トレたび JRグループ協力

2019.10.01鉄道新潟・庄内の鉄道コレクション【新潟デスティネーションキャンペーン2019】

海、川、山……乗っているだけでさまざまな車窓の風景が楽しめる列車の旅。
新潟・庄内エリアの観光列車では、車内で郷土の味も楽しめる。
2019年10月からはデスティネーションキャンペーン(DC)に合わせて、新潟・庄内の名店の味がいただける海里がデビュー。
他にも越乃Shu*Kura、SLばんえつ物語など、車窓展望だけではなく、美食や内観も見どころの列車も走る。
“列車に乗ること”を目的とした旅を楽しんでみたい。

海里



2019年10月5日運行開始!!
「日本海の景観」と「食」を楽しむ

「笹川流れ」として知られる日本海の景観を眺めながら「新潟の食」と「庄内の食」を味わう、まさに今回の新潟県・庄内エリアDCのコンセプトにぴったりの観光列車が誕生する。その名は「海里」。海や里の景色や食が楽しめるという思いが込められている。
列車は環境に優しい最新型のディーゼルハイブリッド車両を使った4両編成。酒田駅側の1号車はゆったりとしたリクライニングシート、2号車は家族連れやグループ旅行向けのコンパートメントシート、3号車は売店・イベントスペース、そして4号車は食事ができるダイニングとなっている。
食事は、下りは和食、上りはイタリアン。共に沿線の料亭やレストランが担当し、地元の食材を生かしたコース料理が提供される。この食事は旅行商品として申し込みが必要だが、1号車・2号車は乗車券+指定券で乗車できる。
なお、「笹川流れ」を望む桑川駅~越後寒川駅間で徐行運転、さらに桑川駅に停車するので、駅前に広がる日本海も一望できる。


列車情報

運転日 10月5、6、11、13、14、18~22、25~27日 11月1、3、4、8~10、15~17、22~24、29、30日 12月1、6~8、13~15、20~22日 ※12月27日以降は冬ダイヤで運転
運転区間 新潟駅~酒田駅 ※全車指定席

海里の詳細はこちら

現美新幹線



走る新幹線の中でアートとスイーツを楽しむ

現代アートを異空間で楽しむ...、そんな斬新な発想から生まれたのが「現美新幹線」だ。上越新幹線越後湯沢駅~新潟駅間で特定日に臨時「とき」として運転され、乗車券+特急券で気軽に乗車できる。車内では各アーティストの作品を体感できるほか、13号車のカフェでは、燕市にある人気の「ツバメコーヒー」監修のコーヒーや、佐渡クリームチーズのレモンケーキ、佐渡バターの笹団子風ケーキ、雪下人参のキャロットケーキなどのスイーツも楽しめる。


列車情報

運転日 10月12~14、19、20、22、26、27日 11月2~4、9、10、16、17、24、30日 12月1、7、8、14、15、21、22日 ※1月以降も運転
運転区間 越後湯沢駅~新潟駅

現美新幹線の詳細はこちら

越乃Shu*Kura



新潟の「酒」と「食」をテーマにした大人のグルメ旅

北陸新幹線が発着する上越妙高駅を起点として十日町駅、越後湯沢駅、そして新潟駅へと県内各地に向かう観光列車だ。それぞれ行き先によって「越乃」「ゆざわ」「柳都」と名を変え、運転日も異なる。ちなみに柳都とは柳並木で有名だった新潟市の異名。乗車券と指定券で利用できるが、この列車を存分に楽しむなら食事付きの旅行商品利用がおすすめ。車内では日本酒にちなんだイベントも行われる。


列車情報

運転日 越乃Shu*Kura 10月18~22、25~27日 11月15~17、22~24、29~30日 12月1日 ゆざわShu*Kura 10月4~6日 11月1~4日 柳都Shu*Kura 10月11~14日 11月8~10日
運転区間 上越妙高駅~十日町駅 ※全車指定席

越乃Shu*Kuraの詳細はこちら

SLばんえつ物語



今年は運行開始から20周年。
客車はレトロな大正ロマンでお出迎え

鉄道のまち・新津の人々が大切に保管してきたSL(C57-180号)を動態復元、磐越西線で運転されているのが「SLばんえつ物語」だ。今では沿線に生息するオコジョをモチーフとしたキャラクターも誕生。勇ましい汽笛など五感で味わうSLの旅を楽しく演出してくれる。阿賀野川の流れが続く車窓も、この列車ならではの魅力だ。出発駅の新津駅では駅弁「SLばんえつ物語弁当」が人気。ぜひ車内で味わいたい。


列車情報

運転日 10月5、6、13、14、19、20、22、26、27日 11月9、10、16、17、23、24、30日 12月1日
運転区間 新津駅~会津若松駅

SLばんえつ物語の詳細はこちら

ほくほく線「ゆめぞら」


トンネルに入ると車内に花火・天空・海中・星座・宇宙が広がる

北越急行ほくほく線は六日町駅~犀潟駅間を走る鉄道。大半の列車はJR線に直通し、「ゆめぞら」も越後湯沢駅~直江津駅間で運転。山間部を走るため、全長1万472メートルの赤倉トンネルをはじめ、トンネルが多い。このロケーションを利用し、トンネル内で夢の世界を上映する。2両編成で運転、直江津駅寄りの車両で上映。


列車情報

運転日 毎週日曜日、上下各4本
運転区間 直江津駅~越後湯沢駅
  • 掲載されているデータは2019年9月現在のものです。
  • 料金、公開日等は変更となる場合があります。
トレたび公式SNS
  • twiiter
  • Fasebook