『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

キャンペーン Archive

北陸新幹線開業までもう待てない! 「富山で休もう。」キャンペーンで、特別体験が楽しめる“大人の富山旅”へ

 立山黒部アルペンルート、世界遺産「五箇山合掌造り集落」、富山湾の海の幸・・・・・・。豊かな自然や食、文化など、都会では味わえない魅力が味わえる富山県。2015年春の北陸新幹線開業に向け、10月から12月に「北陸新幹線開業までもう待てない!『富山で休もう。』キャンペーン」が実施されます。
 
 キャンペーンのコンセプトは「富山で休もう。」。ゆっくりと休んでいただく富山をイメージして、富山ならではの体験企画やガイドツアーなどが、県内各地で実施されます。実施予定の体験企画&ガイドツアーは100以上。「宇奈月ほろ酔いはしごクーポン」、「魚津の競り見学と市場で朝食ツアー」、「鋳物工房『利三郎』での鋳物体験」など、ほかの地域では味わえない富山ならではのオリジナル企画に興味津々です。
 
 また、市町村と連携した特別体験プログラム「大人の遊び、33の富山の旅」も新たに造成。今秋には、「おわらの粋と艶を湛える八尾の街並みを電動自転車で散策」、「瑞龍寺と前田家の迫真の歴史物語を紐解く」など、この秋には17の体験プログラムが期間限定で実施され、来春には16のプログラムが追加されます。
 
 ほかにも、ペア宿泊券や特産品などのプレゼント企画、観光施設などでの割引特典、観光情報誌『ねまるちゃ』の創刊(9月中旬予定)など実施予定。北陸新幹線開業を前にして、早くも盛り上がりをみせています。秋から冬にかけては、天然の生け簀・富山湾から水揚げされる新鮮な海の幸が豊富に揃う時期。話題の「富山湾鮨」でそんな美味を味わってみるのもオススメです!!

続きを読む

北海道のおすすめグルメを合計400名様にプレゼント!「JCB×北海道キャンペーン」

 JCBでは「JCB×北海道キャンペーン2013-2014」を来年3月31日まで実施中。期間中、キャンペーン参加登録したJCBカードを北海道内で10,000円(税込)以上利用すると、抽選でJCBセレクト「北海道のおすすめグルメ カタログギフト」が当たります。
 
 カタログに掲載の賞品は、「北のハイグレード食品」「道産食品独自認証制度(きらりっぷ)認証食品」「北海道HACCP(ハサップ)自主衛生管理認証食品」という北海道ブランドを支える3つの制度の認定品の中から、JCBがセレクトしたもの。一例としては、日高山脈がもたらす清々しい空気と、豊かな水脈に恵まれた新得町で造られる共働学舎新得農場のチーズセットなど、食べてみたい!と思う商品が揃っています。
 
 抽選は3ヵ月ごとに計4回。各回100名様にプレゼントされ、一度参加登録すれば、それ以降は自動的に第4期までキャンペーンの対象となります。北海道の珠玉のグルメをご自宅で味わえるチャンス。旅行で、ビジネスで、北海道を訪問予定の方は、登録をお忘れなく!

続きを読む

新感覚のデジタルスタンプラリーに挑戦!! 「スマホを持ってみやぎの花を探しに行こう!!」

 “笑顔咲くたび 伊達な旅”をキャッチフレーズに、平成25年6月30日まで開催中の観光キャンペーン「仙台・宮城デスティネーションキャンペーン」。JR東日本仙台支社では、仙台・宮城DC開催を記念して、デジタルスタンプラリーキャンペーン「スマホを持ってみやぎの花を探しに行こう!!」を実施中です。
 
 スマートフォンを使って集める新感覚のスタンプラリー。宮城県内の主なJRの駅(39駅)に貼ってある専用ポスターにあるARマーカー(CyberCode)にスマホをかざして、県内で咲くさまざまな花(スタンプ)を集めると、集めたスタンプ数に応じて、抽選でプレゼントが当たります!
 
 また、スタンプを集めると県内各エリアに咲く「花」と「むすび丸」を施した「デジタルフォトフレーム」がスマホの画面内に表示。全部で12種類あるフォトフレームで記念写真の撮影も楽しめます。
 
 『トレたび』では、特集「2泊3日で!Spring has come! 花と湯と味と。伊達なトラベル」で宮城の旅の魅力をご紹介しています。こちらもぜひご覧ください!!

続きを読む

駿河湾フェリー「県道223号認定記念」 フェリー運賃最大50%OFFを5月7日スタート!!



 静岡県の清水港と土肥港を結び、海上から富士山の美しい眺望が楽しめる「駿河湾フェリー」。このフェリー航路が4月12日に「県道223(ふじさん)号」に認定されました。
 
 この県道認定を記念して、6月16日まで「西伊豆観光7施設『約22.3%割引』キャンペーン」を実施中。駿河湾フェリーの乗船券を提示すると、「らんの里堂ヶ島」や「黄金崎クリスタルパーク」などの観光施設の料金がそれぞれ約22.3%割引になるおトクなキャンペーンです。
 
 さらに、5月7日からは駿河湾フェリー運賃の大幅割引を実施。自動車航送料が平日50%OFF、土日祝20%OFFになるほか、旅客運賃が20%OFFになり大変おトクです。
 
 また、1枚のフリーきっぷで伊豆半島内を周遊いただけるフリーパスチケット「伊豆ドリームパス」も50%OFF!!
 
 世界文化遺産への登録を目指している富士山。便利でとってもお得な駿河湾フェリーを使って、日本平や三保の松原など風光明媚な静岡市、海上からの富士山の眺めと伊豆半島周遊を楽しむ旅に出かけてみませんか。

続きを読む

パパもママもキッズも楽しい&おいしい信州を満喫! 「スノーリゾート信州 滑ろう!遊ぼう!笑おう!」

 昨年、スキー伝来100周年を迎えた長野県では、この冬「スノーリゾート信州」を開催中。“Family Style”をテーマに、大人も子供もスノーライフが楽しめるイベントや企画を盛りだくさんで実施しています。
 ポイントは、「わくわく雪遊び」「楽しいレッスン」「おいしい食事」「上質なレンタル」の4つ。“Family Style”とはどんなものなのか、人気スキー場のひとつ「白馬五竜スキー場」を訪れてみました。
 白馬五竜スキー場では、この冬「五竜キッズワンダーランド」が新登場! 様々なソリ遊びや雪遊びなどが楽しめるとあって、キッズ連れのファミリーでいっぱい。プロのスタッフとともに安全に雪遊びが楽しめる「アドベンチャーKIDS(有料)」も人気で、白銀の世界には温かな笑顔と歓声があふれていました。
 ジュニアから大人までレンタルの品揃えも充実。サロモン社製ニューモデルが中心で、手ぶらスキーを満喫できます。
 また、長期滞在をするとどうしても宿の食事は似たようなメニューになってしまいがちです。そこで“食事はゲレンデで、宿泊は宿で”という「泊食分離」サービスを実施。ゲレンデ内の「エスカルプラザ」で、どんぶり、ラーメン、サンドウィッチなど毎日違ったメニューを楽しむことができます。
 隣接する「Hakuba47ウインタースポーツパーク」では「スノーラフティング」がおススメ! スノーモービルに引っ張られてラフティングを行なう人気のアトラクションで、スリルと爽快感が魅力です。
 両スキー場は共通のリフト券で行き来できるので、子供は白馬五竜スキー場の「キッズワンダーランド」で、大人はHakuba47ウインタースポーツパークのビールバーで楽しむといった“Family Style”も可能。まさに、大人も子供も楽しめるスノーリゾートです。
 長野県内には、「また来たい!」と思える上質なスキー場がいっぱいあります。スノーリゾート信州で、“滑ろう!遊ぼう!笑おう!”

 

楽しい企画が盛りだくさん! 「スノーリゾート信州 滑ろう!遊ぼう!笑おう!」
 ●詳細
  長野県スキー場情報総合ポータルサイト
  白馬五竜スキー場
  Hakuba47ウインタースポーツパーク
  白馬ライオンアドベンチャー(スノーラフティング)

~「日本一長い路線バス」で「日本一広い村」へ~ 十津川村×奈良交通 観光キャンペーン、1月31日から開催

 奈良交通「八木新宮特急バス」の開通50周年を記念して、1月31日(木)から2月12日(火)に、東京・日本橋の奈良県アンテナショップ「奈良まほろば館」で、「十津川村×奈良交通 観光キャンペーン」が開催されます。

 今年3月1日(金)に運行開始50周年を迎える「八木新宮特急バス」。停留所の数167。近鉄大和八木駅(奈良県)から“日本一大きな村”十津川村を経由し、新宮駅(和歌山県)までを約6時間30分で結ぶ“日本一長い路線バス”です。

 会場の奈良まほろば館1階では、八木新宮特急バス沿線の見どころを紹介するパネル展や十津川村の特産品を販売するほか、昨年9月から好評発売中の「168プレミアム乗車券」を特別販売。開通当時(昭和38年)の看板広告のデザインを復刻したバス型乗車券や特製DVDなどがセットになったお宝アイテムです。

 さらに、2月3日(日)には、同じく奈良まほろば館2階にて「笑いなしでは語れない!名物お笑いバス車掌がご案内する~日本一長い路線バス『八木新宮特急バス』と日本一広い村『十津川村』の今昔物語」と題した講演会(先着70名/事前申込制)が行なわれます。

 講師は、特急バス運行開始当初、車掌として乗務し、奈良交通勤続50年目の大ベテラン・ユンケル上條(上條正幸)氏。これまでの苦労話や現在の十津川村の魅力をユーモアたっぷりに紹介してくれるというから楽しみです。

 日本一スローなバス旅に、いま熱い注目が集まっています!

 

~「日本一長い路線バス」で「日本一広い村」へ~ 十津川村×奈良交通 観光キャンペーン
 ●期間 平成25年1月31日(木)~2月12日(火)
 ●場所 奈良まほろば館1階
 ●詳細 十津川村×奈良交通 観光キャンペーン

笑いなしでは語れない!名物お笑いバス車掌がご案内する~日本一長い路線バス「八木新宮特急バス」と日本一広い村「十津川村」の今昔物語
 ●期間 平成25年2月3日(日)14:00~15:30
 ●場所 奈良まほろば館2階
 ●詳細 奈良交通講演会

岡山・倉敷・吉備路の女子旅情報満載! 「イイこと発見!ハレルヤ旅」1月5日スタート

 「岡山・倉敷」観光推進協議会では、平成25年1月5日から冬の観光キャンペーン「イイこと発見!ハレルヤ旅」を開催します。
 趣味に向かってアクティブに活動する女性に、さまざまな切り口から観光地を紹介し、おもてなしをしようというこの取組み。キャンペーンパンフレットでは、「町並みさんぽ」「歴史さんぽ」「アートさんぽ」など、テーマごとにグルメやショッピングのオススメスポットなどが満載されており、さんぽに便利なエリアマップも掲載されています。
 また、巻末には割引やプレゼントのサービスが受けられる「ハレルヤクーポン」や「ハレルヤ旅プレゼントキャンペーン」の応募用紙もあり、アンケートに答えて応募すると、抽選で50名様に「ペア宿泊券」や地元特産品が入った「お楽しみ福袋」が当たります。
 さあ、今年の冬は“イイこと発見!”に、岡山・倉敷・吉備路へさんぽに出かけてみませんか。

続きを読む

クーポン券1,000円をプレゼント! 「岩手県 宮古に泊まってありがとうキャンペーン」実施中

 岩手県宮古市の宮古観光協会では、東日本大震災の復興支援に感謝を表して、「岩手県 宮古に泊まってありがとうキャンペーン」を実施中です。
 平成25年3月20日まで実施中のこのキャンペーン。宮古市内の協賛宿泊施設(10施設)に宿泊料金5,000円以上で宿泊すると、同じく市内の協賛施設(約40店舗)で利用できる1,000円分のクーポン券がもらえます。
 このクーポン券が使える施設は、三陸の新鮮な魚介類などが所狭しと並ぶ「宮古魚菜市場」や食事やお土産を購入できる「浄土ヶ浜レストハウス」など。道の駅やタクシーをはじめ、津波の被害から復興への歩みを続けている田老地区の共同仮設店舗22商店からなる「たろちゃんハウス」でも利用できます。善助屋食堂の「どんこ(白身魚)唐揚げ丼」は、売切れてしまうほどの人気グルメ。仮設店舗のお母さんたちは、観光客との交流を心待ちにしています。
 カキ、アワビ、鮭、タラ、毛ガニ・・・・・・。冬の宮古は美味なる魚介の宝箱のよう。旬のグルメを堪能したり、今年4月からはじまったばかりの「学ぶ防災」で東日本大震災による甚大な被害を受けた田老地区の現状を学んだり。おもてなしのまち・宮古に行って、復興支援してみませんか。

続きを読む

憧れの名宿でのランチ、マイ箸作り体験……。“癒しの里 ゆふ”で“風の食卓”を感じる旅へ

山紫水明の里、大分県湯布院。温泉リゾートとしても人気を集めているこの地では、7年前のNHK連続テレビ小説『風のハルカ』の放送をきっかけに、“風の食卓”をコンセプトにしたまちづくりを展開しています。
田畑からまっすぐ健康な食材を厨房ではなく「食卓」まで持ち込んで、そこで農家と料理人と接待人と客人が出会う。そんな「安全な食卓」を創り出したいとはじまった「風の食卓」運動。湯布院では、「食の見える風景」を保ちながら、「風景の見える食」を提供中です。
来年3月まで開催中の「おおいた豊(ゆたか)再発見キャンペーン」では、そんな湯布院の「豊な食」を体感できるプランが盛りだくさん。草庵秋桜「茶寮かすみ草」の豊後牛時雨煮膳、亀の井別荘山家料理「湯の岳庵」のうなぎ茶づけ膳、無量塔「不生庵」(むらたふしょうあん)の蕎麦会席など、グルメ垂涎のメニュー(1,000~3,000円)が提供されています。
また、マイ箸作りやはた織り体験、美術館めぐりなど、心豊かになるメニューもぜひ体験してみたいオススメメニューです。
幻想的な朝霧が美しいこれからの季節。由布の「風」を感じながら、「豊」な時間を過ごしてみませんか。

続きを読む

和歌山パンダガールズが銀座に出没! 「そろそろ和歌山に行ってみようキャンペーン」スタート!!

紀伊半島大水害から復興を果たした和歌山県。その復興御礼を兼ねた「そろそろ和歌山に行ってみようキャンペーン」を今年も実施、11月21日から首都圏で大規模イベントが多数開催されます。

キャンペーンイベントのスタートを飾るのは、「和歌山パンダガールズによる銀座でのキャンペーンバッグ配布」(11月22日11:00~18:00)。以降、「わかやま講座『和歌山健康セミナー 梅の力と熊野セラピー』」(11月22日14:00~16:10)、「ココ・カラ。和歌山フェスティバル~有楽町で和みましょう♪」(11月23~25日11:00~17:00)、「プレミア和歌山&特選グルメ販売 ~和歌山 味わい Selection~」(11月28日まで)、「ふるさと祭り東京2013 わかやま横丁(東京ドーム)」(1月12日~20日)など、多彩なイベントが行なわれます。

また、都内の主要エリアでは、12月11日までの毎日13:00~21:00に「和歌山広告トラック」を運行。和歌山を拠点に活躍を続けるJ-POPユニット「ウインズ」のキャンペーンテーマソング「和歌山LOVESONG2012」も放送しながら運行されるので、トラックを見かけたらぜひ耳を傾けてみてくださいね!

なお、キャンペーンサイトもリニューアル! イベントの告知やテーマソングの紹介、広告トラックの運行経路をはじめ、和歌山県内のゆるキャラを一堂に集めて紹介するコーナーもあるので、要チェックです!!

「そろそろ和歌山に行ってみようキャンペーン」スペシャルサイト

●実施期間 平成24年11月21日(水)~12月11日(火)
●詳細 『ほっと!和歌山県』 ~和歌山県広報リレーブログ~

割引あり! プレゼントあり! ふるまいあり!「和(なごみ)わかやま おもてなしキャンペーン」実施中!!

“県に訪れる観光客の皆様と、県民一人ひとりが「おもてなし」の気持ちをもって接する月間”として、「観光週間」を毎年定めている和歌山県。今年は11月3日~9日を観光週間として定め、その一環として、和歌山県内の159の協賛施設を訪れたお客様を「おもてなし」する「和(なごみ)」わかやま おもてなしキャンペーンが11月30日まで実施されています。

期間中に配布されているパンフレットには、「共通クーポン券」が15枚ついていて、協賛施設で利用すると、「割引」や「プレゼント」、「ふるまい」など、嬉しい特典が受けられるというもの。その数、180特典!!

特典の一部紹介すると、「おみやげ10%割引」や「宿泊料金10%割引」をはじめ、「手造りぞうり1足か特産ゆべしのいずれかプレゼント」、「梅まんじゅう1個とお茶のサービス」など、県内全域で多彩な“おもてなし”が用意されています。

キャンペーンパンフレットは、協賛施設や県内の観光協会・観光案内所などで配布されているほか、和歌山県観光連盟ホームページからもダウンロード可能なので、おトクで楽しい旅を楽しむなら要チェックです!!

また、「和みわかやま 宿泊得々キャンペーン」も同時開催中。来年3月31日までの期間中に和歌山県内のホテル・旅館・民宿・宿坊など(旅館業法に基づく営業許可を受けた施設)に宿泊すると、現金3万円やプレミア和歌山認定商品(2,000円相当)が抽選で500名様にプレゼントされます。

さあ、今度の休日は“おもてなし”いっぱいの和歌山県に出かけてみませんか。

●実施期間 平成24年11月1日(木)~11月30日(金)
●問合せ TEL 073-441-2775(和歌山県観光振興課)
●詳細 わかやま観光情報

 

清盛ゆかりの地をめぐって豪華賞品をゲット! 「第3回わくわく清盛ゴールドラリー」開催!(広島県)

平清盛ゆかりの地である広島、宮島、呉・音戸の瀬戸をめぐって豪華な賞品を当てるイベント「わくわく清盛ゴールドラリー」が11月3日(土・祝)より開催されます。
今回で3回目の開催となり、各地域の参加店で2000円以上の買い物や食事をしたり、宮島 平清盛館または平清盛 音戸の瀬戸ドラマ館に入館することでもらえる「ゴールド清盛シール」を3枚集めて応募するというもので、応募者には抽選でメイプルリーフ金貨(金賞)、ホテルのペア宿泊券(銀賞)、平清盛関連商品や広島県の特産品(清盛賞)が当たるというもの。応募方法などの詳細は、下記ウェブサイトにて確認できます。
行楽の季節に清盛ゆかりの地を訪れ、豪華賞品にチャレンジしてみては?

続きを読む

「若狭町に泊まろう! 総額1,200万円お買物券プレゼント!」12月31日まで実施中(福井県若狭町)

福井県の西部に位置し、三方五湖など自然美溢れる観光スポットが魅力の若狭町。12月31日まで、「若狭町に泊まろう!総額1,200万円お買物券プレゼント!」を実施中です。

「お越しいただいたお客様みんな!!ありがとうキャンペーン」と題したこのキャンペーン。期間中、若狭町内の対象民宿・旅館・ホテルに宿泊すると、町内のお土産店やドライブインで使える「1,000円お買物券」がもれなくプレゼントされるほか、若狭町の特産品が当たる「Wチャンス抽選会」にもエントリーできます。

いいふぐ、アオリイカ、越前ガニなど、日本海の美味なる食材が旬を迎えるこの季節。越前・若狭でおトクな旅を楽しんでみませんか。

●実施期間 平成24年12月31日(月)まで
●問合せ TEL 0770-45-0113(若狭三方五湖観光協会)
●詳細 若狭三方五湖観光協会

ひと足お先に富山の魅力を体験! 「北陸新幹線開業!! 2年先取りキャンペーン」開催中!

2014年度末までに開業予定の北陸新幹線。開業後は、東京駅~富山駅間は約2時間10分で結ばれるようになります。これに先駆け、富山県では富山の魅力を伝える「北陸新幹線開業!! 2年先取りキャンペーン」を12月31日まで実施中です。
「富山のとっておき物語」がコンセプトの同キャンペーンでは、地元の方が“つたえ隊員”としてパンフレットやキャンペーンサイトに登場。氷見、五箇山・砺波などのエリアごとにとっておきの見どころを紹介します。さらに、自然、食、伝統工芸など、さまざまな体験メニューが用意されているほか、プランの参考になる6つのモデルコースも掲載されています。
また、富山湾でのみ獲れたネタ(※)と県産の米を使う寿司と富山らしい汁物が供される「富山湾鮨」もオススメ。天然の生け簀(いけす)と称される海の美味しい旬の地魚鮨は何とも魅力的です。
宿泊施設も充実しており、約100軒のキャンペーン参加施設を掲載。「キャンペーンサイト・パンフレットを見た」と伝えると割引やサービスなどの特典が受けられる施設もあります。
パンフレットは、県の観光課や観光連盟をはじめ、東京都内の郵便局(西東京、光が丘、板橋、代々木、八王子、王子)などで入手可能(10月末まで)。また、キャンペーンサイトでは「あなたにとっての「富山のとっておき」」を応募すると抽選で宿泊券などが当たるプレゼントも実施中! 応募された「とっておき」は同サイトで見ることもできます。
あなたの「とっておき」を見つけに、ひと足早く富山を訪れてみては?

※天候等の都合でやむを得ず一部のネタを富山湾産以外のもので代用する場合があります。

続きを読む

美しすぎてフェルメールもびっくり!! 現役美人海女さんが「真珠の耳飾りの海女」としてキャンペーンガールに

全国の4分の1以上となる、565人の海女さんが暮らす三重県鳥羽市では、豊かな海の幸と日本一海女が多いまちであることをPRするため、このほど現役で活躍する3世代の海女・中川さん母娘をキャンペーンガールに起用。リニューアルオープンした鳥羽市の観光サイト「恋する鳥羽」や各種ポスター等でPRを実施中です。
鳥羽市内で民宿を営む一方で海女をしている祖母・寿美子さん(73歳)、母・早苗さん(40歳)、娘・静香さん(21歳)は全国でもめずらしい、3世代の海女一家。PRポスターでは、海女姿で映る3人のほか、鳥羽が養殖真珠発祥の地であることと、2012年に東京・神戸で開催の「マウリッツハイス美術館展」(東京は終了)で鑑賞できるヨハネス・フェルメールの名作『真珠の耳飾りの少女』にちなみ、「真珠の耳飾りの海女」となった静香さんが登場。早苗さん扮する「真珠の耳飾りの海女」も「恋する鳥羽」サイト内で見ることができます。
「恋する鳥羽」の名前は、恋人の聖地として知られる「神島」や女性の願いをひとつ叶えてくれるといわれる「石神さん」など、鳥羽市内には恋愛に関する観光地が多いことと、観光客へのおもてなしのメッセージ「鳥羽はあなたに恋しています。」に由来するもので、サイト内では「真珠」「食」「旅」の3つの切り口で鳥羽の魅力を紹介しています。また、10月1日~11月30日の期間、秋季キャンペーン「天恵の海を食す 鳥羽の秋旅」も開催され、下記キャンペーンサイトにて詳細が紹介されています。
美しすぎる海女さんがPRするユニークな観光サイト。ぜひ一度ご覧ください。

続きを読む

由布市にゆっくり滞在しておトクな商品券がもらえるキャンペーン実施中!

豊後富士とも呼ばれる美峰・由布岳や由布院温泉などで知られる大分県由布市。自然に囲まれた魅力あふれる同地では、滞在型・循環型保養温泉地計画として「由布市に行きたい」キャンペーンを実施中です。
平成24年12月28日(金)までの期間中(申込は12月23日まで)、対象となる由布市内の宿泊施設に連泊すると、先着で5000名(最大)に由布市内の商業・観光施設等で利用できる「おもてなし商品券」をプレゼント。2泊で2000円、3泊で3000円、さらに由布院、庄内など異なるエリアの宿に宿泊した場合は1000円と、最大で4000円分の商品券がもらえます。
ゆっくりと滞在して由布の魅力を満喫できる絶好の機会。詳細は下記をご覧ください。

続きを読む

南房総の味覚をまるごと堪能! 「メガ房州あわびプラン」

房州エビ(イセエビ)を筆頭に、豊富な海の幸で知られる千葉県の南房総。その味とお得さには定評があり、今の時期はソラマメや房州ビワなど、山の幸、里の幸にも事欠きません。
そんな旬の食材に恵まれた南房総では、海から山まで、美味しいものがまるごと楽しめる宿泊者限定のプラン「房州まるごと 喰いやがれ!!」を実施中。ちょっと荒々しいこのタイトルには、房州の味覚を心行くまで堪能してほしいという宿のおやじさん&おかみさんの想い、そして採算度外視で取り組む意気込みが詰まっています。
5月に房州あわびの解禁を迎えた現在は、平成24年5月10日(木)~7月31日(火)まで「メガ房州あわびプラン」が行なわれており、その内容は、タイトルの通り300グラム以上の特大あわび(※)が1人1個味わえるというもの。通常、宿で用意されるものは大きくても250グラム位というから、食べ応え十分! 調理方法は「お刺身」か「踊り焼き」、「宿オリジナル」から事前に選択可能で、お刺身を選択すると帰りにそのあわびの殻がプレゼントされます。
平日1泊2食の宿泊料金は、1人13,980円(消費税込、入湯税別)~。あわび以外の料理は宿ごとのオリジナルとなるので、好みの宿を選ぶ楽しさを味わいつつ、旬のものを獲れたその場で食べる贅沢を堪能してみては?
 
※漁の関係で300グラム以上のあわびが用意できない場合もあります。

続きを読む

お気に入りの「千葉」写真を送ろう! ラブラブちば~あなたのLOVE CHIBA教えてキャンペーン~

「千葉」と聞いて、あなたが思い浮かべるものは何ですか?
千葉県では、県内の観光スポットや風景、宿、またご当地グルメなどを撮影した「LOVE CHIBA写真」を募集する「ラブラブちば~あなたのLOVE CHIBA教えてキャンペーン~」を平成24年6月1日(金)から開始します。
応募方法に沿って、メールでコメントとともに写真を送信すれば、県内の宿の宿泊券のほか、千葉県のマスコットキャラクター・チーバくんのぬいぐるみやキーホルダー、ピンバッチなどのグッズ(写真)が抽選で当たります。また、首都圏を走るチーバくんのラッピングバスの目撃情報も併せて送信すると、チーバくんのレアグッズが抽選で当たるWチャンス付き。さらに、応募者全員にチーバくんの携帯待ち受け画面(アイフォンは非対応)をプレゼント!
キャンペーン期間は平成25年3月31日まで(プレゼントの応募は毎月末日ごとに締切)。この機会に、お気に入りスポットを探しに千葉県を訪れてみるのも面白いかもしれません。
 
●詳細 ラブラブちば~あなたのLOVE CHIBA教えてキャンペーン~

北陸新幹線開通前に一足早く金沢の魅力を体感!

2014年度末に予定されている北陸新幹線の開通。これにより東京~金沢間は約2時間半で結ばれるようになります。
アクセスが便利になり、より魅力的になる金沢では、伝統文化を深く体験できる特選プラン「体感!金沢の旅」を今年も開催。
新幹線開業に向けて一足早く、伝統芸能や伝統工芸、名勝観光や金沢芸妓のほんものの芸など、金沢の真髄を味わうことができます。
 
●詳細 金沢市観光協会
●問合せ TEL 076-232-5555(金沢市観光協会)

このページのトップへ