トレたび編集部が自信を持って紹介するプレミアム鉄道旅行情報 トレたび★プレミアム

この路線で行こう!京都編 山陰本線の旅 個性的な観光スポットが点在。途中下車して巡りたい山陰本線で行く京都の旅

山陰本線は、京都駅から日本海側を経由し、山口県下関市の幡生(はたぶ)駅に至る路線。
総延長673.8キロメートル、全161駅で、JRの在来線では日本最長。
このうち京都府内の区間は京都駅~上夜久野駅の109.8キロメートル、32駅で、京都駅~園部駅間は嵯峨野線の愛称で呼ばれる。
沿線は二条城、京都鉄道博物館、東映太秦(うずまさ)映画村、渡月橋(とげつきょう)、保津川下りなど、京都を代表する観光スポットが点在する。
神社仏閣以外の個性的な観光スポットも多く、途中下車して巡りたいエリア。

  • 写真は保津峡駅

山陰本線(嵯峨野線)マップ

山陰本線(嵯峨野線) 路線図

山陰本線(嵯峨野線) 路線図

山陰本線(嵯峨野線) の287系

287系

2011年春から運転を開始した特急電車。京都駅~城崎温泉駅間を「特急きのさき」、新大阪駅~福知山駅・城崎温泉駅間を「特急こうのとり」、京都駅~東舞鶴駅間を舞鶴線経由で「特急まいづる」、京都駅~天橋立駅間を京都丹後鉄道経由で「特急はしだて」として運転。先頭車両は「サンダーバード」で高い評価を得たJR西日本の特急のデザインを踏襲するとともに、座席の足元スペースの拡大や女性専用トイレの設置など快適性を向上させた。

山陰本線おすすめイベント情報

京都・嵐山花灯路2019

京都・嵐山花灯路2019

期間:2019年12月13日~22日

灯りに浮かぶ幻想的な景観

嵯峨・嵐山地域では、2005年12月から始まった「灯り」をテーマにしたイベント。寺院や神社、歴史的な文化遺産や街並みなどを、日本情緒豊かな陰影のある露地行灯(ろじあんどん)の「灯り」と「花」により演出。渡月橋や竹林の小径のライトアップ、灯りと花の路、いけばなプロムナードなどが行われるほか、寺院や神社の夜間特別拝観もある。

詳しくはこちら

北野天満宮火之御子社鑽火祭

北野天満宮 火之御子社鑽火(きりび)祭

期間:2019年12月31日

新年の無病息災を願うおけら詣

全国に1万2000社以上ある天満宮の総本社。鑽火祭は摂社の火之御子社で行われる大晦日の伝統行事。火打石を使って新しい火を切り出し、この火を移した火縄(おけら火)を夜中から授与する。火を消さずに持ち帰り、元旦の食事の調理に使うと、その年が無病息災で過ごせると伝えられ、「天満宮のおけら詣」として知られる。

詳しくはこちら

「京の冬の旅」霊屋内陣特別公開

「京の冬の旅」霊屋内陣特別公開

期間:2020年1月10日~3月1日

秀吉の妻・ねねが眠る壮麗な霊屋

豊臣秀吉の正室、北政所(きたのまんどころ)ねねが秀吉の菩提を弔うために建てた高台寺。境内にある霊屋は秀吉とねねを祀り、霊屋の下にねねが眠る。今回の特別公開では、「高台寺蒔絵」と呼ばれる蒔絵を施した須弥壇(しゅみだん)や厨子(ずし)を外陣室中より間近で拝観でき、方丈ほかでは二人のゆかりの品も特別展示される。

詳しくはこちら

地図

バックナンバー

    2020年1月 北海道観光キャンペーン5連ポスター 詳しくはこちら »

    このページのトップへ