トレたび JRグループ協力

2022.07.01鉄道岡山で乗りたいユニーク列車7選! SAKU美SAKU楽やラ・マル・ド・ボァなど注目の列車たちを紹介

新しい観光列車から路面電車まで

岡山駅から東西南北に路線が伸びている岡山の鉄道。近年では多くの路線で観光列車が人気を集め、さらに鉄道を深掘りする資料館や廃線跡を活用したスポットなども登場している。

奇しくも2022年は日本で鉄道が開業してから150年、そして山陽新幹線岡山開業から50年の年。この節目の年に岡山の魅力をさらに楽しむ鉄道の旅へ出かけよう。

SAKU美SAKU楽(さくびさくら)

美作三湯(みまさかさんとう)へ行くなら


車体には風に運ばれた四季折々の花びらをデザイン(イメージ)

2022年7月、JR津山線にデビューする観光列車。県北部に桜の名所が多いことにちなんだ、華やかなピンクがベースデザインの車両を使用。車内アテンダントが沿線案内などを行ない、旅の気分を盛り上げる。岡山の食材を活用したオリジナル弁当やスイーツ、沿線にある建部町のおみやげ品がプレゼントされる。


車内は県北の山や森をイメージし緑とブラウンを基調としている(イメージ)


列車情報

運転日 金・土・日・月曜(金・土・日曜は臨時列車1両編成で運転、月曜は定期列車に連結して運転)
運転区間 岡山駅~津山駅
運転時刻 【金・土・日曜】
岡山駅発9:47・13:05、津山駅発1:52、16:21

【月曜】
岡山駅発9:47・13:05、津山駅発11:40、15:53

SAKU美SAKU楽の詳細はこちら

ノスタルジー

懐かしい国鉄カラーを再現

キハ40・47系を改造し、国鉄時代の懐かしいカラーリングを復刻。車内も当時の内容を再現している。通常は普通列車や快速列車としてJR津山線を中心に運転されるほか、イベント向けの臨時列車としても使用されている。

La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)

せとうちを走るアートな観光列車


宇野方面、日生方面を含め4方面に運行

2016年に運転を開始した観光列車。「La Malle de Bois」とはフランス語で木製の旅行カバンの意味。瀬戸内国際芸術祭総合ディレクターでもある北川フラム氏がデザイン監修した車体は、列車名のとおりに旅行カバンをイメージしたデザイン。車内では岡山ばら寿司やスイーツ、バッグ、マスキングテープなどが販売される。


車内にはアート作品を展示

ラ・マル せとうち、ラ・マル しまなみ(一部区間)では「サイクルスペース」も利用できる


La Malle de Boisの詳細はこちら

SETOUCHI TRAIN

キュートなラッピング列車

岡山県内を中心に運行される115系電車の車体を、デザイナー鈴木マサル氏が制作した、瀬戸内と島々が織り成す多島美をあしらったデザインにラッピング。車内では沿線の物産品の情報などを発信。通常は普通列車としてJR山陽本線や赤穂線など岡山・備後エリアで運行されている。


おか鉄フェス 2022

懐かしの急行列車のリバイバル運行、普段は岡山で見ることのできない車両での特別列車の運行など、岡山デスティネーションキャンペーン期間中にさまざまな企画が展開される。

記念きっぷ企画や車両所などでのレアな体験・見学イベントも。この機会に鉄旅の魅力を再発見してみよう!


おか鉄フェス 2022の詳細はこちら

井原鉄道

スタートレインやアート列車に注目


美しい星空の魅力を広く発信する「スタートレイン」

総社駅起点とし、旧山陽道の宿場町・矢掛町、星空とデニムの町・井原市などを通り、広島県福山市の神辺駅とを結ぶ。近年は「スタートレイン」「アート列車」などが登場し、人気を集めている。「スタートレイン」は岡山の美しい星空のイメージを車内外でアピールし、「アート列車」は倉敷の大原美術館とコラボし、所蔵作品を車内外にラッピングしている。


「アート列車」の車体は額縁をイメージした金色


列車情報

運転日 一般車両と同様に運転(運転日・時刻はホームページ・SNSで案内)
運転区間 総社駅~神辺駅

岡山電気軌道

岡山市中心部を走る路面電車

岡山駅前を起点に2路線を運行しており、岡山後楽園や岡山城へのアクセスにも便利。運賃は100円区間と140円区間があり、全国の主要交通系ICカードが利用できるほか、お得な1日乗車券400円もある。大人気の「チャギントン電車」の予約乗車券はローソンチケットで販売。

水島臨海鉄道

懐かしの車両が倉敷を走る


国鉄時代の車体色を再現したキハ37系

JR倉敷駅に隣接した倉敷市駅と水島臨海工業地帯を結び、通勤通学の足となるほか、貨物輸送も行なっている。2021年には国鉄時代に製造された車両を、クラウドファンディングなどで資金を集めリニューアル。平日に一般列車として運転するほか、イベントの開催やグッズ販売も行なうなど、鉄道ファンや地域の人々に注目されている。


列車情報

運転日 平日(時刻はホームページで案内)
運転区間 倉敷市駅~水島駅・三菱自工前駅

【鉄道開業150年&山陽新幹線岡山開業50周年】2022年はメモリアルイヤー

鉄道開業150年


872(明治5)年10月14日に、日本初の鉄道が新橋・横浜間に開業。
2022年10月14日、鉄道開業150年を迎える。

単なる移動手段にとどまらず、人々の夢や希望も乗せて走り続ける鉄道。
2008年10月14日に、鉄道の魅力をひろく伝えするために生まれた「トレたび」では、鉄道開業150年を記念して、さまざまな情報を発信中!


特集ページはこちら

山陽新幹線 岡山開業50周年

1972(昭和47)年に「ひかりは西へ」のキャッチフレーズとともに山陽新幹線が新大阪駅から岡山駅間で開業してから50年。岡山を中心に記念キャンペーンが開催されている。


特集ページはこちら


トレたび公式SNS
  • twiiter
  • Fasebook