥深い芸術世界の、両面の魅力を楽しむことができます。

 

日時●2018年3月20日(火)~4月18日(水)10:00~18:00(金・土曜は~21:00) ※入館は閉館30分前まで。

場所●Bunkamura ザ・ミュージアム(東京都渋谷区)

 

▼詳細はこちら

http://www.bunkamura.co.jp/

2018-02-27 (火) [ 2018年03月 | イベント | 博物展・美術展 | 東京 ]

日程

  • 2018年2月24日~2018年5月20日

表紙や挿絵などの“本の装い”と“文学”をテーマとした企画展です。棟方志功をはじめ青森県出身の美術家が携わった装丁本や表紙絵の原画などを中心に展示し、装丁者の想いや著者とのエピソードもあわせて紹介します。

 

日時●2018年2月24日(土)~5月20日(日)9:00~17:00 ※休館日:3月22日(木)、4月2日(月)・26日(木)、5月9日(水)

場所●青森県近代文学館 企画展示室(青森県青森市)

 

▼詳細はこちら

http://www.plib.pref.aomori.lg.jp/

2018-02-27 (火) [ 2018年02月 | 2018年03月 | イベント | 博物展・美術展 | 東北 ]

日程

  • 2018年3月17日~2019年1月14日

「薩長土肥」の“肥前”として、明治維新の鍵を握っていた佐賀県。明治維新150年記念行事「肥前さが幕末維新博覧会」では、メインパビリオン「幕末維新記念館」などの展示施設や各種イベントを通して、佐賀の歴史や文化、アートや食などを楽しめます。3月17日には県立図書館南広場でオープニングイベントを開催!

 

日時●2018年3月17日(土)~2019年1月14日(月・祝)

場所●佐賀市城内地区・唐津サテライト館・鳥栖サテライト館など、県内全域(佐賀県佐賀市ほか)

 

▼詳細はこちら

https://www.saga-hizen150.com/

2018-02-26 (月) [ 2018年03月 | イベント | グルメ | 九州 | 博物展・美術展 | 歴史・文化 ]

日程

  • 2018年3月10日~2018年6月3日

伝統芸能「猿楽」(能楽の古称)で用いられた、平安時代後期から安土桃山時代までの「面(おもて)」350点(うち重要文化財80点)を展示。彫刻史の観点をメインに、文化芸能史や文学史の側面も絡めて、中世に流行した猿楽の世界を紐解きます。

 

日時●2018年3月10日(土)~6月3日(日)10:00~17:00(入館は~16:00)※休館日:月曜(4月30日は開館)と5月1日(火)

場所●MIHO MUSEUM(滋賀県甲賀市)

 

▼詳細はこちら

http://www.miho.or.jp/

2018-02-26 (月) [ 2018年03月 | イベント | 博物展・美術展 | 歴史・文化 | 近畿 ]

日程

  • 2018年3月6日~2018年5月6日

2019年の第1展示室〔先史・古代〕リニューアルオープンに先立って開催される、世界史的に稀なスケールの先史モニュメント“古墳”をテーマとした企画展示です。世界の先史モニュメントと比較した古墳の特質や、古墳とそこに眠る王の姿などを、約100点の展示品を通して明らかにします。

 

日時●2018年3月6日(火)~5月6日(日) ※休館日:月曜(祝日の場合は開館、翌日休)、但し4月2日、5月1日は開館

場所●国立歴史民俗博物館 企画展示室A・B(千葉県佐倉市)

 

▼詳細はこちら

https://www.rekihaku.ac.jp/(国立歴史民俗博物館ウェブサイト)

2018-02-23 (金) [ 2018年03月 | イベント | 博物展・美術展 | 歴史・文化 | 首都圏近郊 ]

日程

  • 2018年3月3日~2018年4月15日

“桜”や“花見”をモチーフとしたデジタルアートや演出を館内に展開! 桜の幻想的な風景を空間全体に演出するほか、日本の伝統美を取り入れた展示、本展をイメージした魚の展示、昼夜で異なる演出のドルフィンパフォーマンスなどで、「360度の最先端お花見エンターテインメント」をお楽しみいただけます。

 

日時●2018年3月3日(土)~4月15日(日)10:00~22:00 ※最終入館は閉館1時間前。

場所●マクセル アクアパーク品川(東京都港区)

 

▼詳細はこちら

http://www.aqua-park.jp/aqua/

2018-02-22 (木) [ 2018年03月 | イベント | イルミネーション | 博物展・美術展 | 東京 ]



このページのトップへ