トレたび編集部が自信を持って紹介するプレミアム鉄道旅行情報 トレたび★プレミアム

この路線で行こう! 岡山編 どこまでも続く日本の原風景に癒やされながら春の息吹を感じる岡山・津山線の旅

津山線は、岡山駅~津山駅を結ぶ全長58.7キロメートルのローカル線。
車窓からは旭川や山里が織りなすのどかな景色が続き、どこか懐かしさを感じる日本の原風景に心が和む。
日本の棚田百選の一つ「北庄棚田」や吉井川沿いの「奥津温泉」など、ノスタルジックな癒やしスポットも魅力。
ひと足早く春の訪れを探しに、自然豊かな津山線の旅へ出掛けよう。

  • 写真は小原(おばら)駅付近

津山線マップ

JR津山線 路線図

岡山~備前原~福渡~弓削-誕生寺~亀甲~津山

ノスタルジー(岡山駅~津山駅間)

ノスタルジー(岡山駅~津山駅間)

期間、曜日限定で運行される観光列車。車両は昭和30~40年代に気動車で使用されていた「キハ47形」で、クリーム色と朱色のツートンカラーがレトロ感満点。窓際に取り付けられた瓶ジュース用の栓抜きや、国鉄時代に使用されていた青色の座席シートなど、車内にも懐かしいインテリアが復刻されている。また、2号車の一部に窓向きの展望席を設置。次々と移り変わるノスタルジックな景色を存分に満喫できる。

運転日は2018年12月1日~2019年2月28日の毎週土曜

津山線おすすめイベント情報

西川イルミ'18

西川イルミ'18

期間:~

約12万球の照明が幻想的に川を彩る

約12万球のLEDイルミネーションが、街なかのオアシス的存在である西川緑道公園を幻想的に彩る。桃太郎大通り~あくら通りの約550メートルにわたり、まるで無数の宝石のように光きらめき、川面に映える光景はうっとりするほどロマンチックだ。今回のテーマは「はな ひらく ひととき」。ゆるやかに点灯する光で、開花する花の様子が演出されている。

詳しくはこちら

岡山後楽園 開園記念日

岡山後楽園 開園記念日

期間:

池田家から県への譲渡を記念して入園無料に

水戸の偕楽園、金沢の兼六園とともに、日本三名園のひとつに数えられている岡山後楽園。かつては岡山藩主池田家の静養の場として利用されていたが、明治17年(1884)、池田家から岡山県に譲渡されたことを機に、一般公開されるようになった。公開の記念式典が行われた3月2日は開園記念日と定められており、毎年この日は特別に無料で入園できるのでおすすめ。

詳しくはこちら

2019津山さくらまつり

2019 津山さくらまつり

期間:

荘厳な石垣に映える西日本屈指の桜の名所

日本の「さくら名所100選」に選ばれており、西日本屈指の桜の名所として知られる津山城(鶴山公園)で開催。3月下旬~4月上旬頃にかけて約1000本のソメイヨシノが咲き誇り、期間中は多くの花見客でにぎわう。荘厳な石垣とのコントラストが見事で、本丸から見下ろす桜の雲海のような光景も見応えあり。夜間はライトアップされ、幻想的な姿が楽しめる。

詳しくはこちら

地図

バックナンバー

    2019年4月 岩手観光キャンペーン5連ポスター 詳しくはこちら »

    このページのトップへ