『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

忘れられた日本が残る町・珠洲にて9月から「奥能登国際芸術祭2017」開催!

能登半島の最先端に位置し、三方を海に囲まれた石川県の珠洲市全域で、9月3日から「奥能登国際芸術祭」が開催されます。
 
総合ディレクターに、瀬戸内国際芸術祭などでアートディレクターとして活躍する北川フラム氏を迎え、約50点の作品・プロジェクトが珠洲の町中を彩ります。廃校の中庭に無数のフラッグをひらめかせた、キジマ真紀氏と珠洲に住む人々による作品「海と山のスズびらき」もそのひとつ。「奥能登国際芸術祭」は、アーティスト、珠洲の住人、そして地域外からのサポーターを含め大勢で創り上げる、今までにない芸術祭を目指しています。
 
豊かな里山里海に囲まれた珠洲には固有の文化も多く、キリコと呼ばれる巨大な燈籠を担いで町中を練り歩く「キリコ祭り」や、キリコ祭りの際に客人を招いてご馳走でもてなす「ヨバレ」といった風習はその代表と言えます。珠洲は北陸「さいはて」の土地であることから、現在では忘れ去られた日本文化の源流が、今もなお残っているのです。
 
7月から10月まで、能登半島の各地で開催される「キリコ祭り」。珠洲では9月上旬から10月下旬が祭りの最盛期です。「奥能登国際芸術祭」は、町中が祭りで盛り上がるさなかに行なわれます。
 
伝統的な文化と最先端の美術が響きあう芸術祭。忘れられた日本を探しに、珠洲を訪れてみませんか。
 
~奥能登国際芸術祭2017~
●開催期間:平成29年9月3日~10月22日
●会場:石川県珠洲市全域
●作品鑑賞パスポート:当日券/前売り券
                一般  2500円/2000円
                高校生  1000円/800円
                小中学生 500円/300円
●詳細:奥能登国際芸術祭ホームページ
●問い合わせ:奥能登国際芸術祭実行委員会 TEL. 0768-82-7720

このページのトップへ