トレたび JRグループ協力

2021.03.18

  • キャンペーン

「Japanese Beauty Hokuriku」キャンペーンは3月31日まで! 

伝統、食、体験…魅力いっぱいの「Japanese Beauty Hokuriku」

例年JR西日本・JR東日本・JR東海が展開している「Japanese Beauty Hokuriku」。2020年12月から展開されてきた今年度のキャンペーンも2021年3月31日で終了となります。今回は伝統芸能から歴史、そして食と旅の魅力がぎゅっと詰まっている北陸のみどころを今一度ご紹介したいと思います。

北陸へのアプローチは?


エリア内の移動にも便利な北陸新幹線W7系

関西~金沢は特急サンダーバードで!

北陸へのアプローチは北陸新幹線をはじめ、中京圏からは特急しらさぎ・特急(ワイドビュー)ひだ、関西圏からは特急サンダーバードが便利です。北陸新幹線は北陸エリアの横の移動にも早くて便利!上手に使って時短に繋げましょう!また京阪神発で2人以上のグループ旅行なら「北陸乗り放題きっぷ」がお得。前日までにインターネット予約サイト「e5489」で購入すれば、北陸フリーエリアまでの特急「サンダーバード」の普通車指定席往復と北陸三県に設定されたフリーエリアが乗り降り自由で大人14540円で、こどもはなんと3000円!(いずれも京都市内発)周遊に最適な1枚です。グリーン車利用タイプもあります。

北陸の自然が作り出した特別天然記念物と地ビールの味

北陸新幹線黒部宇奈月温泉駅から富山地方鉄道に乗り換えて新魚津駅へ。隣接するJR魚津駅前から出発するバスで約10分のところにある「魚津埋没林博物館」は、約2000年前に存在していた原生林が、河川氾濫と海面上昇が複合して埋没した杉の原生林跡が見られる世界的にも珍しい博物館。長い年月をかけて変化してきた、大自然の環境と悠久の時を感じられます。また、屋外エリアからは魚津の名物のひとつである自然現象「蜃気楼」を観察できる日も。


大自然のロマンを感じられる魚津埋没林博物館

水中のようすが見られるように工夫もされている

続いて、富山地方鉄道下立駅から徒歩で8分のところにある「宇奈月麦酒館」では黒部の自然の恵みを「味」で体感しましょう。こちらで製造されている地ビール「宇奈月ビール」は、立山の雪解け水が流れ込む黒部の名水と「黒部産二条麦」を使用した地元に根付いたビール作りにこだわっています。併設のレストランでは出来立ての宇奈月ビールを始め、富山・黒部の幸を楽しむことができます。


バリエーション豊富な「宇奈月ビール」

富山の海の幸「しろえび」のかき揚げ丼

南砺で北陸新幹線の限定和菓子づくり体験


特製の木型を使えば、ちょっとのコツで誰でも綺麗に作れちゃう

JR城端線の終点城端駅から歩いて15分ほどのところにある、「和菓子屋田村萬盛堂」では、「Japanese Beauty Hokuriku」期間中限定で北陸新幹線の形をした木型を使った和菓子体験ができます。体験は事前申し込み制、金・土・日開催で一人3300円。伝統の技を是非体験してみましょう。
予約等詳しくはこちら(https://www.tabi-nanto.jp/archives/7930)。

金沢散策ならSAMURAIパスポートと加賀百万石ルートで!

2020年夏、金沢城西側に明治時代まで存在していた「鼠多門」と「鼠多門橋」が復元。これによって長町武家屋敷跡から兼六園などを経由し、本多の森公園にいたる約2kmの「加賀百万石ルート」が誕生しました。ルート沿いには、金沢に移転オープンした「東京国立近代美術館工藝館」をリノベーションした「国立工芸館」など文化施設が点在。これら12施設に1000円で2日間何度でも入場できる「SAMURAIパスポート」も発売中。ゆったりと金沢が育んできた文化に触れてみてはいかがですか。


復元したての「鼠多門」と「鼠多門橋」は木の香りが心地よい

東京から建物がやってきた「国立工芸館」

これぞ金沢旅!北陸新幹線の金箔貼り体験&圧巻カニ料理


自分だけの小物を金箔で飾ってみよう!

金沢の伝統といえば、やっぱり金箔。
金沢駅から西日本ジェイアールバスで6分ほどの尾張町バス停から徒歩2分。「かなざわカタニ」では3月31日までの「Japanese Beauty Hokuriku」期間中、北陸新幹線とコラボしたデザインの金箔貼り体験ができます。弁当箱やコンパクトミラーなど好みのアイテムに北陸新幹線デザインの金箔を貼ってみよう。作成したものはその場で持ち帰ることが可能です。

さて、昼食は北陸本線に乗って加賀温泉駅へ。加賀温泉駅は現在北陸新幹線延伸工事に伴う、駅設置工事の真っ只中。まもなくここまで新幹線がやってきます。そんな加賀温泉駅前の「くいもん家 ふるさと」では圧巻のかに料理をいただきましょう!
木箱一面敷き詰められたカニとご飯!名付けて「百万石カニ加賀飯」!1日5食限定で3日前までに予約が必要です。見た目にも美しい加賀百万石のきらびやかな色を満喫できます。


思わず声が漏れる圧巻の「百万石カニ加賀飯」(3日前までに要予約)

こちらもおすすめ カニ寿司パフェが目を引く「加賀カニごはん」(前日までに要予約)

伝統工芸と職人技にふれる

最後は北陸三県の西端福井県へ。1500年前に誕生した越前漆器は深く美しい色合いが魅力的な伝統工芸品です。鯖江駅からコミュニティバスで25分のところにある、「うるしの里会館」では、職人が仕上げた越前漆器の数々を購入できるだけでなく、その技を自ら体験できる「絵付け体験」ができます。前日までの予約が必要で2名から体験できます。仕上げたものはその場で持ち帰ることが可能です。


下絵からのアレンジはセンスの見せ所!の「絵付け体験」

店内には職人が丹精込めて仕上げた作品が並ぶ

越前は打刃物も有名です。700年の歴史を持つ「越前打刃物」の技と産地内でいち早くステンレス鋼の製品化を進めた「龍泉刃物」。その切れ味は抜群で、工場横の直営店ではその切れ味を体験しながら、お気に入りの1本を購入することができます。併設された工場内の見学も可能です。


国内外にファンが多い 龍泉刃物の製品

製造現場も見学可能

きっとあなたの「好き」が見つかる北陸へ!

「Japanese Beauty Hokuriku」は3月31日までの開催です。一部の体験等はこの期間中の限定メニューになりますが、「Japanese Beauty Hokuriku」が終わっても北陸の魅力はまだまだ続きます。ぜひみなさんの好きな北陸を探してみてください。


Japanese Beauty Hokuriku 公式サイト

  • 取材/村上悠太
トレたび公式SNS
  • twiiter
  • Fasebook