『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

イベントカレンダー

イベントの日時等は変更になる場合があります。事前にご確認の上、おでかけください。

日程

  • 2017年10月15日

全国有数の日本短角種の産地・久慈市山形町では、東北地方で唯一、闘牛大会が行われています。10月には1年間の最後となる闘牛大会「もみじ場所」が開催され、闘牛同士が角を突き合う迫力満点の取組を観ることができます。山形村短角牛串焼きなどの販売や、取り組みの合間の大抽選会もあります。

 

日時●2017年10月15日(日)11:00~

場所●平庭高原闘牛場(岩手県久慈市)

 

▼詳細はこちら

http://www.hiraniwatogyu.com/

2017-09-21 (木) [ 2017年10月 | イベント | グルメ | 東北 | 歴史・文化 ]

日程

  • 2017年10月6日~2017年10月8日
  • 2017年10月14日~2017年10月15日
  • 2017年10月21日~2017年10月22日

長州藩毛利氏のお膝元として繁栄した往時の面影を色濃く残す萩の城下町。土・日曜を中心とする10月の夜間、城下町周辺の通りなどに約4,000本の竹灯籠が並べられ、竹の中の炎が町並みを情緒豊かに淡く照らし出します。期間中の日中には着物で街歩きを楽しめる「着物ウィーク in萩 プレミアム」も開催され、昼と夜で異なる和の趣を感じられる散策を満喫できます。

 

日時●2017年10月6日(金)~8日(日)・14日(土)・15日(日)・21日(土)・22日(日)

場所●萩城下町周辺および市内各所(山口県萩市)

 

▼詳細はこちら

http://www.hagishi.com/

2017-09-19 (火) [ 2017年10月 | イベント | イルミネーション | 中国 ]

日程

  • 2017年9月15日~2017年10月22日

「美濃焼」の産地である多治見・瑞浪・土岐の3市が舞台のトリエンナーレです。世界60か国・地域より寄せられた2,466点の陶磁器から、入選・入賞した141点をセラミックパークMINOで展示する「第11回国際陶磁器展美濃」をメインに、さまざまな展示企画や茶会、美濃焼の器で和食を味わえる「和食と美濃焼」など、多くの企画が実施されます。

 

日時●2017年9月15日(金)~10月22日(日)

場所●セラミックパークMINOほか(岐阜県多治見市・土岐市・瑞浪市)

 

▼詳細はこちら

http://www.icfmino.com/

2017-09-15 (金) [ 2017年09月 | 2017年10月 | イベント | 博物展・美術展 | 東海 ]

日程

  • 2017年10月15日
  • 10:00~13:30

イカ料理の無料提供(先着順・数量限定)やグルメ屋台などで、岩美町の特産品「白イカ」を味わえるほか、イカ釣り漁船の乗船体験(先着順)やイカ墨書道大会などを通して、楽しくイカの魅力に触れられます。特産品などが当たるスタンプラリーや子どもに人気のミニ水族館もあります。

 

日時●2017年10月15日(日)10:00~13:30

場所●田後港周辺(鳥取県岩美郡岩美町)

 

▼詳細はこちら

http://www.iwamikanko.org/

2017-09-14 (木) [ 2017年10月 | イベント | グルメ | ファミリー | 中国 | 体験型 ]

日程

  • 2017年10月1日~2017年11月30日

氷見市出身のまんが家・藤子不二雄Ⓐ先生の原画や複製原画を展示する「氷見市潮風ギャラリー」開館10周年を記念して、参加無料の宝探しラリーが開催! 潮風ギャラリーやひみ番屋街など4か所のチェックポイントを巡って謎解きに挑戦し、謎を解いた方先着15,000名様にはクリア賞(オリジナル藤子不二雄Ⓐグッズ)がもらえるほか、さらに抽選で直筆サイン入り複製原画などが当たる「藤子不二雄Ⓐ賞」も用意されます。

 

日時●2017年10月1日(日)~11月30日(木)10:00~17:00

場所●氷見市潮風ギャラリー・ひみ番屋街・氷見駅・プロゴルファー猿ポケットパーク(富山県氷見市)

 

▼詳細はこちら

http://himi-manga.jp/

2017-09-13 (水) [ 2017年10月 | 2017年11月 | イベント | キャラクター | 体験型 | 北陸 ]

日程

  • 2017年9月23日~2017年9月24日
  • 2017年9月30日~2017年10月1日
  • 2017年10月7日~2017年10月9日
  • 2017年10月14日~2017年10月15日

“日本の夕陽百選”に認定されている名勝「東尋坊」。9月下旬から10月中旬の土曜・休日限定で、今年も岩場テラスにバーカウンターが登場します。美しい夕陽が沈むさまを眺めつつ、ライブ演奏をBGMにカクテルやドリンクを味わえます。船上から夕陽を鑑賞できる「サンセットクルージング」や、縁結びの逸話がある「愛のかわらけ」で、恋人とロマンチックなひとときを楽しめます。

 

日時●2017年9月23日(土)・24日(日)・30日(土)、10月1日(土)・7日(土)~9日(月・祝)・14日(土)・15日(日)16:30~日没 ※雨天中止

場所●東尋坊岩場テラス(福井県坂井市)

 

▼詳細はこちら

http://www.fuku-e.com/yuhi/

2017-09-11 (月) [ 2017年09月 | 2017年10月 | イベント | お酒 | 北陸 | 季節・自然 ]

日程

  • 2017年10月1日~2018年1月21日

宇宙や生命などについて学べる展示室や、ドームシアター、サイエンスショーなどを通して楽しく科学を学べる「福岡市科学館」が10月1日に開館! 開館記念の特別展も開催され、名誉館長で宇宙飛行士の若田光一さんが撮影した地球の映像などの展示を通して、宇宙飛行士や天文学者など、宇宙に関わるさまざまな分野の職業「宇宙なひと」と、その役割を紹介します。

 

日時●2017年10月1日(日)~2018年1月21日(日)9:30~18:00 ※休館日:火曜(12月26日と1月2日は開館)と12月28日(木)~2017年1月1日(月・祝)

場所●福岡市科学館 3階企画展示室(福岡県福岡市)

 

▼詳細はこちら

https://www.fukuokacity-kagakukan.jp/

2017-09-08 (金) [ 2017年10月 | 2017年11月 | 2017年12月 | 2018年01月 | イベント | 九州 | 博物展・美術展 ]

日程

  • 2017年10月15日~2017年10月18日

四国三大祭りに数えられる「新居浜太鼓祭り」。絢爛豪華な高さ約5.5m、重さ約3tにもなる53台の「太鼓台」が指揮者の指示の下、約150人のかき夫(担ぎ手)により各地区を練り歩きます。数台の太鼓台が集まり、太鼓台の車輪を外して担ぎ方を競う「かきくらべ」は、「男祭り」とも呼ばれる祭りの中でも特に勇壮です。今年は新居浜市の市制施行80周年を記念したイベントも催されます。

 

日時●2017年10月15日(日)~18日(水) ※地区により開催日が異なります。

場所●市内各所(愛媛県新居浜市)

 

▼詳細はこちら

http://www.city.niihama.lg.jp/(新居浜市ホームページ)

2017-09-07 (木) [ 2017年10月 | イベント | お祭り | 四国 ]

日程

  • 2017年9月16日~2017年9月18日
  • 2017年9月23日~2017年9月24日
  • 2017年9月30日~2017年10月1日
  • 2017年10月7日~2017年10月10日
  • 2017年10月14日~2017年10月15日
  • 2017年10月21日~2017年10月22日
  • 2017年10月28日~2017年10月29日

飛騨高山を着物で散策できるイベントです。男性には裃または着流しを、女性には着物をご用意。履きものなどの小物類の貸し出しや着付けも行われるので、手ぶらで参加できます。参加者には、記念写真撮影や、市内観光施設20か所に割引または無料で入館できる「通行手形」貸し出しの特典があります。予約不要・先着順で、ひとり2時間2,000円です(延長30分ごとに500円追加)。

 

日時●2017年9月16日(土)~10月29日(日)の土曜・日曜・祝日と10月10日(火)9:00~17:00(受付は14:30まで)※雨天中止

場所●飛騨・高山観光コンベンション協会(岐阜県高山市)

 

▼詳細はこちら

http://www.hidatakayama.or.jp/

2017-08-30 (水) [ 2017年09月 | 2017年10月 | イベント | 体験型 | 東海 | 歴史・文化 ]

日程

  • 2017年9月15日~2017年10月15日

毎年7月7日に本祭りが行われる村上大祭は、かつて祭りの際に屏風が立てられていたことから、「屏風まつり」と称されていました。「城下町村上 町屋の屏風まつり」では、城下町の風情を今に伝える旧町人町の町屋や商店などが無料公開され、各家に伝わる屏風をはじめ、村上木彫堆朱や民具などを鑑賞できます。

 

日時●2017年9月15日(金)~10月15日(日)

場所●旧町人町一帯(新潟県村上市)

 

▼詳細はこちら

https://www.sake3.com/

2017-08-29 (火) [ 2017年09月 | 2017年10月 | イベント | 歴史・文化 | 甲信越 ]

日程

  • 2017年8月4日~2017年11月5日

横浜を舞台とする3年に1度の現代アートの国際展が開催中です。今回は国内外よりアーティスト38組と1プロジェクトが参加し、相反する価値観の「接続」と「孤立」をテーマとして制作された作品群が、横浜美術館など3会場に展示されます。ワークショップや公開対話などのイベントも実施。3会場に1回ずつ入場できる鑑賞券(1,800円)もあります。

 

日時●2017年8月4日(金)~11月5日(日) ※休場日:8月10日(木)・24日(木)、9月14日(木)・28日(木)、10月12日(木)・26日(木)

場所●横浜美術館・横浜赤レンガ倉庫1号館・横浜市開港記念会館地下ほか(神奈川県横浜市)

 

▼詳細はこちら

http://www.yokohamatriennale.jp/2017/

2017-08-28 (月) [ 2017年08月 | 2017年09月 | 2017年10月 | 2017年11月 | イベント | 博物展・美術展 | 首都圏近郊 ]

日程

  • 2017年10月14日~2017年10月15日

国内に8か所ある「世界ジオパーク」のひとつに認定されている島原半島。島原半島のジオパーク内で生産・製造された山海の恵み豊かな食品やクラフト商品などが並ぶ市場「島原半島ジオ・マルシェ」が、春に続き10月にも開催されます。その場で食べられるテイクアウトフードも盛りだくさん! 半島ならではの体験やイベントも同時開催されます。

 

日時●2017年10月14日(土)・15日(日)10:00~15:00

場所●雲仙岳災害記念館 がまだすドーム(長崎県島原市)

 

▼詳細はこちら

http://www.shimakanren.com/

2017-08-28 (月) [ 2017年10月 | イベント | グルメ | 九州 | 体験型 | 観光・物産展 ]

日程

  • 2017年9月15日~2017年11月12日

幕府と薩摩藩・佐賀藩が参加して初めて日本が公式出品した万博「第2回パリ万国博覧会」(1867年)から、今年で150年の節目となります。本展では、派遣メンバーによる記録など貴重な資料の数々を展示し、佐賀藩が万博に参加した意義などを紹介します。映像展示や佐賀藩出品陶磁器の初となる里帰り展示、関連イベントなど、多彩な企画で特別展を楽しめます。

 

日時●2017年9月15日(金)~11月12日(日)

場所●佐賀城本丸歴史館(佐賀県佐賀市)

 

▼詳細はこちら

https://saga-museum.jp/sagajou/

2017-08-25 (金) [ 2017年09月 | 2017年10月 | 2017年11月 | イベント | 九州 | 博物展・美術展 | 歴史・文化 ]

日程

  • 2017年10月14日~2017年10月15日

西日本最大級の道の駅・丹後王国「食のみやこ」に、丹後地方のおいしい食が集まる「丹後グルメフェスティバル」が今年も開催! 丹後産コシヒカリをはじめ、農産物や水産物、加工品や郷土食など、魅力ある丹後の味覚を満喫できます。今年は、丹後のグルメとともに地ビールを味わえる「クラフトビアフェスタ」も同時開催されます。

 

日時●2017年10月14日(土)・15日(日)9:00~16:00

場所●道の駅 丹後王国「食のみやこ」(京都府京丹後市)

 

▼詳細はこちら

https://tango-kingdom.com/

2017-08-24 (木) [ 2017年10月 | イベント | お酒 | グルメ | 近畿 ]

日程

  • 2017年7月14日~2017年8月13日
  • 2017年8月15日~2017年9月18日
  • 2017年9月20日~2017年10月22日

今年7月に直筆原稿の発見が発表された、新聞小説として昭和6年頃に手掛けられた菊池寛の怪奇小説『妖妻記』。菊池寛の出身地・高松市にある「菊池寛記念館」で、新発見の直筆原稿が金森観陽の挿絵・カットとともに、3回の期間に分けて公開展示されています。

 

日時●2017年7月14日(金)~8月13日(日)・8月15日(火)~9月18日(月・祝)・9月20日(水)~10月22日(日) ※休館日:月曜(祝日の場合はその翌日)

場所●菊池寛記念館 常設展示室(香川県高松市)

 

▼詳細はこちら

http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kyouiku/bunkabu/kikuti/kantop.html

2017-08-18 (金) [ 2017年07月 | 2017年08月 | 2017年09月 | 2017年10月 | イベント | 博物展・美術展 | 四国 | 歴史・文化 ]

日程

  • 2017年6月24日~2017年11月5日

「全国新酒鑑評会」で金賞受賞数5年連続日本一を誇る福島県。酒どころ福島の酒蔵をめぐる「ふくしま酒蔵めぐりスタンプラリー」が、今年は地ビール工場やワイナリーなども参加して開催中です。参加施設で試飲や見学、お買い物などを楽しみながら、条件に応じて押印できるポイントスタンプを集めます。ポイントに応じて宿泊券や日本酒、特産品などの賞品が当たる抽選に応募できます。

 

日時●2017年6月24日(土)~11月5日(日)

場所●酒蔵・地ビール工場・ワイナリーなど54ヵ所の参加施設(福島県・山形県長井市)

 

▼詳細はこちら

http://www.fukushima-sakagura.jp/

2017-08-10 (木) [ 2017年06月 | 2017年07月 | 2017年08月 | 2017年09月 | 2017年10月 | 2017年11月 | イベント | お酒 | キャンペーン | 東北 ]

日程

  • 2017年10月14日~2017年10月15日

秋田県を代表する伝統芸能や祭りが大仙市に集結! 「秋田の竿燈」や県内3件の「山・鉾・屋台行事」などが大曲駅前周辺に登場するほか、大曲市民会館(各日1席1,000円)で盆踊りや番楽などが披露されます。伝統芸能体験や、秋田県のご当地グルメが集まる「大仙グルメストリート」なども催されるほか、14日夜には「大曲の花火 秋の章『花火劇場~あきた満開~』」が同時開催されます。

 

日時●2017年10月14日(土)・15日(日)

場所●大曲駅前・花火通り商店街周辺、大曲市民会館(秋田県大仙市)

 

▼詳細はこちら

https://shinakitanogyouji.jp/

2017-08-08 (火) [ 2017年10月 | イベント | お祭り | 東北 | 歴史・文化 | 花火大会 ]

日程

  • 2017年9月3日
  • 2017年9月10日
  • 2017年9月17日
  • 2017年9月24日
  • 2017年10月1日
  • 2017年10月9日
  • 2017年10月15日
  • 2017年10月22日
  • 2017年10月29日

マグロの一本釣りで知られる青森県大間町で、9月と10月の毎週日曜を中心にマグロの解体ショーを開催! ショーで解体されたマグロは、即売で手に入れることができるほか、マグロ定食(2500円、数量限定)で味わうこともできます。大間町の特産品も販売されます。

 

日時●2017年9月3日(日)・10日(日)・17日(日)・24日(日)、10月1日(日)・9日(月・祝)・15日(日)・22日(日)・29日(日) ※マグロ解体ショーは各日9:30~、12:15~

場所●大間港旧冷蔵庫(キュウレイ)特設会場(青森県下北郡大間町)

 

▼詳細はこちら

http://cld1.worldcom.ne.jp/~omaonsen/

2017-08-03 (木) [ 2017年09月 | 2017年10月 | イベント | グルメ | 東北 | 観光・物産展 ]

日程

  • 2017年8月1日~2017年11月4日

絵本や童謡などで用いられる、鉄道の音を表す言葉(擬音語・オノマトペ)を切り口とした企画展です。「ガタンゴトン」から展開されるジョイント音やレールの話題や、紙芝居で事件を予感させる汽笛の「ポーッ」や警笛の「ピィー」など、誰もが知る鉄道の音を表す言葉から鉄道技術などを解説します。街頭紙芝居やSL走行音などの音源を観賞する「鉄音カフェ」も、9月16日と10月14日に開催されます。

 

日時●2017年8月1日(火)~11月4日(土)10:00~16:00  ※休館日:日(10月29日は開館)・月曜、祝日と8月11日(金・祝)~16日(水)、10月31日(火)および悪天候・大学行事等による臨時休館日

場所●東北福祉大学ステーションキャンパス館3階・鉄道交流ステーション(宮城県仙台市青葉区)

 

▼詳細はこちら

https://www.tfu.ac.jp/rmlc/index.html

2017-07-19 (水) [ 2017年08月 | 2017年09月 | 2017年10月 | 2017年11月 | イベント | 博物展・美術展 | 東北 | 鉄道 ]

日程

  • 2017年7月21日~2017年10月15日

霞ヶ浦でかつて行われていた漁法「帆曳き漁」。昭和40年代からトロール船に漁の役割を譲り、現在では夏から秋にかけて「観光帆曳船」として市所有の帆曳船2隻が運航され、霞ケ浦の風物詩として親しまれています。青空に映える純白の帆に風を受けて進む帆曳船の姿を遊覧船から観賞できます。

 

日時●2017年7月21日(金)~10月15日(日)の土曜・日曜・祝日 13:00~15:00

場所●霞ヶ浦(土浦港より遊覧船乗船)(茨城県土浦市)

 

▼詳細はこちら

http://www.tsuchiura-kankou.jp/

2017-07-14 (金) [ 2017年07月 | 2017年08月 | 2017年09月 | 2017年10月 | イベント | 季節・自然 | 関東 ]

このページのトップへ