トレたび JRグループ協力

2021.02.10旅行東北の文化と食を感じるスポット8選【東北デスティネーションキャンペーン2021】

文化と食を感じる旅

土地土地に伝わる郷土料理を味わうのも、旅の楽しみ。その味を育んだ歴史と文化に触れ、先人たちに受け継がれてきた食を堪能しよう。

  • 新型コロナウイルス感染症の影響により、施設の営業変更等が発生することがあります。お出かけの前に各施設のHP等をご確認ください。

中尊寺

写真/中尊寺所蔵

藤原文化の粋を集めた金色堂

慈覚大師が開き、藤原清衡が長治2年(1105)から20年以上の歳月をかけて再興した古刹。国宝指定の金色堂は三間四方の阿弥陀堂で、黄金に輝く内陣に阿弥陀三尊像などを安置。


中尊寺

住所 岩手県平泉町平泉衣関202
問い合わせ先 0191-46-2211
時間 8時30分~17時(11月4日〜2月は~16時30分)
定休日 なし
交通アクセス JR東北本線平泉駅からバス10分の中尊寺下車すぐ
駐車場 あり
値段 800円
URL https://www.chusonji.or.jp/

丹六園


青ジソの風味が豊かな伝統菓子

仙台藩の御用菓子を作っていた老舗。当時の菓子を復活させた銘菓「志ほがま」を製造販売している。餅米、上白糖、青ジソ、塩水を混ぜて型押しした菓子で、口中でサッと溶ける食感が特徴。


丹六園

住所 宮城県塩竈市宮町3-12
問い合わせ先 022-362-0978
時間 8時30分~17時
定休日 第1・3水曜
交通アクセス JR仙石線本塩釜駅から徒歩3分
駐車場 あり

庄内藩校 致道館


東北地方に残る貴重な藩校建築

文化2年(1805)に庄内藩主・酒井忠徳が創設した藩校の跡。広大な敷地に孔子を祀る聖廟や藩主が使った御入間などが残っている。


庄内藩校 致道館

住所 山形県鶴岡市馬場町11-45
問い合わせ先 0235-23-4672
時間 9時~16時30分
定休日 水曜(祝日の場合は翌日)
交通アクセス JR羽越本線鶴岡駅からバス10分の市役所前下車、徒歩1分
駐車場 なし
値段 無料
URL https://www.chido.jp/chidokan/

舞娘茶屋 相馬樓


酒田舞娘の華麗な演舞

明治の庄内大震災の直後に建てられた料亭相馬屋の主屋を、酒田舞娘の踊りが楽しめる茶屋に改装。1階は茶房「くつろぎ処」、2階では予約制で舞娘の演舞を鑑賞できる。


舞娘茶屋 相馬樓

住所 山形県酒田市日吉町1-2-20
問い合わせ先 0234-21-2310
時間 10時~15時30分
定休日 水曜(祝日の場合は翌日)
交通アクセス JR羽越本線酒田駅からバス25分の寿町下車、徒歩2分
駐車場 あり
値段 1000円
URL https://www.somaro.net/

鮨・日本料理 ぼてじゅう


上品な脂たっぷりの極上サバ

“ 前沖” と呼ばれる、三陸沖以北の近海の天然物にこだわった懐石料理や寿司が好評。八戸前沖さばは、後味がいい脂を多く含んでいるため「日本一脂がのった極上サバ」といわれる。


鮨・日本料理 ぼてじゅう

住所 青森県八戸市鷹匠小路4-3
問い合わせ先 0178-43-1961
時間 11時30分~14時LO・17時~21時30分LO(日曜・祝日は〜20時30分LO)
定休日 なし
交通アクセス JR八戸線本八戸駅から徒歩20分
駐車場 あり
URL http://www.htv-net.ne.jp/~botejuu/

ホルモン幸楽 花輪本店


秘伝のタレが旨さの秘密

味噌ベースの甘辛いタレに漬け込んだ豚や牛の内臓を、ジンギスカン鍋で煮焼きして食べるのが鹿角(かづの)ホルモン。数ある店の中でも、秘伝のタレで肉を焼く幸楽は1、2を競う人気店だ。


ホルモン幸楽 花輪本店

住所 秋田県鹿角市花輪堰向5
問い合わせ先 0186-23-3736
時間 9時~22時
定休日 なし
交通アクセス JR花輪線鹿角花輪駅から車4分
駐車場 あり
URL http://www.ink.or.jp/~hkouraku/

鶴井筒


暮らしの知恵から生まれた伝統食

冬は雪に閉ざされる会津では、身欠きニシンや干し貝柱など乾燥海産物を使った料理が伝わっている。具だくさんの吸い物こづゆなど、昔ながらの優しい味付けを楽しみたい。


鶴井筒

住所 福島県会津若松市東山町石山院内109-1
問い合わせ先 0242-26-5629
時間 11時〜16時
定休日 1月6日〜3月上旬
交通アクセス JR磐越西線・只見線会津若松駅からバス13分の院内下車すぐ
駐車場 あり
URL https://www.aizukanko.com/spot/47

村上屋餅店


美しい緑色と枝豆の風味が美味

創業は明治10年(1877)。仙台名物のづんだ餅を初めて商品化した店として知られている。枝豆と砂糖、塩、アルカリイオン水だけで作る、昔ながらの味にファンが多い。


村上屋餅店

住所 宮城県仙台市青葉区北目町2-38
問い合わせ先 022-222-6687
時間 9時~18時
定休日 不定
交通アクセス 東北新幹線仙台駅から徒歩10分
駐車場 なし

ほかのテーマの見どころはこちら




東北デスティネーションキャンペーンについてもっと知りたい!

東北デスティネーションキャンペーンハンドブック(『旅の手帖』特別付録)


自治体とJRが共同で展開する大型観光キャンペーン「デスティネーションキャンペーン」の公式ガイドブックが持ち運びやすい大きさで登場!発売中の『旅の手帖』3月号の特別付録となっているので、デスティネーションキャンペーン開始までにゆっくり予定を決めていただけます。家でも旅先でも東北デスティネーションキャンペーン情報をチェック!

旅の手帖(特別付録:東北デスティネーションキャンペーン ハンドブック) 
特別定価 890円(税込)


ご購入はこちらから(交通新聞社コーポレートサイト)

東北デスティネーションキャンペーン公式サイト


震災から10年の節目にあたり、『巡るたび、出会う旅。東北』をキャッチコピーに、各県の力を合わせて東北の魅力を国内外へ発信していく。東北6県で6カ月にわたって開催されるのは初めての取組みとなる。この機会に東北を訪問し、復興に向けて歩む姿を実感しよう。


東北デスティネーションキャンペーン公式サイト


トレたび公式SNS
  • twiiter
  • Fasebook