トレたび JRグループ協力

2018.04.01旅行栃木 日光エリアの見どころ【栃木デスティネーションキャンペーン2018】

日光エリア

日光は日光東照宮などの寺社が多く、日光駅前や日光街道沿いには古い街並みが残る門前町が広がり、湯波(ゆば)を使った「揚げゆばまんじゅう」で有名なさかえやなどグルメスポットも多い。栃木最大の湖である中禅寺湖や標高1400mの350種もの植物が自生する広大な湿原戦場ヶ原、奥日光三名瀑の一つ竜頭ノ滝など自然豊かなスポットも魅力。鬼怒川にはアクセスの良さと泉質の良さで人気のある鬼怒川温泉、東武ワールドスクウェアや鬼怒川ライン下りなど、アクテイビティースポットも充実。

さかえや


日光の土産といえばコレ! 湯波を使った名物まんじゅう

創業60年の土産店の看板メニューが「揚げゆばまんじゅう」。日光名産の湯波を衣に使ったまんじゅうはサクッとした軽い食感で、自然塩があんこの甘みを引き立てている。


さかえや

住所 日光市松原町10-1
問い合わせ先 0288・54・1528
時間 9時30分~18時
定休日 不定
交通アクセス JR日光線日光駅から徒歩3分
駐車場 なし
URL http://www.sakae-ya.com

日光杉並木街道


日光散策ならココ!

全長37㎞の道の両側に約1万3000本の杉の巨木が並ぶ。「世界一長い並木道」としてギネスブックに認定。


日光杉並木街道

住所 日光市瀬川地内(杉並木公園)ほか
問い合わせ先 0288・22・1525(日光市観光協会)
時間 入場自由
交通アクセス 東武日光線上今市駅からすぐ
駐車場 あり
URL http://www.nikko-kankou.org/spot/36/

戦場ヶ原


標高約1400mに広がる湿原 大自然に囲まれてハイキング

男体山と赤城山の神が争った“戦場”だったという神話が名称の由来。350種もの植物が自生する湿原と、木立に囲まれた道が続き、春〜秋には大自然を満喫するハイキングが楽しめる。


戦場ヶ原

住所 日光市中宮祠
問い合わせ先 0288・22・1525(日光市観光協会)
時間 入場自由
交通アクセス JR日光線日光駅からバス1時間10分の赤沼下車、徒歩10分
駐車場 あり
URL http://www.nikko-kankou.org/spot/10/

竜頭ノ滝


二又に勢いよく流れ落ちる 龍頭のように優美な奥日光三名瀑の一つ

華厳ノ滝、湯滝と並ぶ奥日光三名瀑の一つ。男体山の噴火によってできた溶岩の上を約210mにわたって流れ落ちた水が、滝つぼ近くで岩によって二分される。その様が龍の頭に似ていることから、この名が付いたといわれている。


竜頭ノ滝

住所 日光市中宮祠
問い合わせ先 0288・22・1525(日光市観光協会)
時間 入場自由
交通アクセス JR日光線日光駅からバス1時間の竜頭の滝下車すぐ
駐車場 あり
URL http://www.nikko-kankou.org/spot/6/

鬼怒川ライン下り


自然が造った渓谷美を スリルたっぷりに川下り

船頭の操る乗合船で鬼怒川の急流を下っていく。スリル満点で、奇岩・怪石を間近で見られ、夏は水しぶきに涼を感じ、秋は紅葉を満喫できる。


鬼怒川ライン下り

住所 日光市鬼怒川温泉大原1414
問い合わせ先 0288・77・0531
時間 9時~15時45分
定休日 11月下旬~4月中旬
交通アクセス 東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅から徒歩5分
駐車場 あり
値段 2800円
URL http://linekudari.com/

東武ワールドスクウェア


精巧に再現された建造物で世界旅行気分

世界建築博物館ともいえるテーマパーク。46の世界遺産を含め、21カ国、102点の建造物が縮尺25分の1のスケールで精巧に再現されている。6つのゾーンを回り、世界一周旅行の気分を味わおう。


東武ワールドスクウェア

住所 日光市鬼怒川温泉大原209-1
問い合わせ先 0288・77・1055
時間 9時~16時(冬期は9時30分~15時)
定休日 なし
交通アクセス 東武鬼怒川線東武ワールドスクウェア駅すぐ
駐車場 あり
値段 2800円
URL http://www.tobuws.co.jp

日光カステラ本舗本店


金箔入りカステラをお土産に

日光東照宮から徒歩8分の所にある菓子店。日光銘菓をはじめ、日光東照宮の豪華絢爛な陽明門をイメージした「金箔入日光カステラ」など、日光ならではの土産品を取りそろえている。


日光カステラ本舗本店

住所 日光市本町1-8
問い合わせ先 0288・53・6171
時間 9時~18時(12月~3月は~17時)
定休日 なし
交通アクセス JR日光線日光駅からバス10分の西参道入口下車、徒歩1分
駐車場 あり
URL http://honten.nikko-castella.jp

奥日光湯元温泉


湯ノ湖畔に硫黄泉が湧き出る

日光の奥座敷と呼ばれ、白濁の硫黄泉が湧く名湯。神経痛やリウマチに効能があるといわれている。温泉街には無料で利用できる足湯「あんよの湯」があり、気軽に楽しむことができる。


奥日光湯元温泉

住所 日光市湯元
問い合わせ先 0288・62・2570(奥日光湯元温泉旅館協同組合)
時間 施設により異なる
交通アクセス JR日光線日光駅からバス1時間10分の湯元温泉下車
駐車場 あり
URL http://www.nikkoyumoto.com

平家の里


平家落人の生活様式を体感

平家落人の生活様式を再現した民俗村。茅葺き屋根の民家には平清盛像などが展示され、平家の歴史を学べる。6月の「平家大祭」では、あでやかな姫の絵巻行列などが約2㎞の道のりを練り歩く。


平家の里

住所 日光市湯西川温泉1042
問い合わせ先 0288・98・0126
時間 8時30分~17時(12月~3月は9時~16時30分)
定休日 なし
交通アクセス 野岩鉄道湯西川温泉駅からバス20分の本家伴久旅館前下車、徒歩6分
駐車場 あり
値段 510円
URL http://www.heikenosato.com

江戸ワンダーランド日光江戸村


江戸時代にタイムスリップ!

広大な敷地に街道、宿場、商家街、忍者の里、武家屋敷など、江戸の町並みを再現。時代劇を見られる劇場や手裏剣道場などの体験施設があり、着物に着替えて園内を楽しむこともできる。


江戸ワンダーランド日光江戸村

住所 日光市柄倉470-2
問い合わせ先 0288・77・1777
時間 9時~17時
定休日 水曜
交通アクセス 東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅からバス22分の日光江戸村下車すぐ
駐車場 あり
値段 4700円(14時〜は4100円)
URL http://edowonderland.net
  • 掲載されているデータは2018年4月現在のものです。変更となる場合がありますので、お出かけの際には事前にご確認ください。
トレたび公式SNS
  • twiiter
  • Fasebook