トレたび JRグループ協力

2020.09.16旅行癒やしの絶景が待っている山形市で心ゆるむ旅へ

大自然の中でパワーチャージしよう!山形市の絶景3選!

忙しい毎日に疲れてふと旅をしたくなる。そんな時におすすめしたいのは、思わず深呼吸をしたくなる絶景が広がる「山形市」の旅。今回は、山形市の多くの絶景スポットから、大自然に癒やされる3スポットを厳選して紹介します。映画「おもひでぽろぽろ」の舞台となったのどかな原風景や、湯めぐりもできる蔵王温泉など、憩いのスポットも満載の山形市へ足をのばしてみませんか?


ブナ林の木陰でのんびり、緑の絶景に心安らぐ「ドッコ沼」


標高1264mの蔵王中央高原にあり、涼を求める人にも人気のスポット。ブナ林とのコントラストが美しい、エメラルドグリーンに染まる湖面が広がります。なぜこのような色になっているのかは分かっておらず、その昔には水神様とされる竜が現れたという言い伝えも。沼のほとりに設置されたベンチに腰掛けて、ぼーっと眺めるだけで穏やかな気持ちになれそうですね。


ドッコ沼

住所 山形県山形市蔵王温泉708-1
問い合わせ先 023-694-9328(蔵王温泉観光協会)
交通アクセス JR山形駅から山交バス「蔵王温泉」行き45分、終点下車。蔵王中央ロープウェイ「温泉駅」から7分、「鳥兜駅」下車後、第一中央リフトまたはトレッキングコース利用。
URL http://www.zao-spa.or.jp/

思わず一句詠みたくなるような絶景が連続の「山寺」


「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」という松尾芭蕉の句でも知られる古刹。正しくは宝珠山立石寺といい、生い茂る木々や山肌の合間に数々のお堂が建てられ、荘厳な絶景スポットが点在します。特に、舞台造りの五大堂からは山寺を一望。登った人にしか味わえない、疲れも吹き飛ぶような景観が広がります。山寺のお堂めぐりを楽しんだら、松尾芭蕉のように一句詠みたくなるかもしれません。


山寺(宝珠山立石寺)

住所 山形県山形市山寺4495-15
問い合わせ先 023-695-2816(山寺観光協会)
交通アクセス JR山形駅から仙山線で約20分、「山寺駅」下車。徒歩約6分の登山口から五大堂まで徒歩約1時間。
URL https://www.yamaderakankou.com/index.html

雪と氷に覆われた真冬のアート”樹氷”を空から一望「蔵王ロープウェイ」


蔵王山麓駅から地蔵山頂駅まで、ゴンドラに乗っておよそ17分の空中散歩で見下ろすのは、広大な雪原に現れる別名”スノーモンスター”と呼ばれる無数の樹氷群。特殊な気象条件と植生が重ならないと発生しない、世界でも珍しいものだとか。かわいいような、こわいような、雪と氷が作り出したアートなモンスターたちに遭遇してみませんか?


蔵王ロープウェイ

住所 山形市蔵王温泉229-3
問い合わせ先 023-694-9518(蔵王ロープウェイ)
交通アクセス JR山形駅から山交バス「蔵王温泉」行き45分、終点下車、徒歩約10分。
URL http://zaoropeway.co.jp/

地図


山形市に泊まる! 旅館・ホテルはこちら


トレたび公式SNS
  • twiiter
  • Fasebook