トレたび JRグループ協力

2024.06.03鉄道東海道新幹線開業60周年 ~日本の発展と共に、60年間進化を続ける新幹線~

1964年の開業から実に60年! 注目のイベントや沿線の魅力が分かる企画も

1964年10月1日に、日本初の新幹線となる東海道新幹線が東京~新大阪駅間で開業。
2024年10月1日には、60周年の節目を迎えます。

60年の間、およそ68億人もの方が利用し、日本の経済・社会の発展と共に走り続けてきた東海道新幹線。
そんな新幹線の歴史や、今年だからこそ楽しみたいイベント情報を「トレたび」で発信していきます。

東海道新幹線開業60周年

2024年10月に開業60周年を迎えるにあたり、家族一緒に楽しめるイベントや新幹線沿線の魅力を発信する企画が用意されています。

東海道新幹線60周年ロゴマーク


『大ピンチずかん』などで知られる、絵本作家の鈴木のりたけ氏による作成。

東海道新幹線を利用する際に接する機会の多い乗務員とN700S車両を親しみのあるイメージで描くとともに、乗務員の敬礼のポーズから想起した 「60周年ポーズ」で、これまでの感謝とさらなる進化に向けた決意が表現されています。


東海道新幹線60周年特設サイトの開設

東海道新幹線60周年にあたってJR東海からの感謝のメッセージや、60周年を記念した様々な企画の詳細を順次お知らせしています。

>東海道新幹線60周年特設サイトはこちら

60周年の見どころ① 東海道新幹線沿線のまちの魅力を紹介!

東海道新幹線沿線の84の自治体の魅力がわかるような企画を実施。「都府県・市区町」の「章」を貼付した新幹線車両を期間限定で運行するほか、車内放送にて、章を貼付している自治体の観光地や特産品などを紹介予定です。

また、5月29日には、各自治体の観光地や特産品、イベントなど、様々な魅力を紹介するポータルサイト「新幹線をつなぐまち」も開設されました。


60周年の見どころ② 東海道新幹線開業60周年記念グッズも充実!


JR東海×SEIKOコラボレーション 限定腕時計

60周年を記念したグッズも数多く用意されています。

中でも注目なのが「JR東海×SEIKOコラボレーション 限定腕時計」。JR東海の乗務員用腕時計や懐中時計を製造してきた「SEIKO」とJR東海とコラボレーションしたオリジナル腕時計です。
乗務員用腕時計をモチーフとしたスタイリッシュなデザインで、0系新幹線の速度計をイメージした目盛など、随所にこだわりがちりばめられています。

このほかにも60周年を記念したグッズが用意されているので、鉄道用品等の販売サイト「JR東海鉄道俱楽部」をぜひ一度チェックしてみてください。


東海道新幹線60周年関連イベント・キャンペーン情報

JRニュース掲載のリリース情報から、「東海道新幹線60周年」に関するニュースをピックアップしてご紹介。

●東海道新幹線開業60周年 沿線自治体を紹介するポータルサイト「新幹線をつなぐまち」をオープンします!

東海道新幹線の沿線自治体の様々な魅力を紹介するポータルサイト「新幹線をつなぐまち」をオープン。このサイトでは、沿線の魅力や各地の特産品の情報を発信しています。
☆くわしくはこちら

●「かっぱえびせん」と「東海道新幹線」が60周年コラボレーション!限定新幹線EBI700Sデザインのパッケージになった『かっぱえびせん フレンチサラダ味』

「かっぱえびせん」発売60周年と「東海道新幹線」開業60周年を記念した特別なパッケージで販売! 2024年8月中旬からは、60周年にちなんで「60匹」のえびのステッカーが東海道新幹線の各駅に掲出されます。
☆コラボレーションの詳細はこちら

●東海道新幹線開業60周年記念 超電導リニア体験乗車などが当たる! 初夏のプレゼントキャンペーン&リニアお絵かき募集について

対象店舗でのプレゼントキャンペーンと子ども向けのお絵かき企画。「開業60周年」にちなんで、抽選でそれぞれ60組120名様(合計120組240名様)に時速 500km を体感いただける超電導リニア体験乗車などをプレゼント!
☆「初夏のプレゼントキャンペーン」応募締め切り:2024年6月3日(月) 21時00分まで
☆キャンペーンの応募方法やお絵描き企画など、くわしくはこちら

● JR東海MARKETの鉄道ファンクラブ「鉄活道」プレスタート! 「東海道新幹線開業60周年特設ページ」も同時オープン!

「 JR東海MARKET」では、鉄道を愛する皆様のための鉄道ファンクラブ「鉄活道(てつかつどう)」をプレスタート! グッズの先行販売やデザインを決める投票にも参加可能です。
☆グッズの詳細など、くわしくはこちら

東海道新幹線60周年の歩み

東海道新幹線60周年に至る長い歴史の中から、おもなトピックをご紹介します。

昭和(1926年~1989年)

1959(昭和34)年4月20日
東海道新幹線 起工式

1964(昭和39)年10月1日
東海道新幹線0系 東京・新大阪間開業
=10月10日~11月12日 東京オリンピック・パラリンピック=

1969(昭和44)年12月8日
「ひかり」16両編成化

1985(昭和60)年10月1日
100系「ひかり」運行開始

1987(昭和62)年 4月1日
国鉄分割・民営化、JR東海誕生

平成(1989年~2019年)

1992(平成 4)年 3月14日
300系「のぞみ」運行開始

1999(平成11)年3月13日
700系「のぞみ」運行開始

2003(平成15)年10月1日
東海道新幹線品川駅の開業、東海道新幹線の全列車が最高速度270km/h化

2007(平成19)年7月1日
700系に続く車両としてN700系が営業運転を開始

2013(平成26)年2月8日
N700Aの投入を開始

令和(2019年~)

2020(令和2)年3月14日
東海道新幹線の全列車をN700Aに統一・最高速度285km/h化

2020(令和2)年7月1日
N700系以来のフルモデルチェンジとなるN700Sの営業運転を開始

2024(令和6)年10月1日
東海道新幹線開業60周年

これからも東海道新幹線は走り続けます。


0系新幹線を振り返る ~東海道新幹線開業から60年、「夢の超特急」の初代車両~

1964(昭和39)年10月1日に東海道新幹線の初代新幹線車両としてデビューした「0系」。2008年11月30日に惜しまれつつも引退しましたが、今なお根強い人気を誇るこの車両の歴史を振り返ります。

>詳しくはこちら

トレたび公式SNS
  • X
  • Fasebook