『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

2017-04

奈良県宇陀市で5月27・28日「奈良のバス100周年記念フェスタ」。昔懐かしいバス車両も!


大正6年(1917)5月、奈良県で初めて乗合バスが松山(現在の大宇陀<おおうだ>)~桜井間で運転開始されました。それから今年で100年奈良交通では、宇陀(うだ)市5月27日(土)・28日(日)「奈良のバス100周年記念フェスタ」を開催します!

フェスタの会場である道の駅「宇陀路 大宇陀」では、昔懐かしいボンネットバスやA型フォードなどの珍しい車両が屋外に並ぶほか、バスの歴史がわかる写真パネル、バスのジオラマなども展示されます。またお子様向け(小学生以下限定)に、運転者の制服を着て記念撮影できるコーナーも。さらに会場では、バス部品(一部は入札)や宇陀のおいしいものが販売される縁日もあり、家族で一緒に楽しめます。

もうひとつのフェスタ会場である宇陀市文化会館では、関西で活躍するご当地アイドル「マリーナブルー」のステージや、地元中学吹奏楽部の演奏、お笑いイベントなど、楽しい企画が盛りだくさん。ハガキによる事前申込制でボンネットバスに乗車できたり、小学生限定の乗合バス洗車体験&安全教室も催されるので、バス好きにはたまらない2日間になりそうです!

~「奈良のバス100周年記念フェスタ」~
●日時:平成29年5月27日(土)・28日(日)10~17時(28日は~16時)
●会場:道の駅「宇陀路 大宇陀」、宇陀市文化会館(道の駅となり)
※当日は開催時間にあわせ、近鉄榛原駅(南口)から大宇陀バス停まで無料バスが運行されます。
●問い合わせ:奈良交通お客様サービスセンター TEL:0742-20-3100
●詳細:奈良交通 「奈良のバス100周年記念フェスタ」

GWは「さっぽろ羊ヶ丘展望台」へ行こう!!5月3~7日は小学生入場無料♪


 本州では春の真っ盛りですが、札幌の桜開花予報はゴールデンウィークJR札幌駅から車で南へ約30分の場所に位置する「さっぽろ羊ヶ丘展望台」では、大都市・札幌にありながら、のんびりと羊が暮らす牧歌的風景が広がる人気の観光スポットです。
 
 場内では春の風物詩「羊の毛刈り」が見学できるほか、例年7月に見頃となる「ラベンダー刈り」、さらに最近では「ウニまつり」や道産ブランド牛を食べ比べる「肉カーニバル」といったグルメイベントなど、年間を通してさまざまな楽しみ方を目当てに観光客や市民が訪れています。
 
 とくに今年のゴールデンウィークは、親子で楽しめる企画がたくさん! 「連凧揚げと凧作り体験」(5月3~5日)食イベント「釧路町仙鳳趾(せんぽうし) VS津軽海峡知内カキ食べ比べ大会」(4月28日~5月7日。当日分無くなり次第終了)など、北海道ならではの広大な自然と恵みを満喫する休日が過ごせそうです。
 
 5月3~7日は小学生入場無料!! この機会に家族で「さっぽろ羊ヶ丘展望台」へ訪れてみては?
 
~さっぽろ羊ヶ丘展望台~
●開場時間:
 -10~4月は9~17時(入場受付は15分前まで)
 -5・6月は8時30分~18時(入場受付は15分前まで)
 -7・8月は8時30分~19時(入場受付は15分前まで)
●住所:札幌市豊平区羊ケ丘1 TEL.011-851-3080(管理事務所)
●公式サイト:さっぽろ羊ヶ丘展望台
●札幌の観光情報おすすめアプリ: 札幌観光協会スマホアプリ「さっぽろグルメクーポン」
 
「さっぽろグルメクーポン」とは?~
札幌をとことん楽しむための札幌観光協会公認の観光スマホアプリ。地元の職員おすすめのグルメ情報が見られるほか、アプリでポイントを貯めると、道産品のプレゼントも!

高崎のおみやげはコレ! JR東日本 高崎支社が手がけるユニーク地域商品プロジェクト


 鉄道ネットワークとエキナカの店舗を活かし、地域の「ヒト」と「モノ」の魅力を発掘するJR東日本グループ「地域再発見プロジェクト」JR東日本 高崎支社では「のもの1‐2‐3プロジェクト」として、群馬・上越エリアで採れる農産物などを素材とした商品を開発・販売しています。
 
 たとえば群馬県産の小麦とほうれん草をパスタ生地に練り込んだ「べGパスタ」(写真右)や群馬県産こんにゃく由来のナチュラルコスメ「megumi to nagomi(めぐみとなごみ)」(写真中央)、上越線沿線で採れた野菜とハーブを漬けた「上越線ピクルス」など、地域を知り尽くした視点で開発され、旅先で思わずおみやげにしたくなるような逸品がそろっています。
 
 なかには、上越線を走るSLの重厚感をコクとうまみで表現したという「上越線ビール」(写真左)も。その名も「D51498 BLACK」と「C6120 PILSNER」の2種類。鉄道ファンなら一度飲んでその味を確かめてみては? これからもユニークな商品開発をすすめるJR東日本の「地域再発見プロジェクト」から目が離せません!
 
■JR東日本 高崎支社「のもの1‐2‐3プロジェクト」6次産業化商品
・お土産用「べGパスタ」540円、販売場所:ホテルメトロポリタン高崎
・「上越線ビール」(「D51498 BLACK」「C6120 PILSNER」)各432円、販売場所:月夜野びーどろパーク、ギフトガーデン(イーサイト高崎)、食こまち(高崎モントレー1階)ほか
・「上越線ピクルス」780円、販売場所:群馬いろは
・「megumi to nagomi(めぐみとなごみ)」フェイスローション2160円ほか、販売場所:群馬いろは、ホテルメトロポリタン高崎ほか
JR東日本 高崎支社ホームページはこちら

4月16日は新宿駅から直通!臨時特急「外房いすみ酒蔵開き号」で千葉・いすみ市へ

 4月16日(日)、千葉県の外房、いすみ市に位置する「木戸泉(きどいずみ)酒造」で酒蔵開きイベントが開催されます。
 
 今年で5回目となる当イベントのおススメは、「1,000人で乾杯!」。会場内のあちこちで「旨き良き酒」を酌み交わし、うんまい酒を手に声高らかに「乾杯!!」。初めて出会う人同士でも笑顔が溢れ、いすみの地酒に酔いしれることができます。
 
 さらに、最寄りのJR外房線大原駅前から会場までは、いすみの新鮮な海や山の幸を購入できる「いすみのフードマーケット」が開催されます! 木戸泉酒造前では、いすみ市内に5カ所あるチーズ工房と古酒がコラボした飲食コーナーもあるので、好みの肴を探しつつ、酒蔵開きの1日を楽しめます。
 
 JR東日本では4月16日(日)、新宿駅から直通の臨時特急「外房いすみ酒蔵開き号」(全車指定席)を運行します(新宿駅8:26発、大原駅9:55着)。これを機に、いすみの酒蔵開きへ出かけてみては?
 
~臨時特急「外房いすみ酒蔵開き号」~
首都圏の主な駅の指定席券売機、みどりの窓口か「えきねっと」で購入できます。
●詳細:JR東日本 千葉支社
 
~第5回木戸泉酒蔵開き~
●開催日時:平成29年4月16日(日)10~15時予定
●会場:木戸泉酒造
●詳細:木戸泉酒造

4月15日から奈良で開催!「青春18きっぷ」ポスター紀行

 
  東京・品川のキヤノンギャラリーを皮切りに全国を巡回する「青春18きっぷ」ポスター紀行が、4月15日から奈良で開催。約25年分ものJRグループ「青春18きっぷ」キャンペーンポスターが一堂に展示される本展覧会。人と鉄道のあたたかな関係とともに、時代によって移り変わる日本の風景も感じられます。
 
今年もそろそろ夏の「青春18きっぷ」旅を計画したい季節。本展覧会をきっかけに、美しい日本の鉄道風景を眺めながら、のんびり旅路を決めてみませんか?

続きを読む

このページのトップへ