『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

グルメ Archive

待っていました この季節!「かにカニ日帰りエクスプレス」

今冬で21回目を迎えるJR西日本の駅長おすすめ駅プラン「かにカニ日帰りエクスプレス」。のんびり列車旅と冬の味覚の王者“かに”が、日帰りでおトクに楽しめるとあって、毎年好評を博しています。今回、兵庫県北部の香美町のお宿で松葉がにをいただき、城崎温泉も楽しむプランを体験してきたのでご紹介します!

8:08 新大阪駅 出発

日本海をめざして特急「こうのとり1号」に乗車。山並みの車窓を眺めていると、城崎温泉駅のひとつ手前、玄武洞駅付近で円山川の向こうにそびえる奇岩・玄武洞が見えてきます。

城崎温泉駅で乗り換え

ホームに降り立てば、きりりと冷えた空気。11:09発香住行きの山陰本線普通列車に乗り換え揺られていると、竹野駅通過後、進行方向右側の車窓に日本海が。柴山駅一帯では風情ある柴山湾の景色も広がり、気分も上々です。

11:40 香住駅 到着

カニのオブジェが観光客を迎えてくれる香住駅。11月6日にカニ漁の解禁を迎え、町は活気に満ちています。3月までのカニシーズン、この町には全国からカニ好きが集うのです。

11:45分頃 「香りのお宿 庄屋」到着

香住駅から送迎車に乗って、約2分でお宿に到着です。
このプランでは内湯に入れるのがうれしい。いで湯はアルカリ性単純温泉です。おいしいカニをいただく前に、天然あまるべ温泉で身も心も解放的に。

お待ちかねの昼食は、王道のかに料理などがいただける「くつろぎプラン」と、但馬牛のすきやきなどもいただける「特別プラン」の2種類を。

ふたを開けた瞬間、食欲をそそる香りが漂い、思わず歓喜の声が上がったカニ陶板焼。
ホタテと白エビ(泥エビとも)の陶板酒蒸し。「香住では昔から白エビをよく食べます。甘エビよりも甘いですよ」とご主人の西本さん。地元以外にあまり流通しない絶品グルメに出合えるのは、旅の醍醐味です。
シメはやっぱりカニ雑炊。期待を上回る味に、思わず目を見張ります。
肉のやわらかさが感動ものの、但馬牛のすきやき。ほお張れば笑顔になること間違いなしです。シメはご主人おすすめのうどんすきで。
 
【香りのお宿 庄屋】
兵庫県美方郡香美町香住区香住1396
TEL 0796-36-3512

15:28 城崎温泉駅 到着後、温泉街散策

食事のあとは、14:44香住駅発の山陰本線快速で城崎温泉駅へ。城崎温泉は、奈良時代から耐えることなく続いてきた温泉文化が根付く名湯。志賀直哉など多くの文人墨客に愛されてきました。松葉がにも、その文化のひとつです。

駅を出ればすぐ風情ある町並みが続く城崎温泉街。円山川の支流である大谿(おおたに)川と柳が、情緒を醸します。
【大幸商店】
店内には松葉がにやセコガニ、白バイ貝、サザエ、菓子など、さまざまな品が並びます。かにカニ日帰りエクスプレスの特典を使用すれば10%OFF(飲食は5%OFF)に。
兵庫県豊岡市城崎町湯島130
TEL 0796-32-3684
【御所の湯】
2005年にリニューアルオープンした城崎温泉の外湯。城崎温泉には、ほかにも6つの外湯があります。
兵庫県豊岡市城崎町湯島
TEL 0796-32-2230
【木屋町小路 城崎ビネガー】
「ローズヒップ&りんご」や「ピンクグレープフルーツ」などの飲むお酢を中心に販売。テイクアウトのお酢ドリンクもあるので、“湯あがりビネガー”を片手にそぞろ歩きも。
兵庫県豊岡市城崎町湯島391
TEL 0796-32-0188
【城崎ジェラートカフェChaya】
季節限定のジェラートなどがいただける癒やしスポット。源泉に卵を浸けて自分で温泉卵をつくることもできます。とろとろの温泉卵は格別の味。近くには足湯もあります。
兵庫県豊岡市城崎町湯島857
TEL 0796-29-4858

20:44 新大阪駅 到着

温泉街散策のあとは17:41城崎温泉駅発の特急「こうのとり26号」に乗って、新大阪駅に戻ります。カニづくしの充実の1日を満喫!
 
2018年11月26日取材

【ほかにもいろいろなプランが。発売は3月18日(月)まで】
 
往復JRとかに料理がセットになったかにカニ日帰りエクスプレスは、上記プラン以外にも「城崎温泉・天橋立(但馬・丹後・若狭)」「北陸」「山陰」エリアの54施設の中から、選ぶことができます。大阪市内発着だけでなく、京都市内発着や神戸市内発着も。2名以上の利用で、3日前まで発売。
 
詳しくは:https://www.jr-odekake.net/plan/kanikani/

北海道の元気に会いに! 第30回北海道フェアin代々木

 

10月最初の週末、見逃せない食のイベントがあります。
「第30回北海道フェアin代々木~ザ・北海食道~」です!
国内最大級の屋外型北海道物産イベントで、約100ブース、全道40市町村が参加します。
新鮮な海の幸・ラーメン・ザンギなどなど、北海道のおいしいものが存分に楽しめますよ。
北海道で流行中の「シメパフェ」もぜひ体験ください♪

 

 

今回は30回目ということで、それを記念した「なまら絶品 限定グルメ」にも注目。
22のブースで、これまで提供されたことのないオリジナルメニューが、なんと300円で販売されます!
各日先着50名様限りなので、朝一番で向かうのがオススメ!!
お天気がちょっぴり心配ですが、一部のブースでは「雨の日割引」も用意しています♪

 

おいしく食べて、北海道を応援しましょう!

 

第30回北海道フェアin代々木~ザ・北海食道~
●期間:2018年10月5日(金)~8日(月・祝) 10:00~19:00(最終日は18:00まで)
●場所:代々木公園野外ステージ前イベント広場
●詳細はこちら→

色合い鮮やか!瀬戸大橋線開業30周年記念商品「オリーブうどん」

 

JR四国グループのめりけんやは、瀬戸大橋線の開業30周年を記念して、香川県産オリーブの葉を練り込んだ半生麺「オリーブうどん」を発売中です。

 

オリーブといえば、国内生産量のなんと95%以上を誇るのが香川県。

名産品であるオリーブの葉を、さぬきうどんに練り込むことで、香り豊かなうどんになりました。

 

実際に茹でてみると、そのきれいなグリーンの色合いにびっくり!
そして食せば、さすが本場のさぬきうどん。モチモチした食感とすっきりしたのど越しに、オリーブの香りが加わって、今の季節にぴったりです。

 

11月30日までの限定販売ですので、ぜひ一度お試しください!


 


(調理例)

めりけんや オリーブうどん
 
●麺240グラム、つゆ2人前付。432円(税込)。
●セブンイレブンkiosk高松銘品館、同坂出駅店、おみやげ処丸亀店などで販売。
●めりけんやHPでも購入可能。
http://www.merikenya.com/

このページのトップへ