南伊豆フリー乗車券2019で行く伊豆の旅

南伊豆フリー乗車券2019で行く伊豆の絶景はしご旅家族向けプラン

家族に一生モノの思い出をくれる、絶景の宝箱・南伊豆の旅

美しいビーチが多く、夏の旅先として人気の高い南伊豆。「ただ、車の渋滞が心配……」と思っているパパママ、首都圏から南伊豆をお得に周遊できる南伊豆フリー乗車券で、のんびり鉄道旅はいかが? 車窓に海や伊豆七島を望む伊豆急行で向かった先には、霊峰富士を望む山や落差約30mを誇る名瀑、大海原を望む露天風呂などたくさんの絶景が待っています。壮大で美しい南伊豆の風景を家族で眺めれば、かけがえのない思い出になるはず。

この記事の目次

1日目 富士山とハート形の洞窟にワクワク、下田の味覚でマンプク

旅程

●2019年7月某日 東京から静岡・伊豆方面へ向かう

東京駅(7:30発)→伊豆高原駅(9:33着)踊り子101号・伊豆急下田行き(特急券は別料金)
伊豆高原駅(9:45発)→シャボテン公園(10:05着)東海バス・シャボテン公園行き(別料金)
・大室山で日本一の秀峰や相模湾を一望
シャボテン公園(11:13発)→伊豆高原駅(11:30着)東海バス・伊豆高原駅行き(別料金)
・伊豆のご当地グルメ駅弁(金目鯛の塩焼き弁当や、金目鯛の押しずしなど)を購入
伊豆高原駅(11:40発)→伊豆急下田駅(12:12着)スーパービュー踊り子3号・伊豆急下田行き(特急券は別料金)
・下田南豆製氷所で話題の下田スイーツ・かき氷で爽やかに
伊豆急下田駅(13:35発)→龍宮窟(13:52着)東海バス・田牛行き
・神秘的な洞窟、龍宮窟で夏らしく海を絡めて撮影したい
龍宮窟(16:07発)→伊豆急下田駅(16:24着)東海バス・下田駅行き
・宿は、下田大和館でオーシャンビューの極楽温泉と地元料理に舌鼓

※乗車日によっては発着時刻が異なる場合があります。事前にご確認の上、お出かけください。

スポット1:<大室山>リフトでサクッと上がって日本一の秀峰や相模湾を一望

大室山

お椀を伏せたような山容や山肌を覆うカヤの緑が美しい大室山。標高580mを誇りますが、大室山登山リフトを使えば、すぐに山頂へ! 好天時は頂上から富士山や天城連山を一望できます。伊豆高原駅に戻ったら改札口横のお弁当のPOPOで金目鯛の塩焼き弁当1130円などを駅弁に購入しましょう。

大室山 インフォメーション

TEL
0557-51-0258(大室山登山リフト)
時間
大室山登山リフト9:00~17:15(季節により変動)
休み
荒天・点検時休み
料金
リフト往復券500円
住所
静岡県伊東市
アクセス
JR伊東線伊東駅から伊豆急行線伊豆高原駅下車、バス20分のシャボテン公園下車すぐ

詳細はこちら

下田スイーツ:<下田南豆製氷所>地元の甘夏を使った果肉感たっぷりのソースが爽やか!

下田南豆製氷所

この地にあった製氷所の名を受け継ぎ、今春オープンしたかき氷屋さん。甘夏ミルク&レミヨエスプーマ900円(税込)は、下田産甘夏本来の甘さとほろ苦さを活かした甘夏ソースがたっぷり。上には食感軽やかなレミヨ(レモン・ミルク・ヨーグルトの略)エスプーマが乗り、子どものテンションもUP!

下田南豆製氷所 インフォメーション

時間
11:00頃~17:00頃(季節により変動)
休み
火曜
住所
静岡県下田市1-6-18
アクセス
JR伊東線伊東駅から伊豆急下田駅下車、徒歩3分

詳細はこちら

スポット2:<龍宮窟>波の浸食がもたらした幻想的な洞窟で、久しぶりに家族愛を叫ぶ

龍宮窟

龍宮窟は波の浸食作用によってできた洞窟で、下から見上げると直径50mほどの天窓から空を見上げることができ、幻想的です。逆に、上の遊歩道から洞窟を見下ろすとハート形の地形が! ここで久々に家族愛を叫んでみては?

龍宮窟 インフォメーション

TEL
0558-22-1531(下田市観光協会)
時間
見学自由
休み
無休
住所
静岡県下田市田牛
アクセス
JR伊東線伊東駅から伊豆急行線伊豆急下田駅下車、バス20分の龍宮窟下車すぐ

詳細はこちら

宿泊先は<下田大和館>海を眺めての極楽温泉と海の幸三昧に心とろける

下田大和館

白砂輝く多々戸浜のそばに建ち、全室オーシャンビューの温泉宿。和風山頂露天風呂「雲母(きらら)」をはじめ風呂からの展望も素晴らしく、大海原を眺めながらの湯あみは極楽のひとこと。夜は金目鯛など地元の魚介が彩る海鮮炭火会席や磯会席を堪能。7月中旬~下旬に改装予定のダイニングルームでは、一部の席から海を眺めての食事も楽しめるように!

下田大和館 インフォメーション

TEL
0558-22-1000
料金
1泊2食(大人2名利用の1人あたり)10000円(税込)~
住所
静岡県下田市吉佐美2048
アクセス
JR伊東線伊東駅から伊豆急行線伊豆急下田駅下車、無料送迎バスで5分

詳細はこちら

2日目 動物とのふれあいや空中散歩で夏の思い出を刻む

旅程

宿泊先→伊豆急下田駅(9:35頃着)
伊豆急下田駅(9:40発)→海中水族館(9:50頃着)東海バス・海中水族館行き
・下田海中水族館でドルフィンビーチ体験
海中水族館→(伊豆急下田駅)下田ロープウェイ(12:00頃着)
・2019年夏、下田ロープウェイリニューアル、山頂レストラン開業!
下田ロープウェイ→伊豆急下田駅(13:50発)→河津駅(14:09着)伊豆急行・熱海行き
河津駅(14:17発)→大滝入口(14:39着)東海バス・修善寺駅行き
・河津七滝中、最大の高さを誇る大滝で雄大な自然を感じる
大滝入口(16:14発)→河津駅(16:34着)東海バス・河津駅行き
河津駅(17:16発)→伊豆北川駅(17:34着)伊豆急行・伊東行き
・大海原を望む絶景露天風呂! 黒根岩風呂で旅の疲れを癒やして帰路に就く

※乗車日によっては発着時刻が異なる場合があります。事前にご確認の上、お出かけください。

スポット1:<下田ドルフィンビーチ>愛嬌いっぱいのイルカとのふれあいが、親子の忘れられない思い出に

下田ドルフィンビーチ

下田海中水族館の敷地内でバンドウイルカとふれあえる体験プラン。天然の入り江で自由に泳ぐイルカたちを間近に観察できるので、イルカの大きさ、泳ぐ速さなどをより強く実感できます。足の着く波打ち際での体験なので、6~9月の水着で参加できる期間は小さな子どもも参加OK!(小学4年生以下は要保護者同伴)

下田ドルフィンビーチ インフォメーション

TEL
0558-27-2770
時間
夏季は10:00~・14:00~
(各1時間ほど。7月18~22日は10:00~のみ。8月2~5日は10:00~・17:00~)
休み
12月中旬休み
料金
1500円(水族館入館料別)
住所
静岡県下田市3-22-31
アクセス
JR伊東線伊東駅から伊豆急行線伊豆急下田駅下車、バス10分の海中水族館下車すぐ

詳細はこちら

スポット2:<下田ロープウェイ>あの水戸岡デザインのロープウェイに乗れば、子鉄の我が子も大満足

下田ロープウェイ

下田ロープウェイのゴンドラがリニューアルし、寝姿山山頂に新たなレストランが誕生します。手掛けたのは、横浜駅と伊豆急下田駅を結ぶ豪華観光列車のTHE ROYAL EXPRESSをデザインした水戸岡鋭治氏。7月末頃まで工事中ですが、今夏中には生まれ変わったゴンドラで山頂へ上れる予定!

下田ロープウェイ インフォメーション

TEL
0558-22-1211
時間
8:45~16:45(季節により変動)
休み
荒天時休み(7月末頃までリニューアル工事中で運休予定)
住所
静岡県下田市東本郷1-3−2
アクセス
JR伊東線伊東駅から伊豆急下田駅下車、徒歩1分

詳細はこちら

スポット3:<河津大滝>ゴウゴウと流れ落ちる瀑布を眺め、目から涼をとる

河津大滝

全長850mの遊歩道沿いに点在する河津七滝。中でも一番の迫力を誇るのが、落差約30m・幅約7mの河津大滝です。垂直に立ち上がる玄武岩の壁から流れ落ち、舞い上がる飛沫やエメラルドグリーンの滝つぼを滝見台から眺めれば、気分が涼やかに!

河津大滝 インフォメーション

TEL
0558-32-0290(河津町観光協会)
時間
遊歩道開放時間8:00~18:00(10月~5月は、8:00~17:00)
休み
無休
住所
静岡県賀茂郡河津町梨本363
アクセス
JR伊東線伊東駅から伊豆急行線河津駅下車、バス22分の大滝入口下車、徒歩5分

詳細はこちら

スポット4:<黒根岩風呂>あれに見えるは伊豆大島? 開放的な露天風呂で絶景旅を〆る

黒根岩風呂

堤防より海側にあり、ときに波しぶきがかかることもあるほど野趣あふれる日帰り温泉。快晴時は正面に伊豆大島がドーンと見え、空気が澄んでいれば三宅島の煙まで見えることも! 午前の部と13:00〜17:45は手前の岩風呂2つが男湯で奥の丸い湯船が女湯、18:00以降は男湯と女湯が入れ替わります。

黒根岩風呂 インフォメーション

TEL
0557-23-3997(北川温泉観光協会)
時間
6:30〜9:30・13:00〜21:00(17:45〜18:00は男女入替え準備で入浴不可)
休み
荒天時休み(2019年7月中旬までは、土・日曜のみ営業予定)
料金
600円(北川温泉各宿の宿泊者は無料)
住所
静岡県賀茂郡東伊豆町北川
交通
JR伊東線伊東駅から伊豆急行線伊豆北川駅下車、徒歩14分

詳細はこちら

JRのおトクなきっぷ「南伊豆フリー乗車券」

都内や横浜市内など首都圏から南伊豆を往復・周遊するのに便利なきっぷ。
指定のフリーエリア内は、伊豆急行線の普通列車と東海バスが乗り降り自由になるので現地の観光スポットを巡るのに便利。
フリーエリアまでの往復は、基本的に普通列車(快速含む)の利用となるが、特急券を買い足せば、踊り子号などの特急も利用OK!

南伊豆フリー乗車券マップ

「南伊豆フリー乗車券」発売・有効・利用期間

発売期間:2019年9月30日まで
(利用開始日前日までの発売)
有効期間:連続する2日間
利用期間:2019年10月31日まで

詳細はこちら

著者

鈴木健太

交通新聞社「旅の手帖」、舵社「カヌーワールド」などで連載を執筆する、旅・アウトドアライター。登山とカヤック、お酒が大好物で、旅先・出張先での酒場めぐりに余念がない。重度な飲み鉄でもあり、新幹線飲みでの相棒はマカデミアナッツ&さくさくチーズ!

このページのトップへ