トレたび JRグループ協力

2021.06.17旅行夏って、どんな格好で出かければいいの?【レディース】

夏の外出は、「汗」との勝負

6月も半ば。日に日に暑くなってきました。
東京はこのところ30℃越えの夏日が続いています。地域によっては、さらに本格的な夏の訪れを感じていることでしょう。

こんな時期にお出かけをしようというとき、もっとも悩ましいのは「」ではないでしょうか。
おしゃれも楽しみたい。でも汗じっとりはイヤ。夏場は誰しも、そんなジレンマを抱えています。

そんなときは、服の「素材」が夏向きのものかどうか、気にしてみるのもいいかもしれません。
きっと暑い中でも涼やかに過ごせるヒントが転がっているはずです!

というわけで今回は、アクティブなミドル・シニアの女性にぴったりの、夏場のお出かけにおすすめの衣服を「トップス部門」「ジャケット部門」「パンツ部門」に分けてご紹介します。

トップス部門

外では汗ダラダラ、中では冷房で寒い、なんてときは…


マルチエフェクトプルオーバー(写真はグレー系)

蒸し暑い天気の中を歩いて汗がダラダラ、これではどこに行くのも一苦労。
屋内にたどり着いたらたどり着いたで、冷房が効きすぎてさっきまでの汗が急に冷えてしまい、むしろ寒い……。そんな経験はありませんか?
もしかしたら、「夏」に特化した素材の服で、そのお悩みが解決できるかもしれません。

「マルチエフェクト」は、UVカット・吸水速乾性に優れた生地のこと。
吸い込んだ水分が滞留せずすばやく乾くため、肌に貼りつく不快感を覚えることは少なく、サラサラした着心地が続きます。
これからの季節にぴったりなシャツ、それが「マルチエフェクトプルオーバー」です。


交通新聞社の通販ショップでは、4色展開のうち同サイズよりどり2色組で販売。 穏やかな色合いのグリーン系、何にでも合わせやすいグレー系、夏らしく青みがかったパープル系、キュートなピンク系と、各種取り揃えています。


「マルチエフェクトプルオーバー」のページを見る(交通新聞社 通販ショップ)

ジャケット部門

ちょっと冷えるときにサッと羽織れる。軽くて便利な一着


近江ちぢみ 爽やかロングジャケット

朝夕にすこし冷えることもあるこの時期には、ちょっと羽織れるジャケットを1枚持っておくと安心です。
とはいえ、それが暑苦しい素材でできていると本末転倒。汗でじめっとしてしまうのは考え物です。

そんなときには、特殊な仕上げ技法により独特のシボ(凹凸)を実現した「近江ちぢみ 爽やかロングジャケット」がおすすめ。
汗をかいても密着しない、心地よい肌ざわりを実現します。


「近江ちぢみ 爽やかロングジャケット」のページを見る(交通新聞社 通販ショップ)

パンツ部門

混紡素材でさらさら。ゆったりシルエットがおすすめ


綿麻混イージーパンツ

ジーンズを履くのも辛い夏場には、こんなゆったりしたシルエットのパンツはいかがでしょう。その名も「綿麻混イージーパンツ」!
綿50%・麻50%の混紡素材でサラサラした感触。これならじっとりと湿った空気の中でも、ちょっとくらいの移動は苦になりません。
ウエストには調整ひもが付いていて、お腹まわりもラクラクです。


「綿麻混イージーパンツ」のページを見る(交通新聞社 通販ショップ)


夏場の服に合わせやすい! こんなバッグもおすすめ♪


左:マチを広げた状態 右:マチを狭めた状態(ポーチ取り出し)

サイドを広げて幅広に。マチを狭めてコンパクトに。
一つのバッグで二つの楽しみ方ができるこの商品。その名も「カメレオン2WAYバッグ」。

どちらの形にしても底マチは16cm幅で、コンパクトなのに大容量です。
中に入っているポーチは、外に取り出して単体でも使用可能。
お出かけにも普段使いにも重宝する逸品です!


「カメレオン2WAYバッグ」のページを見る(交通新聞社 通販ショップ)

いかがでしょうか?

素材やシルエットに注目して服を選ぶことで、夏場でも快適に、しかもオシャレに過ごすことができます。
お出かけのときにはぜひ、気にかけてみてくださいね!

交通新聞社の通販ショップでは、「トレたび」『旅の手帖』『JR時刻表』といったラインナップを持つ、旅専門の出版社である交通新聞社が厳選した商品を取り扱っています。
ここに紹介したのはそのほんの一部。他にも気に入っていただける商品があるかもしれません。チェックしてみてください!


交通新聞社 通販ショップ

  • 交通新聞社 通販ショップ/編
  • 掲載されているデータは2021年6月現在のものです。
  • 画像はすべてイメージです。実際の商品とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
トレたび公式SNS
  • twiiter
  • Fasebook