トレたび JRグループ協力

2020.12.22

  • 注目の列車

漫画家 矢口高雄さん 追悼ヘッドマーク掲出中

秋田県の角館駅と鷹ノ巣駅を結ぶ秋田内陸縦貫鉄道は、2020年11月に81歳で他界した漫画家の矢口高雄さんを追悼するヘッドマークを掲出した列車を運行中です。

矢口高雄さんは秋田県横手市出身で、秋田内陸線の応援大使「スマイルレールアンバサダー」を務めていました。現在、阿仁合駅では横手市のまんが美術館で開催中の矢口さんの画業50 周年イベントと連携し、これをPR するパネル展を開催しており、待合室には矢口さんがアンバサダーに就任した際の応援メッセージの色紙が飾られています。

そんな矢口さんへの感謝の意を込め、秋田内陸線では、2021年1月7日(木)まで、急行もりよし号に矢口さん作品で北秋田市公認キャラクターの阿仁マタギ『かけるくん』の追悼のヘッドマークを掲げて運行しています。

追悼ヘッドマーク掲出運行

日時:
2020年12月4日(金)~2021年1 月7 日(木)
列車:
急行もりよし1 号、2 号、3 号
もりよし1 号阿仁合駅9:15発・角館駅10:23着
もりよし2 号角館駅11:05発・鷹巣駅13:07着
もりよし3 号鷹巣駅14:38発・角館駅16:35着

  • 都合により列車の前面に掲出できない場合や掲出できないこともあります。
トレたび公式SNS
  • twiiter
  • Fasebook