『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

2019-02

第17回宮古毛ガニ祭りに向け「さんりくトレイン宮古」運行!(2/20更新)

第17回宮古毛ガニ祭りが3月3日(日)に岩手県宮古市で開催されます!
毛ガニ&海産物の販売、毛ガニ大鍋お振舞い、様々なステージイベント等、盛りだくさんの内容です。
 
このイベントに合わせ、JR山田線では全車指定の臨時快速「さんりくトレイン宮古」が運転されます。
宮古駅とまつり会場の間には無料シャトルバスも運行されます。
宮古毛ガニ祭りにお越しの際は、是非山田線をご利用ください!

 

JR山田線臨時快速「さんりくトレイン宮古」(全車指定)
盛岡8:55発→宮古11:16着/宮古14:07発→盛岡16:33着

 
※さんりくトレイン宮古の指定席券は上下とも残りわずかとなっております(2/20現在)。
 
※さんりくトレイン宮古を利用した日帰りびゅう旅行商品は、ご好評につき完売となりました。
 
※第17回宮古毛ガニ祭りに関する詳細や無料シャトルバスの情報はこちらをご覧ください。
http://www.kankou385.jp/
(宮古観光文化交流協会ホームページ)

ビーフと野菜&オリーブ! 予想でカレーうどんをゲット☆

うどん屋さんのカレーうどん 調理例

 

本場のさぬきうどんを提供する、JR四国グループのめりけんや。
香川県産オリーブの葉を練り込んだ「オリーブうどん」が好評で、なんと販売2万個を達成しました。

 

これを記念して、2月1日から、「野菜カレー&オリーブうどんVSうどん屋さんのカレーうどん」と題し、カレーを使った新商品2点のどちらが先に販売1,000個を突破するかを予想するキャンペーンを実施中。
予想が当たった方から抽選で、めりけんやのカレーを使った商品の豪華セットがもらえます♪

 

ここで、予想のカギとなる、それぞれの商品を簡単にご紹介。
野菜カレー&オリーブうどんVSうどん屋さんのカレーうどん

 

★野菜カレー&オリーブうどん(写真右)
「オリーブうどん」販売2万個突破を記念して発売されました。
色合い鮮やかなオリーブうどんに、野菜たっぷりのカレーをかけていただきます。
ヘルシーさが嬉しい新商品ですね!

 

★うどん屋さんのカレーうどん(写真左)
1月22日の「カレーの日」に合わせて、今年カレールーをリニューアルした新商品です。
こちらの調理例が、最初の画像です。
パッケージに書いてあった「釜たまカレーうどん」に挑戦。オリーブオイルで炒めた玉ねぎとなすをトッピングしてみました!
食べやすい辛さのこだわりカレーが、うどんによく絡んでとってもおいしかったです。

 

さて、どちらの商品が先に1,000個を突破するのか?!
アンケートに答えるだけで、どなたでも応募できますので、ぜひ予想しておいしいカレーうどんをゲットしてください。

 

【野菜カレー&オリーブうどんVSうどん屋さんのカレーうどんキャンペーン】
ご応募:めりけんやHP 応募フォームから
応募期間:2019年3月31日(日)まで

「春の西条 醸華町まつり」で楽しくまち歩き!

吟醸酒のふるさととして、日本酒の普及に力を入れる東広島市。そこで春に行われる、恒例のお祭りが「春の西条 醸華町まつり」です。
 
JR西条駅の南側に広がる酒蔵地区で、日頃は見ることのできない酒蔵見学(定員80名、参加費800円)や、スタンプラリー(参加費大人300円、小人100円)に参加できます。
また、日本酒好きにはたまらない利き酒大会(料金200円)やビアガーデンならぬ「酒がーでん」のほか、日本酒を楽しめるコーナーがたくさん!
 
春の西条 醸華町まつり (昨年の「酒がーでん」の様子)
 
新酒香るこの時期に、酒蔵の町・西条を満喫しませんか。
 
【春の西条 醸華町まつり】
・日時 2019年3月2日(土)10:00~16:00(雨天決行)
・場所 JR西条駅周辺
・詳細 http://www.city.higashihiroshima.lg.jp/soshiki/sangyo/6/1/3/3/9614.html

花咲線の魅力、知っていますか

花咲線とは、北海道の東を走るJR根室本線のうち、釧路駅と根室駅を結ぶ区間の愛称線名。
車窓に広がるのは、湿原に野鳥、牧場や太平洋など、思わず目を奪われる絶景です。
 
地球探索鉄道花咲線
提供:根室市 撮影:大滝恭昌
 
このたび根室市では、地球のダイナミズムを感じられる花咲線を「地球探索鉄道」と銘打ち、その魅力をふんだんに盛り込んだ動画を、JR北海道や沿線自治体の協力のもと作成しました。
キハ54形気動車と一緒に沿線を進めば、絶景のみならず、その土地ならではの食や人々の温かさにも出会うことができます。
 
まずは動画で魅力の一端に触れ、そのあとはぜひ花咲線でよい旅を!
 
◆地球探索鉄道花咲線 webサイト
https://www.hanasaki-line.com/

このページのトップへ