トレたびトピックス | 海抜250メートルに日本で最も高い“天空駅”が出現!「特別展 天空ノ鉄道物語」開催 | トレたび

『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

海抜250メートルに日本で最も高い“天空駅”が出現!「特別展 天空ノ鉄道物語」開催

 

六本木ヒルズ森タワー52階の全フロアを舞台に、日本各地の鉄道会社が一堂に会す、大型鉄道イベント「特別展 天空ノ鉄道物語」2019年12月3日(火)から2020年3月22日(日)まで開催中です。

 

会場入り口では、ウェルカムゲートとして国鉄時代の上野駅舎を再現。オリジナルデザインの懐かしい「硬券」の配布や“入鋏体験”も。会場内には、歴史を振り返る空間やインスタレーション、全国から集めた貴重なヘッドマークの展示、鉄道各社が一堂に並ぶ制服コレクションなど、鉄道ファン必見のお宝アイテムが全国各地より大集合!」 1964年から2020年のオリンピックイヤーを結ぶ形で鉄道文化の軌跡が紹介されています。

 

展示のなかのひとつ、時刻表インスタレーションでは、ライブラリー形式の書架にバックナンバーの時刻表全てを陳列し、1964年~現在までの国鉄&JR時刻表を360度見渡せる形で一堂に展示。インスタレーションとは、展示空間を含めて全体を作品とし、見ている観客がその「場」にいて体験できる芸術作品のこと。過去の時刻表を通して当時の鉄道の様子や移動の経路を想像しながら楽しめます。

 


※画像はドアインスタレーション

 

さらに、窓面を使った大型映像やARにより、あたかも鉄道が天空や眼の前を走っているかのような体験ができる日本で最も高い“天空駅”が出現。豪華寝台列車トワイライトエクスプレスの“原寸大”大型模型の初公開や、段ボール素材を使った実寸大の蒸気機関車をはじめ、鉄道ファンでなくとも楽しめる多様なプログラムとなっています。

 

 

JR7社や東京メトロ、東京都交通局、首都圏鉄道各社などが協力し、さまざまな展示で一堂に会する貴重なこの機会に、ぜひ鉄道の世界を体験してみてください。

 
 

■特別展 天空ノ鉄道物語
会期:2019年12月3日(火)~2020年3月22日(日) ※会期中無休
時間:10~20時(ただし火曜日は17時まで) ※入館は閉館の45分前まで
会場:森アーツセンターギャラリー&スカイギャラリー
    (東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階)
詳細:公式HP

このページのトップへ