『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

2019-04

5月25日出発限定! 岩手のブランド米を楽しむイベント列車「金色の風・銀河のしずく号」運転!

 

JR東日本盛岡支社では、2019年6月30日まで『いわて春の観光キャンペーンいわて幸せ大作戦!!~美食・絶景・イベント「黄金の國、いわて。」~』を開催中です。

 

5/25(土)に運行される「金色の風・銀河のしずく号」は、
岩手県が誇るブランド米「金色の風」「銀河のしずく」を使用したお弁当や
お米にまつわるトーク、地域の特選品が当たるクイズイベントなどを楽しめる
岩手県の魅力を感じ、体感できる旅行商品専用の団体臨時列車です。

 

この日限りの、485系ジパング車両で運行される臨時列車に往復乗車する旅行商品が発売となりました。
是非お買い求めください!

 

~金色の風・銀河のしずく号の旅~
(1)商品名  金色の風・銀河のしずく号の旅 ※旅行企画・実施:㈱びゅうトラベルサービス
(2)旅行行程 2019年5月25日(土)出発日限定 日帰り 
(3)旅行代金 盛岡駅発着 おとな1名様5,700円(こども3,000円)
※盛岡駅のほか、青森駅、新青森駅~仙台駅間の東北新幹線各駅発着(※一ノ関駅除く)の設定がございます。
※旅行代金には、発着駅から一ノ関駅までの往復の運賃・料金とお弁当が含まれます。なお、この旅行商品で提供される
お弁当は「銀河のしずく」を使用したお弁当となります。
(4)募集人員 50名 ※最少催行人員1名 1名様からお申込みいただけます。
(5)発売箇所 JR東日本の主な駅にある「びゅうプラザ」、または「びゅう予約センター」でお求めいただけます。
※詳しくは旅行商品パンフレットまたはJR東日本盛岡支社ホームページをご覧ください。

三次もののけフェスティバル開催

 

2019年4月26日、広島県三次市(みよしし)に日本初&日本最大級の妖怪博物館「湯本豪一(ゆもと こういち)記念 日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)」がオープンします。

 

「三次もののけミュージアム」は、三次を舞台にした≪稲生物怪録(いのうもののけろく)≫の資料や、妖怪研究家の湯本豪一さんから寄贈された妖怪にまつわるコレクションを中心に展示。さらに「チームラボ 妖怪遊園地」や「デジタル妖怪大図鑑」なども登場し、子どもから大人までたのしめる内容です。

 

開館を記念して4月26日~5月6日まで、オープニングイベント「三次もののけフェスティバル」が開催されます。

イベントは4つ!

 

【1】泉谷しげるアート展「アート オブ ライブ」 (4月26日~5月6日 9:30~17:00)
泉谷しげるが自ら描いた絵画の前でミニライブをする、地域参加型イベント。

 

【2】もののけパレード セレモニー&ライブ (4月27日 13:00~17:00)
テーマは「もののけ」! 自慢のもののけコスプレで町を練り歩こう!
泉谷しげる・仮面女子も仮装してパレードに参加する!? パレードの後にはセレモニーライブも。

 

【3】記念講演 もののけシンポジウム(4月28日 13:00~17:00)
湯本豪一さんによる基調講演やパネルディスカッション、神楽上演など盛りだくさん。

 

【4】ステージイベント&マルシェ (4月26日~5月6日)
神楽やHEITARO DANCEなどのステージイベントや三次の特産品などのマルシェが楽しめます。

 
 

今年は「もののけフェスティバル」でいつもとはちょっとちがったGWを過ごしませんか?

 
 

~三次もののけフェスティバル~
開催日:2019年4月26日(金)~5月6日(月)
会場: 【泉谷しげるアートオブライブ】三次もののけミュージアム交流館・イベント広場
    【記念講演もののけシンポジウム】三次市民ホール きりり大ホール
    【ステージイベント&マルシェ】三次もののけミュージアム イベント会場
特設ホームページ:http://www.miyoshi-dmo.jp/mononoke/
イベントに関するお問い合わせ:三次もののけミュージアム開館記念事業実行委員会 TEL.0824-62-6150

令和最初の神田祭が5月9日から始まります!

江戸の時代から変わらず、人々を熱狂させてきた神田祭
氏子衆による「神輿宮入」は見どころのひとつ

 

2年に一度の開催で、江戸三大祭のひとつに数えられる「神田祭」。江戸時代には幕府公式の祭りとして重用され、祭礼行列が江戸城内を練り歩いたことから「天下祭」とも称されました。
絢爛豪華な祭礼行列は数々の錦絵にも描かれ、江戸中の人々が祭りに熱狂した様子がうかがえます。

 

その壮麗な祭礼行列は数百年の時を超えた今でも健在。東京都心部108の氏子町を鳳輦・神輿、山車が練り歩く様子は圧巻です。
祭りは5月9日(木)鳳輦神輿遷座祭にはじまり、祭礼行列が街中を巡幸する神幸祭、最も見応えのある神輿宮入、境内で行われる献茶式や明神能など、5月15日(水)例大祭まで見どころは尽きません。

 

神田祭の始まりを告げる最初の神事
三柱の御神霊を遷す鳳輦神輿遷座祭(ほうれんみこしせんざさい)

 

また、現代ならではの楽しみも。江戸時代に流行した「浦島太郎」や「花咲か爺さん」などの曳き物を、東京藝大の学生が現代風にアレンジした「附け祭」の行列や、スマホの人気ゲーム『バンドリ!ガールズバンドパーティ!』と神田明神がコラボした限定グッズの販売など、伝統と革新が融合する新時代らしい祭の一面ものぞかせます。

 

花咲か爺さんなど趣向を凝らしたユニークな曳き物にも注目したい「附け祭」

 

そして今年は天皇陛下御即位後最初の神田祭であり、「皇紀2679年5月1日天皇陛下御即位奉祝記念神田祭」として行われる令和最初の記念すべき祭礼。
新たな時代の一歩を踏み出す未来へ向けた都市祭礼を、ぜひ現地でお楽しみください。

 

さらに、交通新聞社発行の『散歩の達人 5月号』では、神田明神でお祓い体験、神田祭を支える氏子衆の意気込みなどを特集記事で紹介しています。
これを片手に神田祭をさらに楽しんでみませんか?ぜひ、一度お手に取ってみてください。
(購入はこちらから
※2019年4月19日(金)予約受付開始、4月20日(土)発売開始

 

【皇紀二千六百七十九年 五月一日天皇陛下御即位奉祝記念神田祭】
主催:神田明神
期間:2019年5月9日(木)~5月15日(水)
場所:神田明神およびその周辺
公式HP:https://www.kandamyoujin.or.jp/kandamatsuri/

【散歩の達人 5月号】
大特集:江戸のホントの真ん真ん中 神田 神保町 日本橋
発売日:2019年4月20日(土)
価格:700円(税込)
購入はこちらから:交通新聞社公式HP
※2019年4月19日(金)予約受付開始、4月20日(土)発売開始

「Izuko」(イズコ)アプリダウンロードでオリジナルネックストラップをプレゼント!

 

伊豆の旅行が、かつてないほど便利に。
伊豆の交通情報アプリ「Izuko」をご存知でしょうか?

 

伊豆エリアでの移動ルートを検索すると、公共交通(バス・鉄道)、自動車(タクシー・レンタカー)、レンタサイクルなど様々な移動手段が提示され、お好みにあった手段をお選びいただけます。
またレンタサイクル、レンタカーは予約・決済まで可能です。

 

2019年4月11日(木)から4月13日(土)までJR上野駅で開催中の「伊豆産直市」の以下のイベントにて「Izuko」をダウンロードいただいた方にオリジナルネックストラップをプレゼントいたします。

詳細はこちら

 

4月13日(土)JR上野駅中央改札外グランドコンコースへぜひお越しください。

 

「Izuko」アプリダウンロードでオリジナルネックストラップをプレゼント!

●日時:2019年4月13日(土)15:30~16:00
●場所:JR上野駅中央改札外グランドコンコース
※配布数には限りがございます。
●Webサイト:https://izuko.info/

山田線の臨時列車「さんりくトレイン宮古」の運転日を拡大!毎週末を中心に運転!

 

2019年4月1日~6月30日の3カ月間にわたり「いわて春の観光キャンペーン いわて幸せ大作戦!!~美食・絶景・イベント「黄金の國、いわて。」~」が開催中です。自然・絶景・グルメ・お酒・温泉・歴史・文化・祭り・列車・・・あなたを笑顔にする豊富なメニューが、岩手で待っています。あなただけの“幸せ大作戦”を決行しに、春の岩手へ足をお運びください。

 

このキャンペーンに合わせ、盛岡駅~宮古駅間の快速「さんりくトレイン宮古」の運転日を拡大、キャンペーン期間中の毎週土・日曜日を中心に運転します。

 

「さんりくトレイン宮古」で宮古駅へ向かうと、2019月3月24日に日本一長い第三セクターの鉄道として新たなスタートを切った三陸鉄道リアス線に乗り継ぐこともできます。

 

この春はぜひ、便利な「さんりくトレイン宮古」に乗って魅力たっぷりの三陸を旅してみませんか?

 
 

山田線の臨時列車「さんりくトレイン宮古」
運 転 日: 4/6,7,13,14,20,21,27-30, 5/1-6,11,12,18,19,25,26, 6/1,2,8,9,15,16,20-23,27-29
運転区間: 山田線 盛岡駅⇔宮古駅
使用車両: リゾートあすなろ

初出展のスイーツに注目☆「第31回琵琶湖夢街道 大近江展」

第31回琵琶湖夢街道 大近江展

多様な恵みをもたらす、日本最大の湖・琵琶湖がある県といえば…滋賀県
滋賀県の厳選された名産品の数々を楽しめるのが、この時期恒例の「琵琶湖夢街道 大近江展」です。

 

アズーロ
31回目となる今回のイチオシは、初出展「アズーロ」のジェラートです。
ジェラートの本場で認められた、素材を存分に活かした味わいをぜひ。

 

滋賀農業公園ブルーメの丘
また、「滋賀農業公園ブルーメの丘」のジャージー牛のヨーグルトにも注目。
自家牧場で育てたジャージー牛から絞った新鮮な生乳から作られています。

 

スイーツのほか、人気の近江牛、ビワマスなど近江の味や、和ろうそくなどの工芸品も一堂に集います。
首都圏ではなかなか手に入らない逸品に、出会いにいってみませんか。

 

【第31回琵琶湖夢街道 大近江展】
日時:2019年4月10日(水)~4月16日(火) 10時30分~19時30分 ※最終日は18時閉場
会場:日本橋髙島屋S.C.本館 8階催会場
会場HPはこちら

明石城築城400周年記念イベント開催中!

 

1619年に小笠原忠政によって築かれ、日本に12基しか現存していない、貴重な三重櫓である巽櫓(たつみやぐら)、坤櫓(ひつじさるやぐら)を有する明石城。2006年には「日本100名城」にも選定されています。

 

そして明石城は、2019年に築城400年を迎えました。これを記念して「400年の時を刻む明石城の魅力発見~お城とともに歩む明石のこれまでとこれから~」をテーマに、2019年3~11月の9カ月、兵庫県立明石公園およびその周辺を会場としてさまざまなイベントが開催されます。

 

 

日本さくら名所100選にも選定されている明石公園(明石城)。「桜」をテーマに展開する春の記念事業の第一弾は4月2日(火)までで、剛ノ池周辺と千畳芝の桜約200本をLEDで演出する「桜のライトアップ」による幻想的な姿を楽しめます。その後、夏は「光」、秋は「観月と能」をテーマに多彩な催しが行なわれ、11月30日(土)の閉会式典と記念植樹で253日間の幕を閉じます。さらに期間中は特別に坤櫓の巽櫓のどちらが毎日公開されます。

 

 

また明石城はこの記念事業に合わせ、整備や改修が行なわれ、これまで以上に美しい姿になりました。
明石城の400年の歴史とこれからの姿を見に行きませんか?

 
 

【明石城築城400周年記念事業】
主催:明石城築城400周年記念事業実行委員会
期 間:2019年3月23 日(土)~11月30日(土)
場 所:兵庫県立明石公園およびその周辺
公式HP:明石城築城400周年・明石市制施行100周年記念事業 公式サイト

待望の第2弾発売 関西発日帰り 駅からはじまるハイキングブック2』~とっておき23コース~

 

ぽかぽか陽気に誘われて、お出かけしたくなったら
日帰りで気軽に楽しめる ハイキングがおすすめです。

 

2018年に発行し、好評をいただいた交通新聞社の
『関西発日帰り 駅からはじまるハイキングブック』に、
待望の第2弾が登場しました。

 

第2弾では、かつてJR西日本の近畿エリアで開催されていた
「駅からはじまるハイキング」全50コースの中から、
第1弾(2018年発売)で収録できなかった
人気20コースを、最新の情報に改訂して紹介。
さらに番外編として、大阪城や日本一長い商店街の天神橋筋商店街など、
大阪のにぎわいを感じながら歩く「ぶらり大阪まち歩き」の3コースを収録しています。

 

持ち歩きに便利なコンパクトサイズ(A5変形判)で、
写真付きのコースマップ、立ち寄りスポットガイドや地元の食事処・土産物のほか、
地元の歳時記も掲載。初心者の方にもおすすめの一冊です。

 

「明日の休日、何しようかな?」と迷ったら
この本を持って、ハイキングに出かけてみませんか。

 
 

【『関西発日帰り 駅からはじまるハイキングブック2』
発売日:2019年3月18日
判型:A5変型判 104ページ
価格:540円(税込)
購入はこちらから:交通新聞社公式HP

このページのトップへ