『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

イベント Archive

年の真中 活力新たに夏のお祓い -「夏越大祓(なごしおおはらえ)」 のご案内-

橿原神宮(宮司 久保田昌孝、橿原市久米町)では、6月30日(土)15時より、表参道南神門前において「夏越大祓」を斎行致します。大祓では神職・巫女等と共に参列者が大祓詞(おおはらえことば)を奏上。形代 (かたしろ:人の身代わりとした人形(ひとがた))で罪穢れを拭い取るように身体を撫でて祈念し、息を吹きかけ厄難を移します。

 

神職・巫女等と共に参列者が大祓詞を奏上する様子。参列者数は年々増加し、昨年は300名を超える方に御参列いただきました。(平成29年)

※神職・巫女等と共に参列者が大祓詞を奏上する様子。参列者数は年々増加し、昨年は300名を超える方に御参列いただきました(2017年)。

 

大祓は日常生活の中で知らず知らずのうちに心身についた罪穢れを祓って清浄な自己にたち還り、次の半年間の平穏無事な生活を願う伝統行事です。宮中でも同じ日に天皇陛下の為に行われる祓いの行事「節折(よおり)の儀」と、皇族並びに国民の為の祓いの行事である、この大祓が共に執り行われます。

 

※神職が参列者へ切麻(きりぬさ)の包を頒(わかち)ます。小さな紙片の切麻で身体を祓った後、形代へ厄難を移します。

※神職が参列者へ切麻(きりぬさ)の包を頒(わかち)ます。小さな紙片の切麻で身体を祓った後、形代へ厄難を移します。

 

皆様にとって、この夏越大祓が活力新たに、次の半年間を過ごすきっかけとなることを願っております。
※当日はどなたでも御参列いただけますので、14時50分頃を目処にお集まり下さい。

 

〈大祓とは〉
年に2回、6月と12月の晦日の日に多くの神社で行われている祓いの行事。穢れを祓って本来の自己に還る事を意味し、記紀神話においてイザナギノミコトが黄泉の国から戻った際、その穢れた身を洗い清めたことが起源と伝えられている。

 

~橿原神宮 夏越大祓~
【日時】平成30年6月30日(土)15時斎行
【場所】橿原神宮 南神門
※雨天時は屋内へ場所を変更致します。
【取材受付】当日14時00分~14時40分 橿原神宮 社務所
【お問い合わせ】橿原神宮 教化渉外課 電話:0744-22-3271/FAX:0744-24-7720
【公式サイト】http://www.kashiharajingu.or.jp/

リニア・鉄道館 第7回企画展「東海道新幹線の誕生~0系新幹線の開発から改良まで~」


 名古屋駅からあおなみ線に乗り換え約25分、金城ふ頭駅下車徒歩約2分の「リニア・鉄道館」。東海道新幹線を中心に、在来線から超電導リニアまでの展示を通じて「高速鉄道技術の進歩」を紹介しています。車両展示では、実物車両39両を展示。いろいろな角度から見て、ふれて、乗って、その迫力を実感することができます。ほかにも模型やパネル、実物を使っての体験展示など、楽しく学習することができます。
 
 このリニア・鉄道館では、「高速鉄道技術の進歩」を紹介する企画展を毎年開催しています。第7回目となる今年のテーマは、「東海道新幹線の誕生~0系新幹線の開発から改良まで~」。東海道新幹線は1964年の開業から53年の間に約60億人が利用、大動脈として日本の経済を支えてきました。今回の企画展ではこの東海道新幹線の開業に至る経緯から開業後の成長過程までを貴重な資料やパネル等を用いて紹介しています。
 
 普段は見ることのできない資料や、今まであまり知られることのなかった東海道新幹線の歴史を学ぶことができる貴重な企画展です。子どもから大人までたのしめる内容となっています。
 
 GWや夏休み中も開催! この機会に足を運んでみてはいかがでしょうか?
 
~リニア・鉄道館 第7回企画展「東海道新幹線の誕生~0系新幹線の開発から改良まで~」~
●日時:2018年9月24日(月・祝)まで
●会場:リニア・鉄道館2階 体験学習室
●入館料:大人1,000円、小中高生500円、幼児(3歳以上)200円 ほか
 ※企画展は入館料のみで観覧できます
●詳細:リニア・鉄道館公式HP

とっておきの25コース!『関西発日帰り 駅からはじまるハイキングブック』

健康にも気分転換にもよいハイキング。
なによりも、手軽に楽しめるのが魅力です。

 

交通新聞社発行の『関西発日帰り 駅からはじまるハイキングブック』は、かつてJR西日本の近畿エリアで開催されていた「駅からはじまるハイキング」全50コースのうち、特におすすめの25コースをまとめた1冊。
各コースについて、分かりやすいマップとコース沿いのスポットガイドやおみやげ案内を収録しています。
マップには、迷いやすい場所の拡大図や、行程のアップダウンが案内されていて安心です。

 

思い立ったら、気軽にスタート!
この本を片手に、あなた好みのハイキングをお楽しみください。

 

『関西発日帰り 駅からはじまるハイキングブック』
発売日:2018年3月30日
判型:A5変型判 112ページ
価格:540円(税込)
購入はこちら

「花換まつり」の後は敦賀赤レンガ倉庫へ!春の期間限定イベント開催!


福井県敦賀市の金ヶ崎城址の麓にある「金崎宮」は、境内にソメイヨシノが咲き誇る桜の名所として知られるほか、4月の中旬まで参拝者の間で桜の小枝を交換する「花換まつり」が行われます。「花換まつり」とは古くから桜を見に訪れた人々が「花換えましょう」と声をかけあい桜の小枝を交換し、良縁や福を願ったと伝えられるロマンチックなお祭りです。
 

その「金崎宮」からほど近い敦賀赤レンガ倉庫では、春の期間限定イベントとしてジオラマ館の館内に設置された「花換まつり」にまつわるクイズに答えるとプレゼントが貰えるほか、レストラン館では「春限定さくらソフト」など春限定の特別メニューが期間限定で登場します。また、「花換え小枝特典」として「花換まつり」で授かった小枝を提示した方にはジオラマ館の入館料が割引になり、レストラン館の各店舗ではお食事やお買い物をされる方に素敵な特典があります。

 

桜の季節に行われる「花換まつり」で福を願った後は、お得な特典がいっぱいの敦賀赤レンガ倉庫に、この機会にぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

 

~敦賀赤レンガ倉庫で春の期間限定イベント開催!~
●開催期間:平成30年4月1日(日)から4月30日(月・祝)まで
●時間:9時~22時(各店舗により異なります)
●場所:敦賀赤レンガ倉庫 ジオラマ館/レストラン館(福井県敦賀市金ケ崎町4番1号)
●問い合わせ:敦賀赤レンガ倉庫 TEL 0770-47-6612

新宿新南エリアの高層ビル街に、緑あふれる都市型屋外図書館が出現!


 
JR新宿駅新南改札外のSuicaのペンギン広場と新宿マインズタワー公開空地で、エコを取り入れた新しい都市の在り方を発信するイベント「新宿南GREEN LABYRINTH」が、3月30日から4月1日まで開催されます。
 
両会場には人工芝を使った本棚「ブックシェアスタンド」が登場。エコや環境関連の本が展示されます。また、Suicaのペンギン広場ではアコースティック楽器を用いた「ライブラリーエコステージ」を各日8回開催、クラシックやポップスなど親しみやすい音楽を届けます。
このほか、イベント期間中にブックシェアスタンドを撮影してSNSハッシュタグ投稿すると、新宿タカシマヤスウィーツクーポンがもらえる「SNS#投稿キャンペーン」や、読み終わった本を回収する「本でチャリティ」なども実施。
 
春風を感じながら、新宿新南エリアで本と音楽に親しんでみてはいかがでしょうか。
 
※スウィーツクーポンは先着順のため、無くなり次第配布終了となります。
 
●開催期間:3月30日(金)~4月1日(日)11:00~日没(19:00予定)
●場  所:Suicaのペンギン広場(JR新宿駅新南改札外)
新宿マインズタワー公開空地(都営大江戸線新宿駅A1出口直結)
●参加料金:無料
●公式HP:http://www.sesdhc.co.jp/green_labyrinth.html

大阪・梅田「青森・岩手えぇもんショップ」で『復興支援・春の大感謝祭』開催!


  
大阪・梅田のドージマ地下センターにある「青森・岩手えぇもんショップ」は、魅力満載の地「青森」と「岩手」の県産品を紹介するアンテナショップです。青森の清らかな水と大地で育ったりんごやにんにく、岩手・三陸の豊富な魚介類から上質なものを厳選した海宝漬など、関西の方々へ青森・岩手の「ほんもの」をお届けしています。
  
東日本大震災の発生から今年で丸7年となり、皆様からの暖かいご支援により復興は着実に進んでいます。そこで「青森・岩手えぇもんショップ」では、日頃の復興支援に感謝の気持ちを込めて、『復興支援・春の大感謝祭』を3月9日(金)から17日(土)までの9日間開催します。
大感謝祭期間中には、岩手県の被災地にあるメーカーの商品をはじめ、岩手県と青森県の新商品・イチオシ商品などを販売いたします。また、税込3,000円以上のお買い上げで関西地区(関西地区と送料が同額の地区を含む)への送料が無料(クール代別途)になるほか、期間中にお買い上げいただいたお客様に、3月末までご使用いただける10%割引クーポン(酒類を除く)を進呈いたします。
この機会に是非、青森・岩手の美味をお買い求めてはいかがでしょうか。
  
青森・岩手えぇもんショップ「復興支援 春の大感謝祭」開催
●開催日時:2018年3月9日(金)~17日(土)10時~20時
●場所:ドージマ地下センター(大阪市北区堂島1丁目堂島地下街6号)
     JR東西線「北新地駅」西改札、地下鉄「西梅田駅」南改札より徒歩2~3分程度
●連絡先:06-6346-0888
●公式Webサイト:http://www.eemonshop.jp/

日本橋タカシマヤで、滋賀の名産品イベント「第30回記念 琵琶湖夢街道 大近江展」開催!


  
ブランド牛「近江牛」をはじめ数々の名産品がある滋賀・びわ湖。そんな“近江の国”の厳選された逸品を堪能できる物産展「第30回記念 琵琶湖夢街道 大近江展」が、2018年3月7日(水)から12日(月)まで日本橋タカシマヤにて開催されます。

 

会場内を彩るのは、首都圏ではなかなか手に入らない「近江牛」や、「小鮎」「琵琶ます」などの琵琶湖でとれた湖魚を使った絶品メニュー。滋賀県が全国に誇る有名菓子から地元で愛されている銘菓まで、春を感じられる近江の和洋菓子も勢揃いします。伝統工芸品の販売や、良質の水でつくられたこだわりの地酒も見逃せません。

 

更に、彦根城の人気キャラクター「ひこにゃん」が登場するイベントや、滋賀県への旅行券や近江牛が当たる抽選会など、楽しい催しも行なわれます。

 

また、日本橋タカシマヤ館内レストランの一部店舗では、滋賀県と「大近江展」の連動企画として、「おいしが・うれしが」滋賀県食材レストランフェア in 日本橋タカシマヤ」を開催。2018年3月7日(水)から20日(火)まで、滋賀の美味しい食材を使用した期間限定メニューを楽しむことができます。

 

滋賀県の珠玉の逸品が東京に集う“夢街道”へ、足を運んでみてはいかがでしょうか。
  
第30回 琵琶湖夢街道 大近江展

●日時:2018年3月7日(水)~12日(月)10:30~19:30 ※最終日は18:00閉場

●会場:日本橋高島屋 8階催会場
●問い合わせ:公益社団法人びわこビジターズビューロー TEL:077-511-1531

●詳細:公益社団法人びわこビジターズビューロー Webサイト
  
おいしが・うれしが滋賀食材フェアin日本橋タカシマヤ

●期間:2018年3月7日(水)~20日(火)

●会場:日本橋高島屋 8階・地下2階一部飲食店

 

広島県東広島市「春の西条 醸華町まつり」開催!

  JR広島駅から約35分のJR西条駅から徒歩すぐ、酒都(しゅと)・西条の酒蔵通りを舞台に開催される「春の西条 醸華町まつり」。スタンプラリーやガイドの案内による酒蔵見学・酒蔵通り巡り(要予約)など、春のまち歩きを楽しめるおまつりです。
 
 「西条酒蔵通り」には徒歩圏内に、7つもの酒蔵が建ち並んでいます。この地では、龍王山からの良質な伏流水を古くから酒造りに活かしてきました。当日は歴史広場開園式や「醸華町まつりインスタフォトコンテスト」が開催されるなど、イベント盛りだくさん!普段とはちょっと違った西条酒の楽しみ方も見つけられそうです。
 
 また西条本町歴史広場には、ビアガーデンならぬ「酒がーでん」が出現!日本酒友協会が厳選した酒の友(肴)に、竹酒(熱燗・ひや)、酒カクテルなど、西条酒をいろいろな楽しみ方で満喫できます。「安芸津の焼き牡蠣」「おでん」「のん太のお灸うどん」などお酒の苦手な方に嬉しいメニューも。家族や友人と一緒に出かけてみてはいかがでしょうか。 
  
 新酒香るこの時期に「まち歩き」を楽しみながら、「西条酒蔵通り」を満喫しませんか?
 
~東広島市西条「春の西条 醸華町まつり」~
●日時:2018年3月3日(土) 10~16時(スタンプラリーの受付は、15時まで)
●会場:JR西条駅周辺(広島県東広島市西条)
●問合せ:西条酒蔵通り観光案内所 TEL.082-421-2511
●詳細:東広島市観光協会

鹿児島から墨田区に焼酎蔵がやってくる! 「すっじゃ! 地焼酎 in すみだ」


毎年3月、墨田区に鹿児島、喜界島、種子島、奄美大島、宮崎などから、小さな焼酎の蔵元が集まり、蔵人と交流しながら地焼酎を楽しむ、「すっじゃ! 地焼酎 in すみだ」。今年も3月4日(日)に開催されます!
 
 当日は、錦糸町駅南口の9店舗に1蔵元ずつ待機。参加者は受付で参加証である薩摩南蛮焼きの焼酎カップを受け取って、参加店舗へ足を運べば、それぞれの蔵元が自慢の焼酎とともに歓迎してくれます。各蔵元それぞれ5、6種の焼酎を用意しているので、全部制覇したらかなりの種類を楽しめます。つまみは、1皿300~500円で各店舗が用意。キャッシュオンスタイルです。
 
 東京にいながら鹿児島や奄美大島などの9の地焼酎と、錦糸町で人気のお店のおつまみが楽しめて、今年は薩摩南蛮焼きの焼酎カップ付き。非常にお得な焼酎イベントです。
 
 お酒好きな方、楽しく飲むのが好きな方! 3月4日は錦糸町に集合!
 
「すっじゃ! 地焼酎 in すみだ」開催
●開催日時2018年3月4日(日)12~16時(予定)
●参加費:3000円※薩摩南蛮焼きカップ、9蔵の試飲含む。つまみはキャッシュオン(1皿300~500円)となります
●定員:250名
●場所:錦糸町駅南口周辺の9店舗
●申込:かってに観光しよーかい

●問い合わせ:㈱東京アート印刷所 TEL:080-3692-2581
  

ホテルメトロポリタン仙台開業30周年記念第一弾プロジェクト 客室リニューアル エグゼクティブフロア 2018年2月16日(金)誕生

 

ホテルメトロポリタン仙台は、2018年7月11日(水)に開業30周年を迎えます。
ひとつの節目を迎えるにあたって、これまでの感謝をお伝えするとともに心新たにさらなる進化に挑むために、「NEW STORY,NEW HISTORY~新たな物語と歴史を創る~」をテーマとして19階・20階の客室リニューアルをはじめ、レストランやラウンジ、バーで提供する特別メニュー、宿泊プランなど開業記念特別企画を展開します。
この機会に、1ランク上のリニューアルを遂げるホテルメトロポリタン仙台へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

●問い合わせ:
ホテルホームページおよびお電話にて予約受付を開始しております。
ホテルメトロポリタン仙台
TEL 022-267-2246(ホテルメトロポリタン仙台 宿泊予約)

敦賀赤レンガ倉庫で敦賀観光PR映像『まったり敦賀浪漫』上映開始!


 
明治から昭和の初期にかけて、鉄道・航路を経由して大陸へと繋がる国際都市として繁栄した敦賀市。その繁栄を今に伝える港町敦賀のシンボル『敦賀赤レンガ倉庫』のジオラマ館には、全長約27m、最大奥行き約7.5mの大きさを誇る「ノスタルジオラマ」が展示され、古き良き時代の敦賀のまちなみを約80分の1スケールで精密に再現しています。ジオラマの背景に映し出される映像に連動して、ジオラマ内の列車や船が動くジオラマショーでは、敦賀の歴史を体感することができます。
 
このジオラマショーに続いて、2018年2月1日(木)から新たに敦賀市の観光を題材とした映像プログラムコンテンツ「まったり敦賀浪漫」の上映が開始されます。
新たな映像プログラムでは、敦賀赤レンガ倉庫から飛び出したキャラクター「レッド」と「ブルー」が、敦賀港や気比神宮に代表される敦賀市内の観光スポットを飛び回りながら、敦賀市の魅力を『今』と『昔』を交えながら面白おかしく紹介いたします。
また、映像の途中に敦賀市内の観光スポットにまつわる歴史や見どころを題材としたクイズが出題され、映像を見るだけでなく参加することで敦賀の魅力をさらに知ることができます。
 
古き良き国際都市敦賀のまちなみを再現したジオラマ館がさらに魅力的になった敦賀赤レンガ倉庫へ、この機会にぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。
 
~敦賀赤レンガ倉庫で敦賀観光PR映像『まったり敦賀浪漫』上映~
●上映開始日:平成30年2月1日(木) 9時30分より
※ジオラマショーの終了後に続けて上映(30分毎)
敦賀観光PR映像『まったり敦賀浪漫』の鑑賞には、ジオラマ館入館料がかかります。
●会場:敦賀赤レンガ倉庫 ジオラマ館(福井県敦賀市金ケ崎町4番1号)
●問い合わせ:敦賀赤レンガ倉庫 TEL 0770-47-6612

利根町ふるさと活性化委員会主催 「老神温泉びっくりひな飾り」


 
群馬県では、美肌の湯「老神温泉」を華麗なひな人形で彩るイベントを開催します。
 
幅18m、高さ3.8mの特設ひな壇に飾られた4500体以上のひな人形は、まさに“びっくり”インパクトのある光景です。
開催期間の前半は「こどものひな祭り」、後半は「女性(おとな)のひな祭り」をテーマにそれぞれ展示内容を入れ替えます。また、スペシャルウィークの「まるごとひな祭り」期間には、各旅館でのスイーツなどの特別おもてなしや入浴割引、名物の手打ちそばなど、盛りだくさんの内容で皆様をお迎えします。
 
また、市重要文化財の古民家「南郷の曲屋」や沼田名物のとんかつ提供店が軒を連ねる「上州沼田とんかつ街道」加盟店でも協賛イベントを開催します。会場には老神温泉の守り神の蛇にちなんで、「最も長い祭り用のヘビ」としてギネス世界記録に認定された108mの「大蛇みこし」の展示もあり、その迫力は圧巻です。
この機会に、群馬県沼田市利根町の老神温泉へ足を運んでみてはいかが。
 
「2018 老神温泉びっくりひな飾り」
●開催期間:
こどものひな飾り
平成30年2月17日(土)~3月8日(木)9:30~16:30
※3月9日~11日は展示入れ替えのため休館
女性(おとな)のひな飾り
平成30年3月12日(月)~4月1日(日)9:30~16:30
スペシャルウィーク「まるごとひな祭り」
2月25日(日)~3月4日(日)
●問い合わせ:
老神温泉観光協会(群馬県沼田市利根町老神607-1)
TEL 0278-56-3013

beyond the Tokyo.東京を越えるTOKYOへ。東京ミチテラス2017開催

ⓒ東京ミチテラス2017/画像はイメージ


 1日約44万人が利用する「東京駅」。周辺エリアの東京・丸の内は「歴史」と「未来」と「文化」が共存する、多様な側面をもつ街です。歴史、伝統、文化、学術、ビジネス、先進性がダイナミックに融合する唯一無二の街として、日本と東京を繋ぐ結節点として、また、世界と日本を繋ぐ結節点として、今日も進化を続けています。
 
 「東京ミチテラス」はそんな東京・丸の内エリアで、冬の風物詩となっているイルミネーション。未来を明るく照らしていこう(未知を照らす)という願いをこめ、開催されます。今年のコンセプトは「花とひかりのシンフォニー」、演出テーマは「Celebration!」。新丸の内ビルディング開業10周年、丸の内ビルディング開業15周年、東京国際フォーラム開館20周年と、東京駅丸の内駅前広場のグランドオープンを街全体で祝福し、平和への願い、未来への希望が発信されます。
 
 行幸(ぎょうこう)通りでは、花とひかりが一体となった複数のフラワーアートで構成されるフラワーガーデン、丸の内周辺エリアには、さまざまな彩りのビッグフラワーボックスが登場!思わず写真を撮り集めたくなるようなフォトジェニックな空間が広がります。
 
 1年に一度だけのひかりのイベント。特別な記念の年である今年、あなたも一緒に東京ミチテラスでお祝いしませんか?
 
東京ミチテラス2017
●開催期間:2017年12月24~28日 ※一部イベントは12月15日より開催中
●開催時間: 17時~21時頃(予定)
●会場:東京・丸の内エリア
●公式ホームページ:東京ミチテラス2017
※東京駅丸の内駅舎前での演出は行幸通りからの観覧となります。駅前広場ではご覧いただけません
※照明演出であり、プロジェクションマッピングではありません
※企画名称や内容は12月1日現在の案であり、変更となる場合があります

奈良のお寺と歴史を学ぶ「なら文化歴史塾」参加者募集!


 東大寺に法隆寺、春日大社、薬師寺、大安寺……。数多くの寺院が残る古都・奈良。その歴史は古く、710年に飛鳥の藤原京から奈良の平城京へ都が移されたのが始まりです。遷都から1300年以上たった今でも、奈良の美しい寺院を訪れる人はあとを絶えません。観光、居住、産品など72項目から、消費者が各地域に抱く「魅力」を数値化した「地域ブランド調査都道府県ランキング」でも上位に入る奈良は、今も昔も日本を代表する都といえるのではないでしょうか。
 
 そんな奈良の歴史を、さらに深く学ぶことのできる講座「なら文化歴史塾」が、東京・日本橋で開催されます。講師は、前・奈良国立博物館学芸部長、そして現・帝塚山大学教授の西山 厚(にしやま あつし)先生。「奈良のお寺には1300年の歴史がある。その長い時間の中に、関わった無数の人々の人生がある。奈良を旅することは、日本の歴史を旅することでもある。」と西山先生は語ります。
 
 奈良と仏教をメインテーマに、人物に焦点をあてながら、日本の歴史・思想・文学・美術を総合的に見つめ、生きた言葉で奈良の魅力を伝えます。今回の講座は西山先生のお話が東京で聞ける貴重な機会。募集人数は先着50名です!お早めにお申し込みください。
 
 あなたも歴史の旅に一緒にでかけませんか?
 
西山厚教授の「なら文化歴史塾」平成29年度 東京特別講座
●日時:2017年12月8日(金) 14時~15時30分、2018年1月26日(金) 14時~15時30分
※両日とも開場は13時30分
●定員:先着50名 
●参加費:一般7000円(2講座分)。各講座のみの場合は各4000円。奈良好き人クラブ会員6300円(2講座分)。各講座のみの場合は各3600円
●申込:参加者お一人につき1枚、専用のFAXで送付、あるいは必要事項メールで送付  -FAX:0742-33-7622 -MAIL:narasukibitoclub@gmail.com
●問い合わせ:奈良好き人のつどい(辰巳様) TEL.090-8448-8953 メールnarasukibitoclub@gmail.com

好評につき開催期間延長!大和ミュージアム第25回企画展「海底の戦艦大和」

海底に眠る艦首部の原寸大模型


 
 戦艦「大和」は1941年12月、海軍直轄の工場である呉海軍工廠(こうしょう)で建造された、世界最大といわれる戦艦です。当時の最先端技術が結集され、「不沈艦」と期待された「大和」ですが、1945年4月7日、沖縄特攻作戦に向かう途上、米艦載機の攻撃を受けて沈没。そのときの乗組員3056名が大和と運命をともにしました。
 
 JR呉駅から徒歩約5分の「大和ミュージアム」は、戦艦「大和」を通して、呉の歴史、技術、そして平和の大切さを1人でも多くの人に伝えることを目的として建設されました。
 
 開催中の「海底の戦艦大和」展では、鹿児島県枕崎市沖で海底約350メートルに沈んでいる戦艦「大和」の潜水調査成果を発表。約50時間の映像と約7000枚の写真を解説展示しています。
 
 潜水調査はこれまでに3回行なわれていますが、4回目にして初めて広島県呉市が実施。呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)学芸員が同行し、撮影が行なわれました。無人潜水探査機に搭載した高性能ハイビジョンカメラでの撮影により、従来に比べ鮮明な画像が得られた今回の調査は、未解明の部分が多く残されている戦艦「大和」の全貌解明に向けた大きな前進だったといいます。
 
 企画展は2017年11月27日まで開催の予定でしたが、好評につき2018年3月25日まで期間延長!戦艦「大和」についてさらに深く知ることのできるこの機会に、足を運んでみてはいかがでしょうか。
 
大和ミュージアム 第25回企画展「海底の戦艦大和」
●期間:~2018年3月25日(日)
●場所:大和ミュージアム1階 大和ホール
●料金:一般800円(400円)、高校生500円(300円)、小・中学生300円(200円)
※常設展と企画展のセット料金。()内は企画展のみの料金。
●詳細:大和ミュージアム ホームページ
●問い合わせ:呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム) TEL.0823-25-3017

観る、知る、触れる、鳥を楽しむ2日間!「ジャパンバードフェスティバル2017」開催

  かつてはトキやコウノトリが暮らしたといわれる千葉県の手賀沼(てがぬま)。その手賀沼がある我孫子(あびこ)市が会場となる「ジャパンバードフェスティバル2017」は、「人と鳥の共存をめざして」をテーマに、鳥を自然を愛する人たちが一堂に会する、年に一度のお祭りです。

 

 会場は市内の数カ所にわかれており、鳥のお絵かきやミニ工作、双眼鏡や超望遠撮影などの体験、手賀沼での船上バードウォッチング、抽選でプレゼントが当たるスタンプラリー、ひとつの木片から鳥を彫り出して彩色するバードカービングの作品展など、全国各地からさまざまなブースが出展します。さらに台湾、ネパール、マレーシアなど8カ国が自然や野鳥などの紹介展示を行ないます。

 

 なかでも1,000点以上の応募があった「全日本鳥フォトコンテスト」の作品展や、小・中・高校生が自然観察や研究の成果を発表する「環境学会」、鳥に関する学術的な講演会は毎年大好評で、多くの来場者で賑わいます。また、手賀沼親水広場ステージでは、鳥の絵を描く鳥絵ライブや歌・演奏のほか、鳥の声を当てるクイズなどイベントが盛りだくさん!

 

 会場となる手賀沼へはJR常磐線我孫子駅から、アビスタまで徒歩約10分。自然や鳥が好きな方も、お祭りを楽しみたい方も楽しめる2日間です!

 

国内最大級の鳥の祭典「ジャパンバードフェスティバル2017」開催
●開催日時:11月4日(土)9時30分〜16時、11月5日(日)9時30分〜15時
●会場:我孫子市生涯学習センター「アビスタ」、手賀沼親水広場、水の館、我孫子市鳥の博物館、オオバン広場(旧鳥の博広場、鳥の博物館駐車場奥)、山階鳥類研究所
●事務局:我孫子市役所 環境経済部手賀沼課 TEL.04-7185-1484
●HP:ジャパンバードフェスティバル2017公式サイト

敦賀赤レンガ倉庫「Thanks 2nd Anniversary」イベント開催!

 
 2015年10月にオープンし、開館2周年を迎える敦賀赤レンガ倉庫では、今週末(10月14・15日)の2日間、お客様への感謝の思いを込めて「Thanks 2nd Anniversary」と題したさまざまなイベントを開催します!
 
 イベント初日の14日には屋外のオープンガーデンにて、敦賀赤レンガ倉庫応援協力隊のダンスクリエーター・パフォーマーのぶらっくすわんや大道芸人ジョッキ・デ・コーラによる圧巻のパフォーマンスが披露されるほか、敦賀在住のミュージシャンDJ WATARUと実力派ラッパー新THEのコンビによるHIP HOPライブのコーナーも予定されています。
 
 また、ジオラマ館では全国各地のイベントで、大人気のまぼちゃん鉄道のNゲージ鉄道ジオラマによる運転体験を2日間とも終日開催!自分のNゲージ車輌を持ち込み、まぼちゃん鉄道のジオラマを走行させることもできます。さらに、レストラン館では店舗毎に特別企画として、スペシャルコースや特別メニュー、商品お買い上げの方にお菓子のプレゼントを用意しています。
 
 そして、同日開催の「観光物産 in みなと敦賀2017」とのコラボ企画として、モバイルスタンプラリーを開催!イベント当日に敦賀市内の4つのスタンプラリー会場でスタンプを集めると、素敵な景品が当たる抽選に参加できます。
 
 こどもから大人までワクワクするようなイベントが盛りだくさんのこの機会にぜひ、敦賀赤レンガ倉庫へ訪れてみてはいかがでしょうか。
 
~敦賀赤レンガ倉庫「Thanks 2nd Anniversary」イベント~
●開催日時:平成29年10月14日(土) 9時15分~13時30分/15日(日)10~16時
●会場:敦賀赤レンガ倉庫(福井県敦賀市金ケ崎町4番1号)
●問い合わせ:敦賀赤レンガ倉庫 TEL.0770-47-6612

SLファンは山口に集合!「全国SLサミットinやまぐち」開催(11月23日~)

 山口線では38年前から「貴婦人」の愛称で親しまれるC57形蒸気機関車がけん引するSL「やまぐち」号が走っています。煙を吐きながら力強く走るその姿に、誕生から80年以上たった今でもファンは多いです。
 
 今年9月、そのSL「やまぐち」号にSL全盛期の旧型車両を復刻した新製客車が登場!さらに「デゴイチ」の愛称で親しまれているD51形蒸気機関車が山口線に復活することになり、全国から注目が集まるこの機会に、全国で運転されているSLと、その沿線の魅力を発信するため11月に「全国SLサミット in やまぐち」が開催されます。
 
 初日の11月23日にはSL「やまぐち」号の蒸気機関車3台が勢ぞろいするやまぐちSLフェア2017、25・26日にはデゴイチ(D51形)復活運転記念イベント、26日にはC57形「貴婦人」とデゴイチによる、機関車を連結して列車を運転する重連運転などが行なわれます。
 
 とくに24日の「全国SLサミット記念式典」では、京都鉄道博物館の藤谷哲男(ふじたに てつお)副館長と、鉄道ファンの俳優・六角精児(ろかっく せいじ)氏や音楽ユニット・スギテツとのトークイベント「プレミアムトーク」が行なわれ、大会を盛り上げます。
 
維新の風が誘う。おもしろき国山口へ、SLの魅力を再発見しに行きませんか。
 
「全国SLサミット in やまぐち」開催
●主催:山口市、西日本旅客鉄道株式会社、山口線SL運行対策協議会
●日程:「やまぐちSLフェア2017」2017年11月23日10~15時(下関総合車両所新山口支所)                 
      「全国SLサミット記念式典」2017年11月24日17~21時(山口県健康づくりセンター)
      「D51復活運転記念イベント」2017年11月25・26日10~11時(JR新山口駅)
●申込み: 「全国SLサミット記念式典」は事前申込が必要。入場無料。定員800名(先着順)
※Eメール(slsummit@sage.ocn.ne.jp)宛てに、件名「全国SLサミット申込」、本文に代表者の氏名・年齢・性別・住所・電話番号・申込人数を記載して申込みください。
●問い合わせ:山口市観光交流課 TEL.083-934-2810

神戸三宮・さんちかにて「“魅力いっぱい”関東甲信越静6県の観光展」を開催します!


 
 関東甲信越静6県(茨城、群馬、新潟、山梨、長野、静岡)の大阪事務所で構成される在阪関東ブロック連絡協議会は、2017年9月8~9日に神戸市中央区の「さんちか夢広場」にて「“魅力いっぱい”関東甲信越静6県の観光展」を開催します。
 
 大阪に事務所を置く関東甲信越静6県が「神戸さんちか」に集合し、各県のブースにて観光パンフレットの配布やポスターの掲示を行ない、各県の見どころや穴場的な観光地、今秋に是非とも立ち寄りたい紅葉スポットなどを伝えます。会場には各県の人気ご当地ゆるキャラ達も登場し、来場されるお客様をもてなします。
 
 また、長野県のブースでは現在開催中の「信州デスティネーションキャンペーン」について、パンフレットやポスターによる情報発信のほか、長野県PRキャラクター「アルクマ」も駆けつけ、デスティネーションキャンペーンの情報や長野県の観光情報をお届けします。
 
 秋の魅力がいっぱいの関東甲信越静6県の旬な情報を探しに訪れてみてはいかがでしょうか。
 
「“魅力いっぱい”関東甲信越静6県の観光展」
●主催:在阪関東ブロック連絡協議会
●日時:平成29年9月8日(金)11~18時
            9月9日(土)10~17時
●場所:神戸三宮地下街「さんちか夢広場」(兵庫県神戸市中央区三宮町)
     JR三ノ宮駅、阪急・阪神・ポートライナー・神戸市営地下鉄三宮駅下車すぐ

大阪・千里中央にて「中四国9県観光物産展」を開催します!

 中四国9県の大阪事務所で構成される在阪中四国県事務所協議会では、2017年9月2日~3日に大阪府豊中市の「せんちゅうパル南広場」にて『中四国9県観光物産展』を開催いたします。
 
 大阪に事務所を置く中国四国地方9県(鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知)が一堂に集まり、各県のブースで自慢の特産品の販売を行います。2つ以上のブースでお買い物をしていただくと、9県の特産品が当たるガラポン抽選会にも参加できます。
  
 会場に設けられた特設ステージでは各県のゆるキャラ達が登場し、観光大使とともに中四国のみどころをたっぷりとご紹介いたします。
 
 また、山口県のブースでは2017年9月から始まる「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン」
に合わせて、地酒やかまぼこ、外郎など特産品販売のほかに、ステージにて山口県PR本部長を務めるゆるキャラ「ちょるる」と山口県観光フレンズによってデスティネーションキャンペーンの情報や山口県の旬な観光情報をお届けいたします。
 
週末は大阪・梅田からもアクセス良好な千里中央にて、中四国のみどころにたっぷり触れてみてはいかがでしょうか。
 
「中四国9県観光物産展」
●主催:在阪中四国県事務所協議会
●日時:平成29年9月2日(土)10時~18時
      平成29年9月3日(日)10時~17時30分
●場所:せんちゅうパル南広場(大阪府豊中市新千里東町1-3-149)
     北大阪急行電鉄「千里中央駅」または大阪モノレール「千里中央駅」下車すぐ
●詳細:山口県出展情報

1 2 3 4 5 6 9

このページのトップへ