『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

大和ミュージアム第27回企画展「海底に眠る軍艦 -『大和』と『武蔵』-」

 

広島県のJR呉駅の改札口を出て徒歩約5分にある、大和ミュージアム。呉が建造した戦艦「大和」を通して、呉の歴史・呉の技術、そして平和の大切さを1人でも多くの人に伝えることを目的として、2005年に建設されました。

 

大和ミュージアムでは10分の1の大きさの戦艦「大和」や、明治以降の「呉の歴史」、造船・製鋼をはじめとした各種の「科学技術」を紹介する常設展示のほかに、毎回テーマの違う企画展を行なっています。

 

 

第27回目となる企画展のテーマは「海底に眠る軍艦 -『大和』と『武蔵』-」
今回の企画展では、近年の潜水調査により撮影された動画や静止画によって、戦艦「大和」、戦艦「武蔵」をはじめとした海底に遺された日本海軍艦艇の現状が、太平洋戦争の経過を概観しつつ、紹介されています。あわせて、2016年に寄贈された戦艦「大和」引揚品も初公開されています。

 

太平洋戦争中に沈没、または戦後に処分され海底に沈んでいる本海軍艦艇の歴史とともに、戦争の悲惨さや平和の大切さを改めて考えてみませんか?

 
 

大和ミュージアム第27回企画展「海底に眠る軍艦 -『大和』と『武蔵』-」開催中
●期間:~2020年1月26日(日)
●場所:大和ミュージアム1階 大和ホール
●料金:一般800円(400円)、高校生500円(300円)、小・中学生300円(200円)
※常設展と企画展のセット料金。()内は企画展のみの料金。
●詳細: 大和ミュージアム公式HP
●問い合わせ:呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム) TEL.0823-25-3017

このページのトップへ