『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

三鉄社員の汗と涙のノンフィクション物語『三陸鉄道 情熱復活物語 笑顔をつなぐ、ずっと・・』発売中!!


 岩手県沿岸部を走り、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』で一躍有名となった三陸鉄道。2014年4月6日に全線開通したニュースは、鉄道ファンならまだ記憶に新しいでしょう。3.11で甚大な被災を受けた三鉄は、どのように再開の道を切り拓いていったのか。本書は、三陸鉄道アドバイザーである草野悟氏のプロデュースと著者である品川雅彦氏の確かな取材に基づき、三鉄社員の汗と涙の3年間が綴られたノンフィクションの物語です。
 
 実は3.11直後、社長の望月正彦氏は、想像をはるかに超えた被害状況を見て考えたと言います。「復旧には莫大な経費が必要。しかも平成6年から赤字が続く営業状態・・・、果たして地元に三鉄は必要なのか?」と。
 震災から2日後、出した答えは「必要」でした。線路を道路替わりにして歩く人々の姿を見て、多くの方々が三鉄の復活を待ち望んでいると感じたと言います。
 
 これに一緒に立ち向かったのが、三鉄社員でした。「被災したレールを切って売ったらどうか」というアイデアから、三鉄製“復興祈願レール”を販売したり、被災現場を視察したい企業や自治体を受け入れる「フロントライン研修」を実施したり・・・・・・。こうしてアイデアで難題を乗り越える中、企業や海外からの支援の輪が広がり、2014年4月、三鉄は見事に全線再開を果たしました。
 
 岩手県知事も「温かな人間愛が溢れる物語。復興の記録、参考書としても秀逸」とお墨付きの本書。今年の夏休みは、三鉄への乗車ついでに、おみやげとして買われる人も多いそうです。
 本書を読んでから乗るか、乗った後に読むか、はたまた読みながら三鉄に乗るか。東北を旅するお供にしたい、復興パワー溢れる一冊です!
   
『三陸鉄道 情熱復活物語 笑顔をつなぐ、ずっと・・』
●著者      :品川 雅彦
●編集・発行  :㈱三省堂
●販売価格   :1,500円(税別)
●規格      :四六判・304ページ
●販売場所   :全国の書店、およびオンライン書店にて
●問合せ    :三省堂出版部 TEL.03-3230-9432
>詳しくは三省堂ホームページ三陸鉄道Facebookページ

このページのトップへ