トレたび JRグループ協力

2020.12.25旅行冬の京都おすすめ観光スポット DC公式ガイドブック『別冊旅の手帖 京の冬の旅2021』より厳選!

京都デスティネーションキャンペーン開催中!

JR北海道、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR四国、JR九州の6社が現地の自治体や旅行会社などと協力し、地域の新たな魅力を発信し誘客する国内最大級の観光キャンペーン「デスティネーションキャンペーン」。毎年、1~3月は冬の京都の魅力を発信する「京の冬の旅」。桜や紅葉といった自然の魅力だけでなく、文化財や伝統文化・産業などの奥深い京都の魅力を、冬の時期にゆっくりと楽しむこと。公式ガイドブックである『別冊旅の手帖 京の冬の旅2021』よりトレたび編集室が厳選した見どころを「洛東」「洛北・洛中」「洛西」「洛南」の4エリアに分けてご紹介。

洛東エリア


東山三十六峰の西麓に有名社寺が点在する洛東エリア。平成の大修理を終えたばかりの清水寺を参拝したら、気の向くままに歩いてみよう。どちらへ行っても見どころは満載だ。


洛東エリアの見どころをチェック

洛北・洛中エリア


御所を中心に二条城や西本願寺など、たくさんの世界遺産が集まる中心地。有名どころの近くには、まだまだ知らない魅力的なスポットがある。この冬、京の奥深さに触れてみよう。


洛北・洛中エリアの見どころをチェック

洛西エリア


金閣寺周辺の衣笠から花園、御室、太秦、嵐山、さらには大原野まで含める京都の西郊。一度では回りきれないほど見どころが多いので、宿泊プランも視野に入れて計画したい。


洛西エリアの見どころをチェック

洛南・伏見エリア


京都駅の南側エリアは東寺や伏見稲荷大社など有名社寺のお膝元。周辺には霊験あらたかな社寺や有名史跡、伝統を守る老舗や名酒を醸す蔵元などがひしめいている。


洛南・伏見エリアの見どころをチェック

京都デスティネーションキャンペーンについてもっと知りたい!

公式ガイドブック『別冊旅の手帖 京の冬の旅 2021』


京都デスティネーションキャンペーン「第55回 京の冬の旅」は、
「京都に見る日本の文化」をメインとして、「京の名宝 美の遺産」がテーマ。

本誌では全12カ所の寺院で行なわれる非公開文化財の特別公開をはじめ、
樂焼を継承する陶芸家の樂吉左衞門さん、染司よしおかを受け継ぐ染織家の吉岡更紗さんにそれぞれインタビュー。

特集は、寺社建築・日本庭園・仏像・障壁画の鑑賞のツボがわかる「京の美の入り口」。
これを読めば、国宝や文化財の魅力をより深く感じることができるでしょう。
「京都市京セラ美術館 リニューアルの全貌」では、近現代の京都美術の世界へ。
京の冬の旅ならではの観光プラン「京都『千年の心得』」など、さまざまなキャンペーン情報も盛りだくさんです。

定価 本体838円+税


詳細・ご購入はこちらから

京都デスティネーションキャンペーン公式サイト


「京の冬の旅」は、桜や紅葉といった自然の魅力だけでなく、冬の時期に文化財や伝統文化・産業などの奥深い京都の魅力を伝え、ゆっくりと観光を楽しんでいただくためのキャンペーンです。

国宝・重要文化財をはじめ京都千年の歴史のなかできらめきを放つ珠玉の文化財の特別公開や定期観光バスコース、「暮らしの知恵」や「伝統の作法」、技術と伝統の継承から生まれる「伝統工芸」「伝統文化」などを体感できる体験型プランなど、魅力あふれる内容で開催します!

冬の京都だからこその贅沢な時間をお過ごしください。


京都デスティネーションキャンペーン公式サイト


トレたび公式SNS
  • twiiter
  • Fasebook