『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

非電化区間の急行列車で活躍した「キハ28・58系急行形気動車」北海道から九州までの幅広いエリアにおいて、幹線やローカル線の急行列車として活躍したキハ28・58系急行形気動車の足跡を紹介します。
(文=結解喜幸 写真=結解学)

復活したD51形498号機が牽引する SLみなかみ[JR東日本]

 昭和30年代の冷房車は特急列車や一等車などの特別車両に限られていましたが、昭和44年から普通車の冷房化が本格的にスタートしました。気動車で問題になるのは冷房用の電源を確保することで、1エンジン車の場合は電源用エンジンを積むことができますが、2エンジン車では搭載スペースが確保できず、冷房化の支障となっていました。
 そこで、中央本線などキハ58形がメインとなる勾配線区を走る急行列車用として、2エンジンで360PSのキハ58形よりも大出力の500PSエンジンと、自車を含めて3両に給電できる冷房用電源エンジンを搭載したキハ65形が製造されることになりました。昭和44〜46年にかけて暖地用の0番台と寒地用の500番台が製造され、キハ58形とユニットを組んで運行。これにより、キハ65+キハ58+キハ58の冷房編成が組めるようになり、勾配区間の線区で活躍するようになりました。
 また、1エンジンのキハ28形やキロ28形(自車用の冷房電源エンジンは搭載)には、ほかの車両にも給電できる冷房電源用エンジンを搭載するスペースがあるため、冷房化にあわせてエンジンを搭載するとともに、元の車両番号に2000をプラスした2000番台となりました。なお、キハ28形1505〜1510およびキロ28形2309〜2314・2508〜2518は新製時から自車を含めて3両に給電できる冷房用電源エンジンを搭載。当初は+1000で登場したキハ28形は、後に2505〜2510に改番されています。

冷房用エンジンを搭載したキハ28形2000番台(先頭の車両)とコンビを組んで走るキハ58形

運転台の窓にパノラミックウィンドウ、側面の客室窓に2段式ユニット窓を採用したキハ65形

小型タンク機関車C12形66号機が牽引する SLもおか[真岡鐵道]

北海道初のリゾート気動車「アルファ・コンチネンタル・エクスプレス」はキハ56形・キロ26形の改造車

キハ28・58形を改造した和洋折衷のお座敷気動車として米子エリアに登場した「ほのぼのSUN-IN」

 幹線電化の進展に伴ってローカル線へ転用されたキハ28・58系ですが、2〜3両の短い編成で非電化区間も走れるという気動車の特徴を生かし、余剰となった車両をジョイフルトレインに改造する工事が全国各地で行なわれました。
 最初の改造となったのは昭和48年に北海道で登場したお座敷列車「くつろぎ」で、キハ27形の車内をお座敷グリーン車にしてキロ29形に改番されました。昭和50年代後半になるとキハ28・58系気動車を改造した欧風気動車や洋風お座敷気動車なども登場し、団体旅行の主役となるジョイフルトレインが人気の的になりました。
 昭和60年12月には、北海道でキハ56形とキロ26形を改造した3両編成のリゾート列車「アルファ・コンチネンタル・エクスプレス」が登場。先頭車両はハイデッカータイプの展望席になるなど、種車となったキハ56形のスタイルとは異なる斬新な車両として注目を集めました。
 現在、キハ28・58形の改造ジョイフルトレインで活躍しているのは、JR東日本の「リゾートこがね」や「kenji」、JR西日本の「ほのぼのSUN-IN(サンイン)」の3編成となりました。このうち、山陰本線エリアで活躍してきた「ほのぼのSUN-IN」は平成21年11月29日に引退することになり、11月22日までの土・日曜に快速「ありがとうお座敷ほのぼのSUNIN」、11月28・29日には快速「さよならお座敷ほのぼのSUNIN」として、山陰本線出雲市→三保三隅、三保三隅→江津、浜田→出雲市駅間で運転されています。

客貨万能のC58形363号機が牽引する SLパレオエクスプレス[秩父鉄道]

JR各社ではエリア別にオリジナル塗色が採用されていたが、近年は国鉄色に戻された車両が活躍した

JR西日本の北陸エリアのオリジナル塗色「高岡色」で残るキハ28・58形の2両編成。塗色が違うと雰囲気が異なる

 全国各地で活躍したキハ28・58系急行形気動車ですが、現在現役で残っている車両はキハ58形が6両、キハ28形が5両、キハ65形が1両の計12両となりました。JR東日本では新津運輸区に国鉄色のキハ581022+キハ282371、JR西日本では富山運転センターに国鉄色のキハ58477+キハ282360および高岡色のキハ581114+キハ282346、岡山電車区気動車センターに国鉄色のキハ58563+キハ282329、JR九州では熊本運輸センターの「あそ1962」のキハ58139+キハ282401、大分車両センターの「トロQ」の両端に連結されるキハ58569+トロッコ3両+キハ6536が現役車両です。
 このうち、3本6両が懐かしい国鉄急行色の気動車で、JR東日本の2両は新潟デスティネーションキャンペーン「うまさぎっしり新潟」のイベント列車(団体列車)として運転中ですが、同キャンペーンが終了する平成21年12月には引退する予定です。
 JR西日本の富山運転センターの2本は高山本線越中八尾(えっちゅうやつお)〜富山駅間の普通列車に活躍する最後の定期列車運用で、大糸線南小谷(みなみおたり)〜糸魚川(いといがわ)駅間の車両が検査時などに同区間で運転されることがあります。
 岡山電車区気動車センターの車両は山陰本線の快速「マリンあまるべ」などの臨時列車に使用。JR九州の車両は豊肥本線の「あそ1962」と久大本線の「トロQ」「トロッコ列車」(平成21年11月29日で運行終了)に使用されていますが、いずれもオリジナルの塗装で急行用気動車のイメージとは異なっています。

豊肥本線熊本〜宮地駅間を結ぶ観光列車「あそ1962」。1962年製造のキハ28形とキハ58形を使用している

久大本線由布院〜南由布駅間のトロッコ列車「トロQ」の両端にはキハ58形とキハ65形が連結されていた

写真協力:羽片日出夫(急行「丸池」)、Kazuma(キハ57形)

※掲載されているデータは平成21年10月現在のものです。

書籍紹介

JR新型車両コレクション

  • ●定 価 1,680円(税込)
  • ●仕 様 A4変型判 160ページオールカラー

JR新幹線&特急列車ファイル

  • ●定 価 1,260円(税込)
  • ●仕 様 A4変型判 144ページオールカラー
前のページへ

バックナンバー

このページのトップへ