トレたび JRグループ協力

2021.06.03鉄道【鉄道川柳】大賞は「初乗車花粉も気持ちも舞い上がる」。4月のテーマ「新生活」結果発表

応募総数461句!ご応募ありがとうございました

毎月実施中の「トレたび鉄道川柳」、4月のテーマ「新生活」の応募総数は461句。
今月もたくさんの作品をご応募いただきました。ありがとうございました!

新しい季節を迎え、入学や入社、異動や退職など、新天地やこれまでの環境の変化への期待や戸惑い、別れなど「新生活」にまつわる出来事や思いをたくさん送っていただきました。
編集部の厳正なる審査により入賞作品を決定いたしましたので発表します。大賞作品はこちら!

大賞


初乗車花粉も気持ちも舞い上がる(北海道・井上まどかさま)

初乗車花粉も気持ちも舞い上がる(北海道・井上まどかさま)

舞い上がっているのでしょう。
その気持ち、よく分かります。
初めて乗る電車、初めて降りる駅に向かって高鳴る胸。そして春。多くの人を悩ます「花粉」と、新生活に高揚している気持ちの掛け合わせ、見事です!

優秀賞


え、待ってここってSuica?あれmanaca?(岐阜県・けんちゃんさま)

新しい駅に誘われプチ旅行(岡山県・岩中幹夫さま)

え、待ってここってSuica?あれmanaca?(岐阜県・けんちゃんさま)

複数の鉄道会社が乗り入れている大きな駅を初めて利用されたのでしょうか。新生活の戸惑いや焦りがリズムよく表現されています。
駅の改札口で「え、待って」と誰かに(もしくは自分に)問いかけてしまう微妙な境目を「Suica」、「manaca」のフレーズで端的に表して韻も踏み、ユーモラスで爽やかな印象を与えてくれます。

新しい駅に誘われプチ旅行(岡山県・岩中幹夫さま)

転居や異動などで、新しい駅に降り立ったのでしょう。
きっと、駅の周りは景色や空気が良かったのかもしれません。春という季節、陽気もとても良かったのかもしれません。
そんな新鮮な雰囲気に誘われて、まだ見ぬ新しい、知らない世界へ軽やかに一歩を踏み出した様子が伺える作品です。


ダイヤ改正生活リズム変わる一大事(京都府・百花さま)

新しい車掌イケメン弾む足(愛知県・さごじょうさま)

ダイヤ改正生活リズム変わる一大事(京都府・百花さま)

何かと変化の起きる春、それはもう当人にとっては一大事です。
鉄道各社の春のダイヤ改正は、「いつも」利用していた列車の時間が繰り上がったりして、時に生活に大変化をもたらしますね。
今までより早起きすることになったのかもしれません。春の「あるある事件」が目に浮かぶようです。もう、新しい生活リズムには慣れたでしょうか。

新しい車掌イケメン弾む足(愛知県・さごじょうさま)

春の楽しみといえば、新しい出会いですよね。
いつも乗っている電車に、新しい車掌が乗務するようになったのでしょう。イケメンに出会ったらテンション上がる!
その気持ち、分かります。朝なのでしょうか、夜でしょうか。満面の笑顔で颯爽と駅の改札を抜けていく姿が想像されます。


大賞、優秀賞に選ばれた5名の方には、
交通新聞社新書『脳にいい! 通勤電車の乗り方』をお送りいたします。
おめでとうございます!


交通新聞社新書『脳にいい! 通勤電車の乗り方』

佳作

涙でる スマホがないと 右往左往(岐阜県・ハムチャン)
この街で レールが続く 希望かな(三重県・歩行音痴)
君のいない 駅が虚しく 恋と知る(兵庫県・やすよ)
春電車 勝手に挑む 自転車で(福岡県・Yayoi)
小刻みな 揺れは車内か 心臓か(東京都・糖質無制限)

  • 佳作作品には賞品はありません。

惜しくも入選を逃してしまった皆さまも、ぜひ次回の入選を目指してご応募ください!
なお、受賞作はTwitter(@toretabi_news)でも紹介しておりますので、ぜひフォローをお願いいたします!

  • 「鉄道川柳」(4月のテーマ:"新生活")の応募要項等は募集ページをご確認ください(募集締め切り済み)。
  • お問い合わせは、お問い合わせフォームよりお願いいたします。お電話でのお問合せ、受付はいたしかねますのでご了承ください。なお、審査選考に関するお問合せやご要望には応じかねます。
トレたび公式SNS
  • twiiter
  • Fasebook