トレたび JRグループ協力

2021.12.20旅行「伊勢路フリーきっぷ」でおトクな伊勢・鳥羽1泊2日の鉄道旅! JR全線完乗した蜂谷あす美がモデルコースを徹底解説

乗り放題だけじゃない! 使い勝手抜群の豪華特典つききっぷ

一度は行ってみたいお伊勢まいり。せっかくならお得きっぷを使い倒し、定番かつ憧れのスポットをリーズナブルに回ってみませんか?

今回は、お得な特典満載の「伊勢路フリーきっぷ」を使って、伊勢・鳥羽エリアを1泊2日でめぐる旅をご紹介します。

  • 新型コロナウイルス感染症の影響により、列車の運休や変更、施設の営業変更等が発生することがあります。JRニュースや運行会社、および各施設のHP等をご確認ください。

伊勢路フリーきっぷ:タクシーやお土産、飲食で使えるチケットが6,000円分ついてくる


伊勢路フリーきっぷは、快速「みえ」号の普通車自由席の往復と松阪駅~鳥羽駅乗り放題、それに豪華な特典が付いたお得きっぷです。
有効期間は3日間と設定されてはいますが、「特典」があまりにおいしすぎるため、「乗り鉄」に情熱を注がなくともすぐに元が取れる優れものです。

その「特典」の一つはエリア内でタクシーが利用できる「タクシー乗車引換券」で、なんとその額6,000円分。
名古屋市内発着の場合はきっぷ料金が7,620円なので、ほぼタクシー券で構成されていると言っても過言ではありません。
しかもこのうち2,000円分は、伊勢市内の「おかげ横丁」「伊勢河崎のまち」の協賛施設でも利用可能な「共通券」でできています。

今回の旅で、駅から少し離れている内宮(ないくう)まではタクシーの料金目安が片道およそ2,000円。
往復利用しても「共通券」部分が手元に残るので、これらを使って伊勢名物を食べ尽くす計画を立ててみました。
また、フリーエリア内の協賛施設では、きっぷを提示するだけで入館料が割引になる特典もフル活用しています。

なお、利用できるタクシー会社は指定されているので、ご注意ください!


伊勢路フリーきっぷ(JR東海)

 

発駅からフリー区間までの快速「みえ」号の普通車自由席往復、フリー区間内(松阪~鳥羽)の快速、普通列車の自由席乗り放題、6,000円分利用できる「タクシー乗車引換券」がセットになったきっぷです。タクシー乗車券のうち2,000円分の共通券は、「おかげ横丁」「伊勢河崎のまち」の協賛施設でも利用可能です。
1人用のほか2人用、3人用、4人用も発売されています。
※タクシー乗車券は利用人数にかかわらず1グループあたり6,000円分

料金
豊橋~豊川・二川9,190円、名古屋市内7,620円、岐阜~尾張一宮8,150円ほか(1人用)

利用期間
通年

有効期間
3日間

うりば
東海道本線(二川~近江長岡間)、飯田線、武豊線、高山本線(長森~飛騨古川間)、中央本線(金山~木曽福島間)、太多線、関西本線(八田、春田)の「きっぷうりば」がある駅、サポートつき指定席券売機設置駅、及び左記の各駅周辺の主な旅行会社の支店・営業所


「伊勢路フリーきっぷ」の詳細はこちら(JR東海HP)

それでは、さっそく「伊勢路フリーきっぷ」を使ったモデルコースをめぐってみましょう!

 

<1日目>ジュゴンに伊勢うどん、そしてお伊勢まいりスタート! 伊勢・鳥羽でしかできないこと満載


1日目
8:37発

名古屋駅 関西本線ほか 「快速みえ1号」鳥羽行に乗車

  • ポイント① 伊勢鉄道も通ります
10:38着

鳥羽駅

  • ポイント② 鳥羽水族館でジュゴンに会おう
12:42発

鳥羽駅 参宮線 伊勢市行に乗車

13:03着

伊勢市駅

  • ポイント③ 伊勢うどんに舌鼓!/ポイント④ 外宮(げくう)からお伊勢まいりスタート
  • 乗車日によっては発着時刻が異なる場合があります。事前にご確認の上、お出かけください。

ポイント① 特急のような快適さが自慢! 快速「みえ」


快速「みえ」 快速「みえ」

名古屋駅発の伊勢旅でお世話になる列車といえば快速「みえ」です。
列車は名古屋駅を発車後、関西本線に入ります。乗り鉄的視点でおもしろいのは、途中区間を第三セクターの伊勢鉄道でショートカットする点。
期せずして三セク乗り潰しの旅ができてしまうのです。

さらに先へと進み、紀勢本線を経たのちは参宮線へ。車窓に池の浦の静かな海を映しながら、終点の鳥羽駅に向かっていきます。
快速列車ながら、座席は一部を除いて転換式クロスシートを採用。進行方向に合わせて座席の向きが変えられる、車窓を楽しむのに適した座席です。旅情の高まりを感じながら、駅弁をいただくのにもうってつけ。
また、お手洗いが完備されているのも嬉しいところ。特急列車感覚で乗車できます。

ちなみに、「伊勢路フリーきっぷ」では発駅から松阪駅~鳥羽駅までの快速「みえ」自由席往復がセットになっていますが、別途料金を支払えば指定席が利用可能
観光シーズンなど、確実に座席を確保したいときにおすすめです。


快速「みえ」―指定席は何号車? トイレはどこに? 沿線の注目スポットまで徹底解説(THE列車)

ポイント②「鳥羽水族館」…日本でここだけ!ジュゴンに会える水族館


悠々と泳ぐジュゴン 悠々と泳ぐジュゴン

建物の全長約240メートル、通路の全長約1.5キロメートルと、室内型としては国内でも最大級の大きさを誇る鳥羽水族館。
サイズに比例してスケールも大きく、飼育種類はおよそ1,200種

館内は、生きものの種類や生息環境に合わせて「古代の海」や「伊勢志摩の海・日本の海」、「へんな生きもの研究所」など12のゾーンにわかれています。
さまざまな生きものたちのなかでも絶対お目にかかりたいのは、人魚伝説のモデルとなったとも言われるジュゴン。ジュゴンを日本で飼育しているのは、なんと鳥羽水族館だけなのです。

パフォーマンススタジアムで開催される人気のアシカショーをはじめ、セイウチふれあいタイムなど人気のショーも見逃せません。
生きものたちの躍動感あふれる姿は大人であっても惹きつけられるはず。


鳥羽水族館

住所 三重県鳥羽市鳥羽3-3-6
問い合わせ先 0599-25-2555
時間 9:00~17:00(7月20日~8月31日は8:30~17:30)、最終入館時刻は閉館1時間前
定休日 年中無休
交通アクセス JR鳥羽駅から徒歩10分
値段 大人2,500円、小中学生1,300円、3歳以上600円 ※「伊勢路フリーきっぷ」提示で入館料100円引き(幼児(3歳以上)は対象外)
URL https://www.aquarium.co.jp/

ポイント③「伊勢うどん つたや」…甘辛いたれともちもち麺が絶品


伊勢うどん 「伊勢うどん つたや」の「月見焼豚伊勢うどん」

伊勢うどんは、太く柔らかい麺たまり醤油ベースのタレをからめて食べる郷土料理です。
その歴史は古く、お伊勢まいりが盛んに行われた江戸時代には参拝客がいつでも食べられるよう、ゆで続けた麺にたまりをかけてすぐ食べられる店が登場したとされています。

今回訪れるのは、江戸時代に水運で発展し問屋街として栄えた「河崎」に位置する「伊勢うどん つたや」。
3種類のにぼしと2種類のかつお節、それに昆布と贅沢な材料をふんだんに使い薪のかまどで長時間煮たタレが、ふんわりもちもちした麺と絡まり、おいしさを引き立たせます。オリジナルの「月見焼豚伊勢うどん」もおすすめ。

お店のある一帯は問屋街だった頃の名残として、風情ある蔵が立ち並んでいます。食後には腹ごなしの散策もいかがでしょう。


伊勢うどん つたや

住所 三重県伊勢市河崎2丁目22-24
問い合わせ先 0596-28-3880
時間 11:00~17:00
定休日 日曜日
交通アクセス JR伊勢市駅から徒歩12分
値段 伊勢うどん600円(税込)、月見焼豚伊勢うどん850円(税込)ほか ※「伊勢路フリーきっぷ」の共通券利用可能

ポイント④ 外宮(豊受大神宮)…1日目のハイライト、「お伊勢まいり」へ


外宮 外宮

外宮、内宮の順番に参拝するのが「お伊勢まいり」の習わし。今回の旅では、初日に外宮、2日目に内宮におまいりします。

外宮は、正式名称を「豊受大神宮」といい、内宮にお祀りされている天照大御神の食事を司る神、豊受大御神をお祀りしています。
木々が茂ったおよそ90万平方メートルの神域には、正宮のほか3つの別宮、それに10の摂社などが位置しています。
表参道火除橋から神域に入り、手水舎で心身を清めたら、まずは豊受大御神がご鎮座する正宮におまいり。その後、別宮の参拝へと進みます。

伊勢市駅から外宮まで続くおよそ500メートルの参道には、定番のお土産からスイーツが楽しめるお店まで目白押し。参拝後はグルメやお買い物を楽しみましょう。    


豊受大神宮(外宮)

住所 三重県伊勢市豊川町279
問い合わせ先 0596-24-1111(神宮司庁)
時間 1~4月・9月/5:00~18:00、5~8月/5:00~19:00、10~12月/5:00~17:00
交通アクセス JR伊勢市駅から徒歩5分
URL https://www.isejingu.or.jp/about/geku/index.html

<2日目>内宮に参拝したのちは門前町で一休み! 復路は駅弁を堪能


2日目
9:00発

伊勢市駅 タクシーで内宮へ

9:15着

内宮

  • ポイント⑤ 内宮で凛とした心持に/ポイント⑥ 赤福本店で定番餅を楽しむ/ポイント⑦ おかげ座で神話を知ろう
14:30発

内宮 タクシーで伊勢市駅へ

14:45着

伊勢市駅

15:25発

伊勢市駅 参宮線ほか 「快速みえ18号」名古屋行に乗車

  • ポイント⑧ モー太郎弁当を五感で味わおう
17:07着

名古屋駅

  • 乗車日によっては発着時刻が異なる場合があります。事前にご確認の上、お出かけください。

ポイント⑤ 内宮(皇大神宮)…憧れのお伊勢まいり、クライマックス


内宮 内宮

外宮からおよそ5キロメートル離れた五十鈴川の川上に位置する内宮は、125社ある伊勢神宮の中心であり、最も尊いお宮です。
正式には皇大神宮といい、皇室の御祖神であり日本人の大御祖神である天照大御神をお祀りしています。

内宮参拝の入り口となる宇治橋は、日常の世界と神聖な世界を結ぶ架け橋とされています。
周囲には緑豊かな神路山・島路山が広がっています。山々が見せる四季の景観を楽しみながら渡りましょう。

正宮では、白絹の御幌が掛けられた外玉垣南御門でおまいり。
四重の御垣に囲われた一番奥には正殿が立ち、八咫鏡(やたのかがみ)をご神体として天照大御神がお祀りされています。

内宮の宮域には正宮に加えて、2つの別宮、10の所管社が位置しています。
木々に包まれたなかを歩き、順におまいりしていくと、自ずから凛とした心持になります。


皇大神宮(内宮)

住所 三重県伊勢市宇治館町1
問い合わせ先 0596-24-1111(神宮司庁)
時間 1~4月・9月/5:00~18:00、5~8月/5:00~19:00、10~12月/5:00~17:00
交通アクセス JR伊勢市駅バスまたはタクシー15分
URL https://www.isejingu.or.jp/about/naiku/

ポイント⑥ 赤福本店…本店で楽しむ、お伊勢まいりの定番甘味


赤福本店でいただける「盆 2個入り(番茶つき)」 赤福本店でいただける赤福餅「盆」2個入り(番茶つき)

伊勢名物といえば、1707(宝永4)年創業の老舗・赤福の「赤福餅」です。
柔らかいお餅に上品なこし餡をのせた餅菓子は、五十鈴川の清流を表現しています。

門前町にある本店の建物は1877(明治10)年に建てられたもので、切妻造の屋根に広い間口、そして正面に掲げた横書きの大きな看板「赤福」が特徴。
本店では、つくりたての赤福餅2個に番茶がセットになった「盆」をいただくことができます。
江戸時代から愛されてきた伝統の味わいを、畳敷きの店内でゆっくり堪能しましょう。


赤福本店

住所 三重県伊勢市宇治中之切町26
問い合わせ先 0596-22-7000(総合案内)
時間 5:00~17:00(繁忙期は変更あり)
定休日 なし
交通アクセス JR伊勢市駅からバスまたはタクシー約15分
値段 盆(赤福餅2個、番茶)230円(税込) ※「伊勢路フリーきっぷ」の共通券利用可能
URL https://www.akafuku.co.jp/

ポイント⑦ おかげ座 神話の館…日本神話の世界を映像と和紙人形で体感


おかげ座 神話の館 おかげ座 神話の館

内宮鳥居前の真ん中にある「おかげ横丁」は、特産品店や郷土料理店などおよそ50のお店が軒を連ねています。
そんなおかげ横丁でもランドマーク的存在といえるのが、日本神話の世界を立体展示と映像で体感できる「おかげ座 神話の館」です。

神話シアターでは、およそ15分のアニメーションを交えた美しい映像で、イザナギとイザナミによる「国生み」や、ヤマタノオロチを退治するスサノオノミコトの伝説などを紹介。
また、原初の森をイメージした「神話の森」では、日本神話の名場面が和紙人形作品で体感できます。


おかげ座 神話の館

住所 三重県伊勢市宇治中之切町52(おかげ横丁内)
問い合わせ先 0596-23-8844
時間 10:00~16:30(季節によって変更あり)
定休日 なし
交通アクセス JR伊勢市駅からバスまたはタクシー15分
値段 大人400円、小学生200円 ※「伊勢路フリーきっぷ」提示で入館料大人100円引き、小学生50円引き
URL https://okageyokocho.com/main/tenpo/okageza/

ポイント⑧ モー太郎弁当…インパクト抜群な駅弁を、列車のドア付近で購入


モー太郎弁当 モー太郎弁当

むかしの鉄道旅では長時間停車駅で駅弁を販売する「立ち売り」が定番でしたが、今もそれに近いスタイルを楽しめるのが松阪駅前に本店を構える「駅弁のあら竹」。
列車停車中、ドア付近で駅弁が購入できる「積み込み販売」を行っており、1959(昭和34)年の発売以来定番の「元祖特撰牛肉弁当」をはじめ黒毛和牛を贅沢に使用したお弁当で大人気のメーカーです。

そのなかでもとびっきり特徴的なのが“五感に響く駅弁”として2002年に発売された「モー太郎弁当」です。牛の形のパッケージを開けば、黒毛和牛のすき焼き肉がどっさり!
蓋の裏のセンサーが光を感知し、童謡「ふるさと」のメロディーが流れ出します。

積み込み販売の対象となる列車は特急「南紀」と快速「みえ」の2種類。1個から対応してもらえますが、要電話予約です。
また、短い停車時間にドア付近でお弁当、代金の授受を行うため、おつりがないように準備しておきましょう。


駅弁のあら竹

住所 三重県松阪市日野町729-3
問い合わせ先 0598-21-4350
時間 8:00~18:00(予約受付時間)
定休日 なし
交通アクセス JR松阪駅から徒歩3分(本店)
値段 モー太郎弁当1,500円(税込)、元祖特撰牛肉弁当1,500円(税込)
URL https://www.ekiben-aratake.com/

運賃・料金比較(参考)


料金比較

「伊勢路フリーきっぷ」なら、2,440円もおトクに!

  • 運賃・料金は1人分です。
  • 列車の通常料金はきっぷの運賃です。交通系ICカードを使用した場合は運賃が異なります。
  • タクシーの通常料金は参考です。ルート等によって異なります。
  • 今回のモデルルートで利用する路線の一例です。他の路線等を利用した場合や、乗り方によっては料金が異なります。

「伊勢路フリーきっぷ」の詳細はこちら(JR東海HP)

伊勢・鳥羽ならではの鉄道旅行体験、列車旅の面白さとは?

伊勢・鳥羽の旅、とりわけ快速「みえ」でめぐる旅での魅力は、冒頭でもご紹介したように伊勢鉄道を経由する点にあります。
もしお手元に路線図があれば見ていただきたいのですが、名古屋方面から伊勢・鳥羽にJR線だけで行こうとするとどうしても遠回りになるところ、河原田駅から津駅にかけて第三セクターに乗り入れることでショートカットを図っています。こうした運行経路は全国でも非常に珍しい存在です。

また、この界隈は車窓も見逃せません。宮川駅を発車したのち、参宮線の前身にあたる私鉄「参宮鉄道」時代に架けられた宮川橋梁を走っていきます。伊勢湾にそそぐ宮川の悠々とした流れは、架設された明治のころから変わらず「お伊勢まいり」に向かう多くの人たちを見守ってきたのでしょう。

そしてこの旅でクライマックスともいえるのは、松下駅から終点鳥羽駅にかけての区間。ここでは海上の築堤を走っていきます。
ほんのわずかなひとときですが、右を向いても左を向いても「海」という不思議な時間が楽しめます!


著者紹介

蜂谷あす美

旅の文筆家。福井県福井市出身。慶應義塾大学卒業後、出版社勤務を経て、現在に至る。「旅は再訪のための下見」をモットーに、2015年1月にJR全線完乗。鉄道と旅を中心としたエッセイや紀行文などを数多く執筆しているほか、ご当地牛乳にほれ込み牛乳の連載も経験あり。最近はラジオをはじめ、トークでも活躍。著書『女性のための鉄道旅行入門』『もっとお得にきっぷを買うアドバイス50』(ともに天夢人)

オフィシャルHP
Twitter

  • 写真協力:鳥羽水族館、伊勢うどん つたや、神宮司庁、株式会社赤福、株式会社伊勢福、駅弁のあら竹
  • 掲載されているデータは2021年12月現在のものです。変更となる場合がありますので、お出かけの際には事前にご確認ください。
トレたび公式SNS
  • twiiter
  • Fasebook