トレたび JRグループ協力

2018.05.14旅行この路線で行こう! 鹿児島編 指宿枕崎線の旅

錦江湾(きんこうわん)や開聞岳(かいもんだけ)が織りなす絶景を眺めながら薩摩半島最南端へ 指宿枕崎線(いぶすきまくらざきせん)の電車旅

鹿児島中央駅から枕崎駅まで87.8キロメートルを結ぶ指宿枕崎線。
錦江湾に沿って薩摩半島の海岸線を進むルートで、車窓には風光明媚な景色が続く。
なかでも“薩摩富士”と称される開聞岳や錦江湾が織りなす絶景は、思わず息をのむほどの美しさ。
沿線には、薩摩焼酎の醸造元やコアラと出会える動物園、天璋院篤姫(てんしょういんあつひめ)ゆかりの屋敷跡、砂むし温泉など、個性豊かなスポットが点在。
途中下車しながらのんびりと旅しよう。
※写真は西大山駅付近から見た開聞岳と列車

指宿枕崎線路線図


指宿枕崎線列車

特急「指宿のたまて箱」


鹿児島中央駅と指宿駅を結ぶ「いぶたま」の愛称で知られる特急列車。
薩摩半島に伝わる竜宮伝説をテーマにした白黒の外観や、ゆったりとしたソファーシートが特徴的。
さらに乗車時には煙にみたてたミストがドアの上部から噴出する演出があり、遊び心にあふれている。
車窓に広がる海を楽しむための回転椅子や指宿に関する書籍を集めた本棚もあり、まさに旅のワクワクが詰まった“たまて箱”だ。

指宿枕崎線おすすめスポット情報

西郷どん 大河ドラマ館

大河ドラマの魅力をより身近に体感


大河ドラマ『西郷どん』の放送に合わせ、2019年1月14日(月・祝)までの期間限定でオープン。西郷隆盛や大久保利通(としみち)が幼少期を過ごした生家をイメージしたスタジオセットの一部再現や、臨場感あふれるプロジェクションマッピングを活用したクイズコーナー、鹿児島ロケのメイキング映像が見られるシアターなど、大河ドラマを身近に感じられる仕掛けが満載。


西郷どん 大河ドラマ館

●交通アクセス
鹿児島中央駅から徒歩約13分
●URL
http://www.meijiishin150countdown.com/drama/

三宅美術館

鹿児島ゆかりの貴重な絵画と焼物を収蔵


前理事長である故・三宅力氏がコレクションした貴重な絵画と焼物を展示する私設美術館。絵画は海老原喜之助(えびはらきのすけ)や中間冊夫(なかまさつお)、矢澤一翠(やざわいっすい)など、鹿児島出身の作家が手がけた作品を数多く収蔵。焼物は錦手(にしきで)や苗代川焼(なえしろがわやき)といった古薩摩焼のほか、現代陶器もそろう。1階にはカフェ&ベーカリーがあり、ランチをしながら優雅なひとときを過ごせる。


三宅美術館

●交通アクセス
谷山駅から徒歩約8分
●URL
http://www.miyake-art.com/

さつま無双 無双蔵

芋焼酎の購入や蔵見学ができる


「薩摩に双(ふた)つと無い焼酎」を目指し、県内の酒造メーカーが加盟する鹿児島県酒造組合が1966(昭和41)年に設立した芋焼酎の醸造元。おすすめは鹿児島限定販売の「天無双」。優しい芋の風味と柔らかく上品な飲み口が魅力だ。売店「無双蔵」では、自社ブランド商品のほか、県内各地から集めた銘酒などを販売。ガラス越しに醸造工程の見学も可。


さつま無双 無双蔵

●交通アクセス
五位野(ごいの)駅から車約8分
●URL
https://satsumamusou.co.jp/

鹿児島市平川動物公園

コアラやホワイトタイガーと出会える!


桜島や錦江湾を望む31万平方メートルの広大な敷地に、約140種の動物が暮らす動物園。九州で唯一、コアラを飼育しており、2018年3月にオーストラリアから新たに2匹のコアラが仲間入り。計11匹で国内最多の飼育数となった。ベンガルトラの白変種で、世界的にも希少なホワイトタイガーも必見だ。園内には天然温泉の足湯も設置されている。


鹿児島市平川動物公園

●交通アクセス
五位野駅から徒歩約20分
●URL
https://hirakawazoo.jp/

今和泉島津家別邸跡

天璋院篤姫が幼少期を過ごした屋敷跡


1754(宝暦4)年に建築された今和泉島津家の屋敷跡。目の前に錦江湾を望むこの地で天璋院篤姫は18歳まで過ごしたとされる。屋敷跡地には現在、今和泉小学校があり、校内に当時の手水鉢や井戸跡が残る。また少女時代の篤姫の銅像がある海岸沿いには、隼人松原と呼ばれる樹齢300年以上の松林や防波堤の役割を担う石垣も現存する。


今和泉島津家別邸跡

●交通アクセス
薩摩今和泉駅から徒歩約10分
●URL
https://www.ibusuki.or.jp/tourism/view/atsuhime/

二月田温泉 殿様湯

島津家ゆかりの温泉で殿様気分を満喫


1831(天保2)年に薩摩藩主第27代・島津斉興(なりおき)が摺ヶ浜(すりがはま)から移設した温泉行館(別荘)跡。建物裏手には往時の湯船やタイルなどが現存している。現在は温泉銭湯として営業されていて、島津家の家紋が彫り込まれた湯船に浸かれば、殿様気分が味わえること請け合い。温泉は飲用も可能で、貧血や便秘に効果があるという。


二月田温泉 殿様湯

●交通アクセス
二月田駅から徒歩約7分
●URL
https://www.ibusuki.or.jp/spa/public/tonosamayu/

砂むし会館「砂さ楽らく」

世界的にも珍しい天然砂むし温泉


約300年前から伝わる、海岸に自然湧出する温泉を利用した砂むし温泉。専用の浴衣に着替え、錦江湾に面した砂浜に寝そべると、スタッフが首まで砂をかけてくれる。波の音をBGMに10分ほど砂のベッドに埋まっていると、体の芯からじんわり温まり、全身から汗が噴出。体内の代謝を促すのでデトックス効果が期待できるという。入浴後は気分爽快に!


砂むし会館「砂さ楽らく」

●交通アクセス
指宿駅から鹿児島交通バス「指宿いわさきホテル行き」「山川桟橋行き」約5分、砂むし会館前下車すぐ
●URL
http://sa-raku.sakura.ne.jp/

いぶすき西郷どん館

西郷隆盛や篤姫ゆかりの品を展示


2019年1月14日(月・祝)までの期間限定オープン。1階の大河ドラマ館では、NHK大河ドラマ『西郷どん』のあらすじや見どころを紹介。また、西郷が温泉滞在のお礼に贈ったシャツ(レプリカ)の試着体験や、西郷どんなりきりAR写真撮影も楽しめる。2階の特別企画展では、西郷直筆の書や天璋院篤姫の愛用品など貴重な実物資料を展示し、歴史好きにも見応え十分。


いぶすき西郷どん館

●交通アクセス
指宿駅から徒歩約10分

開聞山麓香料園

日本初のハーブ農園でリフレッシュ


1942(昭和17)年、日本で最初にハーブ栽培を始めたといわれる農園。ハーブの香りに包まれた園内には、数十種類のハーブを植えたガーデンや、精油を抽出する蒸留工場などがある。直売店「花と香りの店」では、香水や精油、匂い袋、ハーブティーなど、多彩な土産品を販売。また、直売店に隣接する喫茶コーナーでは、季節のハーブティーや軽食が楽しめる。


開聞山麓香料園

●交通アクセス
山川駅から鹿児島交通バス「池田湖行き」約25分、開聞麓下車徒歩すぐ
●URL
https://koryoen.com/

フラワーパークかごしま

全国屈指の花と緑のテーマパーク


日本最大級の規模を誇る、花と樹木のテーマパーク。36.5万平方メートルという広大な敷地に開聞岳を借景にした花広場や、錦江湾を眺望する展望回廊などが点在し、園内は季節ごとに色とりどりの花で鮮やかに彩られる。4月末~5月初めはスプリングフェスティバル、12月上旬~1月上旬はフラワーパークイルミネーションなど、季節のイベントも好評だ。


フラワーパークかごしま

●交通アクセス
山川駅から鹿児島交通バス「池田湖行き」約20分、フラワーパークかごしま下車すぐ
●URL
http://www.fp-k.org/

長崎鼻

薩摩半島最南端の風光明媚な岬


錦江湾や東シナ海、“薩摩富士”と称される開聞岳を大パノラマで楽しめる薩摩半島最南端の岬。紺碧の海や白い灯台が織りなす風景は息をのむほどの美しさだ。天気のいい日は遠方に屋久島や種子島まで見渡せる。浦島太郎が竜宮へ旅立った岬ともいわれ、乙姫様を祀った龍宮神社があり、「竜宮岬」の異名を持つ。ウミガメの産卵地としても有名。


長崎鼻

●交通アクセス
山川駅から鹿児島交通バス「池田湖行き」約20分、長崎鼻下車徒歩約10分
●URL
https://www.ibusuki.or.jp/tourism/view/nagasakibana/

ヘルシーランド 露天風呂「たまて箱温泉」

目の前に大海原が広がる絶景露天風呂


眼下に広がる東シナ海や開聞岳を一望できる和風露天風呂と、奇岩である竹山を望む洋風露天風呂が男女日替わりで利用できる。どちらの露天風呂も開放感抜群で、まるで海や空と一体化したような感覚に。泉質はナトリウム・塩化物強塩泉。ヘルシーランドにはほかに、砂むし温泉をはじめ、内湯やサウナ、家族湯を備えた温泉保養館、レストランも完備。


ヘルシーランド 露天風呂「たまて箱温泉」

●交通アクセス
山川駅から鹿児島交通バス「池田湖行き」約15分、ヘルシーランド入口下車徒歩約3分
●URL
http://ppp.seika-spc.co.jp/healthy/

西大山駅

開聞岳を望むJR日本最南端の駅


畑の中にひっそりとたたずむJR日本最南端の駅。ホームから秀麗な開聞岳を一望できるのが魅力。駅前には「幸せを届ける黄色いポスト」や「幸せの鐘」が設置され、鉄道ファンをはじめ、全国から多くの観光客が訪れる人気スポットとなっている。また、12月末~2月は菜の花、夏はヒマワリなど、駅周辺は季節の花が咲き誇ることでも知られる。


西大山駅

●交通アクセス
西大山駅下車

枚聞神社

歴代藩主が崇敬した薩摩一の宮


708(和銅元)年の創建と伝わり、薩摩一の宮として薩摩藩主も篤く崇敬した神社。開聞岳を御神体とし、参道と朱塗りの社殿を結んだ延長線上に開聞岳がそびえる。宝物殿に収蔵されている国指定重要文化財「松梅蒔絵櫛笥(まつうめまきえくしげ)」は、室町時代に高貴な女性が使ったとされる化粧箱で、この地に伝わる浦島太郎伝説にちなみ、玉手箱とも呼ばれる。


枚聞神社

●交通アクセス
開聞駅から徒歩約10分
●URL
https://www.ibusuki.or.jp/tourism/view/hirakikishrine/

かいもん山麓ふれあい公園

家族で楽しめるレジャースポット


開聞岳の麓に広がる自然豊かな公園。約16万平方メートルの園内には、ゴーカート場やウォータースライダー付きの流水プール(夏休み期間限定)などを備え、家族で一日中楽しめる。そばの館「皆楽来(みらくる)」では、地元産のそば粉を使用した手打ちそばを提供。そば打ち体験も実施している。キャンプ場やログハウスなど宿泊施設もある。


かいもん山麓ふれあい公園

●交通アクセス
開聞駅から徒歩約20分
●URL
https://www.ibusuki.or.jp/tourism/play/kaimonpark/

番所鼻自然公園

岩礁の曲線美が見事な景勝地


かつて番所と呼ばれる薩摩藩の検問所が置かれたことからその名が付いた景勝地。江戸後期、日本地図を作成した伊能忠敬が“天下の絶景”と称賛したスポットだ。火山活動と海の浸食によって生まれた円形の岩礁は、竜宮城の入り口だったという伝説が残る。園内には日本で唯一のタツノオトシゴ観光養殖場「タツノオトシゴハウス」がある。


番所鼻自然公園

●交通アクセス
水成川(みずなりかわ)駅から徒歩約10分
●URL
https://www.city.minamikyushu.lg.jp/kankou/kanko/sagasu/echiiki/banshobana.html

釜蓋神社

ユニークな参拝方法に注目


正式名称は射楯兵主(いたてつわものぬし)神社で、武の神様であるスサノオノミコトが主祭神。勝負事にご利益があるといわれ、多くのスポーツ選手が願掛けに訪れるという。木製の釜の蓋を頭にのせ、鳥居から拝殿まで落とさずに歩くことができれば願いが叶うというユニークな参拝方法が全国放送のテレビ番組で紹介され、一躍有名に。


釜蓋神社

●交通アクセス
頴娃大川(えいおおかわ)駅から徒歩約15分
●URL
https://www.city.minamikyushu.lg.jp/kankou/kanko/sagasu/echiiki/kamafuta.html

枕崎なぎさ温泉

夕日に染まる東シナ海にうっとり


枕崎港を見下ろす高台にある、枕崎唯一の日帰り入浴施設。地下1400mから湧出する天然温泉で、源泉掛け流しの褐色の湯は肌触りなめらか。泉質はカルシウム・ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉。最大の魅力は岩造りの露天風呂からの風景だ。奇岩・立神岩や東シナ海が一望でき、一帯を黄金色に染める夕日や夜の漁火など、幻想的な情景も楽しめる。


枕崎なぎさ温泉

●交通アクセス
枕崎駅から鹿児島交通バス「東大川」「山川」行き約5分、遠見番(とおみばん)下車徒歩約2分
●URL
https://www.city.makurazaki.lg.jp/soshiki/suisan/354.html

枕崎お魚センター

枕崎特産のカツオ料理を満喫


活気あふれる1階の魚市場では、すぐ目の前の枕崎漁港で水揚げされた新鮮な魚介類や、カツオ加工品などを販売。カツオのわら焼きタタキ体験(要予約)やカツオ節の削り体験も実施している。2階の展望レストラン「ぶえん」では「かつおビンタ膳」1680円や「かつおタタキ膳」1480円など、さまざまな料理が堪能できる。


枕崎お魚センター

●交通アクセス
枕崎駅から徒歩約15分
●URL
http://makurazaki-osakana.com/

指宿枕崎線イベント情報

第15回 いぶすきフラフェスティバル 期間:2018年6月8日(金)~10日(日)


指宿の街がハワイアン一色に

アロハの街として知られる指宿で開催される、ハワイの伝統的民族舞踊フラダンスの一大フェスティバル。全国から2000名を超えるフラ愛好家が訪れ、競い合うコンペティション(競技会)をはじめ、本格的なフラダンスやウクレレを学べるワークショップなど、盛りだくさん。花飾りづくりの体験もあるので気軽に参加してみてはいかがだろう。

イベント情報を見る

指宿枕崎線おすすめの宿


地図

  • 文:佐藤史(ポルト)
  • 写真協力:鹿児島市観光サイト「よかとこかごんまナビ」、いぶすき西郷どん実行委員会事務局、指宿市観光協会、南九州市商工観光課、フラワーパークかごしま、ヘルシーランド、枕崎なぎさ温泉、かいもん山麓ふれあい公園、枕崎お魚センター
  • 掲載されているデータは2018年5月現在のものです。変更となる場合がありますので、お出かけの際には事前にご確認ください。
トレたび公式SNS
  • twiiter
  • Fasebook